0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

家事代行サービスで開業する人が増えている?成功するための集客方法と注意点

家事代行サービスの集客

 

家事代行サービスは開業しやすい業種であり、業界全体の売上も伸びています。しかし業界全体が伸びているからといって、誰でも売上が伸ばせるというわけではありません。成長している業界であれば、それだけ参入する個人や企業も増えるでしょう。

 

そこで重要なのが集客です。家事代行サービスにおいても集客を効果的に行わなければ売上が伸びないでしょう。そこでこの記事では家事代行で成功するために必要な集客方法について説明します。

家事代行サービス業者が増えている理由

そもそもなぜ家事代行業者が増えているのでしょうか。2018年に実施された野村総研の調査によれば、2017年に698億円だった市場規模が2025年には少なくても2,000億円程度、最大で8,000億円程度にまで拡大すると予想されています。

 

家事代行サービスを利用する理由としてはそもそも家事をする時間がなかったり、肉体的・精神的な負担が大きかったりすることもあります。こうした背景には共働き家庭の増加が理由として考えられるでしょう。

 

出典:平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究)調査報告書(野村総合研究所) 

 

しかし家事代行サービスは共働き世帯でも利用している人と利用していない人がいます。同じ調査で家事代行サービスを利用しなくなった理由について以下のような結果になっています。やはり金額的なものが大きいでしょう。

 

出典:平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究)調査報告書(野村総合研究所) 

 

費用としては1回あたり9000円以上払っている人が32.4%いるとなっており、最も多くなっています。このサービスを月に複数回利用すると考えると、家計への負担が大きいと考えても納得です。

 

出典:平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究)調査報告書(野村総合研究所) 

 

また業界として伸びていく可能性が高いものの、利用意向の割合はそれほど高くないという現状もあります。もちろん費用の問題もあるのですが、家事代行サービスそのものに対する認知が進んでいないというあります。

 

そのため家事代行サービスをしっかりと認知してもらうこと、適切な金額でサービスを提供することが必要になってくるはずです。

 

出典:平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究)調査報告書(野村総合研究所) 

家事代行サービスを成功させるために必要な集客方法

家事代行サービスにおいて、認知を広げてサービスについて理解してもらう必要性があることはすでに述べました。そのサービス内容を潜在顧客に伝え、料金を明瞭にしてサービスを利用してもらう必要があります。

 

また家事代行サービスを利用していない人の中には、家の中を見られること、家の中に他人を入れることに対して抵抗がある人もいます。たしかに信用できない業者を家に入れることには抵抗のある人が多いでしょう。

 

出典:平成29年度商取引適正化・製品安全に係る事業(家事支援サービス業を取り巻く諸課題に係る調査研究)調査報告書(野村総合研究所) 

 

そのため信用できる業者であるというアピールも必要になってきます。こうした条件を満たせるように以下の4つ集客方法を使って、潜在顧客に訴求する必要があるわけです。

・ホームページとブログで自社の家事代行サービスを紹介する

ホームページでは家事代行サービスとはどのようなサービスを提供していて、そのサービスに対していくらかかるのか、費用を明記する必要があります。また実際に利用した人の口コミを掲載することで、はじめてサービスを利用する人に、家事代行サービスを利用すると負担が軽くなることをアピールできるでしょう。

 

またブログは企業の信頼性をアピールするのに最適なツールです。社長だけでなく、働いているスタッフの人となりがわかれば、家の中に他人を入れることに対する不安も軽減されるでしょう。

・ポータルサイトやマッチングサイトに登録する

ポータルサイトやマッチングサイトへの登録も必須です。家事代行サービスを利用したい人が検索しているため、潜在顧客にアピールする場としては最適です。ただしポータルサイトもマッチングサイトも費用がかかります。

 

費用対効果を考えて、自社にあっているポータルサイトやマッチングサイトに登録するようにしましょう。

・Googleマイビジネスに登録して更新していく

Googleマイビジネスは無料で利用できるGoogleのサービスです。Googleマップ上に自社の情報を掲載できます。またGoogle検索の結果にも表示されるため、集客効果は高いと言えます。

 

ただし、登録しておくだけではダメですので、情報を追加したり、更新したりしていきましょう。

 

関連記事

・チラシを適切なエリアにポスティングする

チラシは以前からある集客方法ですが、今でも有効な方法です。とくにネットをあまり利用していない高齢者層が多い地域では重視すべき集客方法です。チラシはデザインも大事ですが、どのエリアにポスティングするかも重要な要素になってきます。

 

どの地域のどのエリアに巻くのか、該当地域の調査をしてから行いましょう。またチラシは、一回撒いて終わりではありません。定期的に撒いてこそ効果が出てきます。そのためには費用もかかりますので、予算設定をまず行い、その上で計画的にポスティングしていきましょう。

 

チラシにはサービス内容と料金をわかりやすく記載してください。電話番号やメールでの問い合わせもできるようにしておきましょう。

家事代行サービスの集客における注意点

家事代行サービスに必要な集客手法についてはすでに述べました。ここでは集客する際の注意点について3つ説明します。

・地域の特性を理解する

家事代行サービスではその地域の特性によって、サービス内容も集客内容も変える必要があります。ファミリー層で共働きであれば、家事の負担を少しでも減らしたいと考えてサービスを利用するでしょう。

 

高齢者そうであれば、買い物を代わりにやってほしいというニーズもあるはずです。身の回りのこともしてほしいという要望もあります。単身世代も自分の時間を楽しむために家事代行サービスを利用します。

 

このように地域にどの層が多いのか、事前にチェックしてサービスも考えていく必要があるでしょう。

・自社の強みをアピールする

地域の特性を理解したら、サービス内容における自社の強みを考えます。たとえば時間単位を30分にすることで、少しだけ利用したいというニーズにこたえられます。また料理が得意なスタッフを揃えるというのもひとつの差別化になるでしょう。

・家事代行サービスで役立つ資格を取るのもあり

自社の強みのアピールと関連しますが、資格を持っているスタッフが対応するというのもアピールポイントになります。整理収納アドバイザーで片付けのプロとして、また栄養士の資格を持っていることで料理のプロとして、それぞれアピールできるでしょう。

 

こうした資格は会社の信頼性を増すことにも繋がります。スタッフを雇うのであれば、資格取得者を増やしていきましょう。また資格取得の支援制度を会社に整えましょう。そうすることで有資格者が多い企業になるはずです。

データを用いて家事代行サービスを成功させよう!

ここまで家事代行サービスの集客について説明してきました。家事代行サービスの集客は地域の特性を踏まえて行う必要があります。どの集客方法が、もっとも効果が高いのか、データを見て判断する必要があります。

 

しかし家事代行サービスの場合、オンラインでの申込だけではありません。電話での申込もあります。電話の場合、どの媒体を見て電話しているのか正確に把握するのが困難です。そのため電話計測をせずに集客の最適化を行い、非効率な集客方法を行っている業者もあります。

 

そこで電話計測も含めてデータを一括管理できるシステムの導入がオススメです。たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

 

そのため家事代行サービスにも最適なツールだと言えます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから確認してみましょう。

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 平日10:00-19:00

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!