0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

外壁塗装・工事で集客はどうすればいい?必要な集客方法と注意点とは

外壁塗装・工事の集客

 

外壁塗装・工事においても売上をあげるために、集客を見直す必要があります。とくに近年、新規で参入する企業も増えています。そのため今まで同じような集客方法では売上が下がる可能性があるわけです。

そこでこの記事では外壁塗装・工事の集客方法とその注意点について説明します。

 

外壁塗装・工事の集客方法を考える前にチェックすべきこと

外壁塗装・工事の集客を考える前に、以下の4つの点についてチェックしてみましょう。これらのポイントがわかっていない時点で集客方法についてもうまくいきません。

・ターゲットは明確になっているか

どの層をターゲットにして集客を行うかは重要です。まずは該当する地域にどのような層が多いのかチェックしてみましょう。単身者層が多いのか、ファミリー層が多いのか、高齢者層が多いのかによって集客の仕方はまったく変わってきます。

たとえば高齢者層が多ければ、ネットはあまり使わないので、チラシを中心としたオフラインでの集客が中心になるでしょう。それぞれの地域の特性を生かした集客方法をしていきましょう。

・料金とサービス内容がわかりやすいか

外壁塗装・工事を依頼する方たちはさまざまな業者を比較して依頼します。そのため料金やサービス内容がわかりやすく書かれていない業者に頼むことはありません。

どのようなサービスに対していくらかかるのか、見積もりと実際に請求額に差が生じないかどうか、しっかりと明記しておきましょう。

外壁塗装・工事は大きな金額を支払うものです。依頼する側はかなり慎重に業者を選んでいます。そうした視点にたって、もう一度ホームページやチラシを見直してみましょう。

・リピートする顧客が多いかどうか

新規顧客を獲得してもリピーターにならなければ、常に新規顧客を獲得し続けなければなりません。外壁塗装・工事は頻繁にリピートするものではありませんが、それでもくり返し依頼してくれるお客様はいます。

リピーターがほとんどいない場合、サービスに問題のある可能性が高いです。お客様アンケートを実施するなどして、サービスのどこに問題があるのか探ってみましょう。サービスの改善は新規顧客の獲得にも役立つはずです。

・認知度が高いかどうか

外壁塗装・工事は、つねに必要なものではありません。必要な時に依頼してもらえるためには、近くにある業者として認識してもらう必要があります。つまり認知度を高める必要があるわけです。

ホームページは必要な時に検索して閲覧されるため、潜在顧客にアピールできません。その点、チラシや看板は業者として認識してもらうツールとして最適です。認知度が低い場合はオフラインの集客をうまく組み合わせていきましょう。

外壁塗装・工事の集客方法

外壁塗装・工事の集客にはおもに以下の7つの方法があります。

・ホームページやブログを開設し外壁塗装や工事に関する情報を紹介する

ホームページは外壁塗装・工事に関するサービス内容と料金を明記する必要があります。外壁塗装・工事は費用が高いわけですから、費用について書かれていない業者に頼まないでしょう。

また自社の特徴や評価を見える化しておくことも必要です。たとえば利用者にアンケートを実施し、その内容をホームページに載せるのもよいです。そうすることで信頼できる業者であると理解してもらえるでしょう。

また会社の信頼性をアピールするという意味ではブログも有効です。ブログで社長やスタッフが会社紹介をしたり、仕事している様子を書いたりすることで、親近感が湧き、依頼しやすい業者だと思われるでしょう。

 

関連記事

・リスティング広告で自社のLPに誘導する

ネット集客はホームページやブログだけではありません。ウェブ広告、とくにリスティング広告は重要な集客方法です。リスティング広告は検索結果の上の方に「広告」として表示されます。そのためクリックされる可能性が高くなります。

リスティング広告はあらかじめ設定したキーワードの検索結果に表示される仕組みです。もちろん費用がかかります。キーワードごとに単価が決まり、クリックされることで費用が発生するのです。

このようにクリックされることで費用が発生する仕組みなので、受注に繋がらなくても広告費はかかります。結果として広告費だけが増えていく場合もあるのです。そのため受注につながるようにリスティング広告を考えていく必要があります。

自社で難しい場合は広告を運用する会社に依頼するのもよいでしょう。

 

関連記事

・Googleマイビジネスに自社の情報を登録する

Googleマイビジネスとはグーグルマップ上に店舗情報を掲載できるサービスで、検索結果にも表示されます。無料で利用できるため、登録は必須です。ただ登録しただけでは検索結果で上位に表示されることはありません。

写真を更新したり、口コミに返信したりしてこまめに更新するようにしましょう。

 

関連記事

・SNSで外壁塗装や工事の情報を発信する

SNSも重要な集客方法です。そのためSNSの活用もオススメです。ただSNSの場合、Twitter、Facebook、Instagramなどそれぞれ特徴が異なります。Twitterは主に140字の文字で発信するものですので、文字情報の発信には最適です。また拡散力が高いという特徴もあります。

Facebookは年齢層が高めですが、拡散力は低いです。ただ文字数の制限もなく写真も活用できるので、長文での発信にも向いています。Instagramは写真での情報発信です。外壁塗装であれば、使用前・使用後の写真を掲載することで、外壁塗装・工事の技術を発信できるでしょう。

 

関連記事

・ポータルサイトに登録する

ポータルサイトは外壁塗装・工事の業者が登録しているサイトで、そのサイト内で業者を検索できます。外壁塗装・工事を依頼する方が利用するため、受注に至る可能性が高いです。一方で他の業者と比較されるため、自社の強みがないと、選ばれない可能性が高いです。

またポータルサイトは費用がかかりますので、登録して利用する際には費用対効果を考えて利用するようにしましょう。

・チラシを作成してポスティングする

チラシも利用すべき集客方法です。チラシにはサービスの内容と費用、自社の強みが一目でわかるように作成します。チラシの場合は手に取って見てもらうのが勝負です。インパクトのあるチラシ作りも心がけましょう。

チラシはポスティングや新聞の折り込み広告として使います。また1回で効果がすぐに出るものではなく、定期的に実施する必要があります。そのため反応が悪いチラシについては修正しなければなりません。

その場合も費用がかかるので、予算内でどこまで実施するのか、事前にしっかりと計画を立てておきましょう。

・看板を見やすいところに設置する

看板は店舗の前を通った人に認知してもらう手段として有効です。すぐに外壁塗装・工事が必要でなくても、「あそこに外壁塗装・工事のできる業者があったな」と思い出してもらえるだけで、意味があります。

とくに店舗が道路に面している場合は有効なので、看板を設置してみましょう。

外壁塗装・工事の集客における注意点

外壁塗装・工事の集客の方法についてはすでに述べました。ここでは外壁塗装・工事の集客における注意点について3つ説明します。

・PDCAを繰り返す

集客はどの業種も同じですがPDCAを繰り返す必要があります。つまりひとつの集客方法を実施して終わりではありません。効果がなければ改善して、継続していかなければなりません。

よくありがちなのがホームページやSNSのアカウントを作成しただけで終わってしまうパターンです。これらは運用していかなければ効果は発揮しません。そのため計画的に運用する必要があるわけです。

PDCAを繰り返さないで、非効率的な集客方法を実施していても広告費だけがかかってしまいます。また目標値をしっかりと決めておくことも重要です。目標値がなければ、その集客方法がよかったのか悪かったのかの判断ができません。

事前に達成すべき目標値を決め、達成できない場合は何が悪いのか見直していきましょう。

・データを見て効率よい集客方法に予算を割く

PDCAを繰り返すためにはデータにもとづいて改善する必要があります。感覚で集客をしていると、非効率な集客方法を継続していたということになりかねません。データを見るためにはデータを一括で管理して分析する必要があります。

そうしたデータの一括管理・分析ができるシステムを導入するのがオススメです。システムを導入してデータにもとづいて効率的な集客方法に予算を割くようにしましょう。

・見やすさ・読みやすさを重視する

チラシもホームページもそうですが、情報をたくさん入れようとすると返って見にくくなってしまいます。もちろん必要な情報は入れるべきですが、見やすさを重視するようにしましょう。第三者に見てもらって見やすいかどうかを確認するのもひとつの方法です。

またわかりやすい言葉で簡潔に説明する必要もあります。説明が長いとそれだけで読んでもらえない可能性も高いです。とくにSNSではそうしたわかりやすさが重要になります。

まとめ

ここまで外壁塗装・工事の集客について説明してきました。外壁塗装・工事の集客においてもさまざまな方法があります。どの方法が最適かどうかは地域や扱うサービスによって違います。

そのためデータにもとづいて、自社に合った集客方法に予算を割く必要があるでしょう。その場合、オンラインだけでなくオフラインのデータも分析する必要があります。とくに電話での申込のデータ化は重要です。

ただ電話の場合、どの媒体を見て電話しているのか正確に把握するのが困難です。そのため電話計測をせずに集客の最適化を行い、非効率な集客方法を行っている業者もあります。

そこで電話計測も含めてデータを一括管理できるシステムの導入がオススメです。たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

そのため外壁塗装・工事の集客にも最適なツールだと言えます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから確認してみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!