0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

「コールトラッキングはどこも同じでしょ?」
『いいえ、全く異なります!比べてみてください』


他社ツールを導入している企業様のお悩み

1. KW計測ができない

KW計測ができない

広告経由・メディア経由の電話計測はできているが、KWレベルまでわからないので、広告運用の最適化に活かせていない。また、ポータルサイトなどの大規模サイトに対応していない。

2. 各種連携ができない

各種連携ができない

普段利用しているツールで電話データが見れないので、データの照合に無駄な工数が発生してしまっている。媒体のデータと大きな乖離が発生している。

3. 電話機能が少ない

電話機能が少ない

リアルタイムに発信者番号通知ができない。安かったので00XXを選択したら光やIP電話から繋がらなくクレームに。

4. 料金が高い

料金が高い

番号単価は安価だが、1KW=1番号なので料金が非常に高くなる。セッション時間の選択ができなく、多くの番号が必要になってしまっている。

Call Data Bank だけの6つの特徴

1. 他ツールとの連携が可能

他ツールとの連携が可能

計測したデータを運用に活かせる事が重要であると考えております。
Call Data BankではAPIを用いて他ツールとの連携も柔軟に対応しております。

2. 独自の「電話番号節約ロジック」により低価格を実現

独自の「電話番号節約ロジック」により低価格を実現

クリックレートが5%の場合、他社ツールに比べ費用は20分の1に!

【従来のトラッキング】
LPの一定時間のアクセス数分の番号が必要
【Call Data Bank】
電話をするボタンのクリックで番号を発火可能

3. 発火(番号置換)ルールを自由に設計

発火(番号置換)ルールを自由に設計

01.登録したURLに一致した場合にのみ発火
02.登録したURLを含んだ場合にのみ発火
03.「電話」のクリックでの発火(PC)
04.「電話」のクリックでの発火(SP)

4. ポータルサイトに対応

ポータルサイトに対応

1サイトに番号が大量にあるポータルサイトでの設計が可能に!
URL配下に特定の番号を付けたら、その時点でコールトラッキングを発動、というルール設定が可能

5. パラメーター無し計測

パラメーター無し計測

URL指定機能を使うとパラメーター無しで計画が可能に

6. デバイス判定

デバイス判定

ユーザーのデバイス環境によって、トラッキング番号の出し分けが可能。

コールトラッキングの発展

コールトラッキングの発展

「コールトラッキングはどこも同じでしょ?」
『いいえ、全く異なります!比べてみてください』

料金比較

料金比較

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!