0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

TikTok広告とは?TikTock広告の特徴と始め方、成功するポイントについて解説

TikTok広告

 

TikTokは若者の利用者が多いSNSです。そのTikTokにも広告があります。ここでは、TikTok広告の特徴と始め方と、成功するポイントについて解説します。

TikTok広告とは

TikTok広告とは、TikTokという人気のあるソーシャルメディアプラットフォームで利用できる広告のことです。

TikTokは、短い動画コンテンツを共有できるアプリであり、若者を中心に非常に人気があります。この広告は、企業やブランドが自分たちの商品やサービスを宣伝するために利用できます。

TikTok広告は、若者を中心に非常に人気のある広告形式です。TikTokのユーザー層に合わせた広告戦略を立て、効果的な広告を作成することで、企業やブランドの知名度向上や売上増加につなげることが可能です。

TikTok広告の特徴

TikTok広告には以下のような特徴があります。

UGCによる拡散が可能

TikTokの特徴的な機能であるユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用することで、広告の拡散が可能です。

UGCは、ユーザーが自分自身や他のユーザーの動画を作成し、共有することを指します。TikTokでは、「ハッシュタグチャレンジ」などで、ユーザーが広告に関連するコンテンツを作成し、自分のフォロワーや他のユーザーと共有することが可能です。

これにより、広告はユーザー間で拡散され、広告主のメッセージが多くの人々に届く可能性があります。

このようなUGCによる拡散は、広告主にとって大きなメリットとなります。なぜなら、ユーザーが自発的に広告を共有することで、信頼性や認知度が高まるからです。

また、TikTokのユーザーは広告に対して非常に反応しやすく、広告主の商品やサービスに興味を持つことが多くあります。

したがって、TikTok広告はUGCによる拡散が可能であり、広告主にとって非常に魅力的な広告手法と言えます。TikTokの人気が続く限り、広告主はこのプラットフォームを活用して、効果的な広告キャンペーンを展開できるでしょう。

BGM付きの動画形式で広告配信できる

TikTok広告は、BGMと一緒に配信できるため、広告の効果を高められます。BGMは、広告の雰囲気やメッセージをより鮮明に伝えるために重要な要素です。

たとえば、商品の特徴や魅力を引き立てる楽しい曲を選ぶことが可能です。また、広告のコンセプトやテーマに合わせたBGMを選ぶことで、視聴者により深い印象を与えることもできるでしょう。

他のSNSの場合、BGMがないか、BGMを再生しないまま閲覧されることが多くなっています。TikTok広告BGMがあるので、ユーザーの印象に残りやすいでしょう。

広告がコンテンツとして受け入れられる

TikTokの場合、広告であってもクオリティが高ければ、コンテンツとしてユーザーに受け入れられます。そのため、多くのユーザーにシェアされる可能性があります。

インフルエンサーなどを活用しなくても、「いいね」や「コメント」がつく広告を作成することが可能です。

さらに一般投稿と同じ形式で広告が配信され、見たくない場合は通常の動画のようにスワイプできます。そのため、広告に対するマイナスのイメージをもたれないという特徴もあるでしょう。

TikTok広告を活用するメリット

TikTok広告には、3つのメリットがあります。ここではそれぞれのメリットについて解説します。

若年層に訴求できる

TikTokは10代と20代の利用者が多いため、若年層を対象とするサービスを行っている企業の広告効果は高いでしょう。若年層がメインターゲットの場合は、TikTok広告も検討すべきです。

サービスや商品の購入につながりやすい

TikTok広告は動画に特化しているため、ユーザーが最後まで視聴してサービスや商品の購入につながりやすくなっています。

ただし、サービスや商品の購入につなげるためには、ターゲットを明確にする必要があります。ターゲットがはっきりしていれば、ユーザーの悩みと一致した広告を届けられるため、サービスや商品の購入につながるでしょう。

広告を受け入れるユーザーが多い

TikTokは、若者を中心に世界中で人気があります。そのため、TikTokを利用するユーザーは非常に多く、広告を見る機会も多いのです。

また、TikTokは短い動画が特徴であり、ユーザーはスクロールしながら次々と動画を見ることが可能です。そのため、広告も短く、わかりやすく作られています。ユーザーは広告をスキップすることもできますが、おもしろい広告や興味を引く広告はスキップせずに最後まで見るはずです。

さらに、TikTokは個性的なコンテンツが多く、ユーザーは自分の好みに合わせて動画を選ぶことが可能です。そのため、広告もユーザーの興味に合わせたターゲティングが行われており、ユーザーは関心のある広告を視聴できます。

このような理由から、TikTok広告は多くのユーザーに受け入れられており、広告主にとっても効果的な広告手段となっています。

TikTok広告の種類

TikTok広告には以下の種類があります。ここではそれぞれの広告の種類について解説します。

TopView

TopViewは、TikTokのユーザーがアプリを開いた瞬間に表示される広告です。

TopViewは非常に効果的な広告形式であり、なぜならばユーザーがアプリを開いた瞬間に目にするからです。この瞬間は、ユーザーがまだ他のコンテンツに没頭する前であり、注意を引くのに最適なタイミングでしょう。

TopViewは、15秒から60秒の動画で構成されています。広告主は、自社や商品の魅力を伝えるために、クリエイティブな動画を作成することが可能です。また、広告にはリンクを追加することもでき、ユーザーが直接広告主のウェブサイトにアクセスできます。

TopViewは、多くのユーザーにアプリを開いた直後に表示されるため、非常に高い露出効果があります。広告主は、自社や商品を多くの人々にアピールするために、TopView広告を活用しているわけです。

Rearch&Frequency

「Rearch&Frequency」は、「リーチ」「フリークエンシー」をKPIとして、事前にシミュレーションした上で、事前予約することが可能です。そのため、指定された予算かインプレッションでの広告の購入ができます。

予約した段階でCPMも決まり、予約したリーチとフリークエンシーが確実に指定された期間で配信されます。リアルタイムでのキャンペーンの管理とレポートが可能であり、ブランドや商品の認知を目的としたキャンペーンには最適です。

Branded Mission

Branded Missionは、企業がTikTokのユーザーに対して特定のミッションを与えられる広告形式です。

たとえば、ある企業が新しい商品を宣伝したい場合、Branded Missionを使用して、TikTokユーザーにその商品を使ってクリエイティブな動画を作成してもらうことが可能です。

Branded Missionは、企業とユーザーとの間で相互作用を生み出し、広告の効果を高められます。ユーザーは企業の商品やブランドに興味を持ち、自分自身がクリエイティブな動画を作成することで、企業との関わりを深められます。

また、Branded Missionは、企業にとっても有益です。TikTokは非常に人気のあるプラットフォームであり、多くのユーザーが利用しています。そのため、企業は広告を通じて多くの人々にアプローチできます。

Branded Effect(ブランドエフェクト)

Branded Effectとは、最先端のエフェクト技術を活用して、ユーザーにバーチャル体験を提供する広告メニューです。ユーザーに商品を使ってもらったり、ブランドの世界観を体験してもらったりできます。

運用型広告(オークション広告)

運用型広告は、掲載期間や金額、ターゲットとなるユーザーなどを手動で設定して広告を配信します。ユーザーの一般投稿と同じように広告が掲載されるので、自然な形でユーザーの目に入ります。広告配信まで最短1日で完了し、4つの課金タイプから選択可能です。

TikTok広告の課金形態と費用感

TikTok広告の場合、それぞれの広告の種類で以下のような課金形態と費用感となっています。

表

TikTok広告の始め方

TikTok広告は以下の手順で始めます。

広告アカウントを開設する

TikTok広告を始めるためには、まず広告アカウントを開設する必要があります。広告アカウントを開設すると、TikTokの広告プラットフォームにアクセスできるようになります。

広告アカウントを開設するためには、TikTok Ads Managerにアクセスにアクセスして登録手続きを行わなければなりません。登録には、メールアドレスや電話番号などの情報が必要です。登録が完了したら、広告アカウントが作成されます。

ビジネス情報を入力し審査を受ける

審査を受けるために必要なビジネス情報を用意しましょう。これには会社の名前や国・地域、業界、電話番号、アカウントの通貨などが含まれます。また、請求先の情報も入力する必要があります。

その後、広告主審査が始まりました。広告主審査は約1営業日になるため、余裕を持って登録をしていきましょう。

タグの設定をする

TikTok広告では、ピクセルタグも設定する必要があります。ピクセルタグを設定することで、ウェブサイト上の情報を収集可能になります。TikTok広告の場合、イベントと一緒にピクセルタグを設定しなければなりません。

イベントの設定をする

TikTok広告ではイベント設定が必要です。イベント設定では、「URLイベント」か「URLイベント」を選択します。ウェブページにアクセスしてほしい場合は「URLイベント」、購入ボタンなどをクリックしてほしい場合は、「クリックイベント」を設定しましょう。

広告の目的を作成をする

広告の配信では、広告の目的を作成する必要があります。広告の目的としては、以下の3つがあります。

・コミュニティインタラクション
・ウェブサイトへの訪問者の獲得
・顧客リードの生成

フォロー数や訪問数を増やしたい場合は「コミュニティインタラクション」、自社サイトへの流入を目的にするなら「ウェブサイトへの訪問者の獲得」、問い合わせを増やしたいなら「顧客リードの生成」を選択しましょう。

オーディエンスの設定をする

次にオーディエンスの設定をします。TikTok広告で設定できるのは、「カスタムオーディエンス」「自動オーディエンス」の2種類です。

「カスタムオーディエンス」の場合、「デモグラフィック」「興味&行動ターゲティング」をそれぞれ入力する必要があります。「自動オーディエンス」はシステムが自動で設定してくれます。

ターゲットとなるユーザーがはっきりしている場合は「カスタムオーディエンス」、それ以外は「自動オーディエンス」を選びましょう。

予算の設定をする

最後に予算の設定をします。予算額や掲載スケジュールを設定したら終了です。予算額をあらかじめ決めておいて、オーバーにしないように設定しましょう。

広告を作成して配信開始

広告を作成したら、審査を受けなければなりません。基本的には24時間以内に審査が終了して広告が配信されます。

TikTok広告で成功するポイント

TikTok広告で成功するためには、以下のポイントに注意する必要があります。

縦長の動画を作成する

TikTok広告で成功するためには、縦長の動画を作成する必要があります。TikTokは、スマートフォンで縦向きに視聴されることが多いため、縦長の動画が最適です。

なぜ縦長の動画が重要なのでしょうか?まず、TikTokのユーザーはスマートフォンで動画を視聴することが多いため、縦長の動画は自然な形式です。また、縦長の動画は画面いっぱいに表示されるため、視聴者の目を引きやすくなります。

縦長の動画はTikTok広告で成功するための重要な要素です。縦長の動画でないと、広告がスキップされて見られない可能性があります。

動画における最初のインパクトを念頭に置く

TikTok広告を始める前に、まずは動画における最初のインパクトを念頭に置くことが重要です。最初のインパクトがないと、広告視聴をすぐにやめてしまいます。最初の1秒~2秒がとくに重要なので、結論を最初に持ってくるなどして工夫しましょう。

インフルエンサーを活用する

インフルエンサーは、TikTok上で大きなフォロワー数を持つ人や、人々の注目を集めるような魅力的なコンテンツを提供する人のことを指します。彼らは、自身の人気を活かして広告主の商品やサービスを宣伝することで、多くのユーザーにアプローチできます。

なぜインフルエンサーを活用する必要があるのでしょうか。それは、彼らがTikTokユーザーの信頼を得ているからです。インフルエンサーは、日々の投稿やライブ配信を通じて、ユーザーとコミュニケーションを図り、ファンを増やしています。そのため、彼らの紹介や推薦に対しては、ユーザーは一定の信頼を寄せる傾向があるわけです。

さらに、インフルエンサーは自身の個性やスタイルを持っているため、広告主の商品やサービスを魅力的に紹介できます。彼らが自然な形で広告を行うことで、ユーザーは広告を受け入れやすくなります。

したがって、TikTok広告で成功するためには、インフルエンサーとのコラボレーションを活用することが重要です。彼らの力を借りて、多くのユーザーに広告を届けられるでしょう。

まとめ

ここまでTikTok広告の特徴や始め方、成功するポイントについて解説してきました。TikTok広告は若年層に訴求するのに適したツールです。SNSでも広告運用をしたい場合には、検討してみても良いでしょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!