0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Amazon広告とは?種類と費用相場、始め方について解説

Amazon広告

Amazonに出品している人が販促のツールとして活用するのが、Amazon広告です。Amazon広告を活用することで、商品の認知度を上げられます。そこでこの記事では、Amazon広告の種類や費用相場、始め方について解説します。

Amazon広告とは

Amazon広告とは、Amazonで商品を販売するために利用できる広告サービスのことです。この広告サービスを利用することで、商品の露出を高められます。

検索広告やディスプレイ広告、さらには動画広告など配信できる広告の種類も豊富です。広告出稿の手続きも楽で、少額から始められます。Amazonは商品を購入するために利用するユーザーが多いため、購買意欲が高く、商品を購入してもらえる可能性が高まります。

Amazon広告のメリット

Amazon広告にはいくつかのメリットがあります。まず、Amazon広告は、商品をより多くの人に見てもらうための効果的な手段です。

Amazonは世界中で非常に多くのユーザーを抱えており、その中には商品を探している人も多くいます。広告を利用することで、購買意欲の高いユーザーにアピールすることが可能です。

Amazonの場合、商品が多いので、自然検索ではなかなか見つけてもらえない場合も多くあります。そこで、Amazon広告を利用すれば、1ページ目に商品を表示できます。これも大きなメリットでしょう。

Amazon広告の種類

Amazon広告には以下のような種類があります。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、設定されたワードが検索されたときに配信される広告です。商品詳細ページの情報をもとに広告が作成されて、検索結果や商品詳細ページに配信されます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、検索結果の上部に表示される広告です。検索結果の上部に表示されるため、ブランドの認知度アップにつながります。

スポンサーブランド広告の場合、ブランド登録をしなければなりません。また見出しやブランド名、ロゴなどの登録も必要になります。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、商品の詳細ページや検索結果ページなどの配信面に表示される広告で、商品の露出や売上促進を図れます。競合他社の商品を見ているユーザーにも広告を表示できるため、効果的な訴求が可能です。

AmazonDSP

特定の代理店に限って利用できる広告で、Amazon外のサイトにも広告配信できます。そのため、Amazonを訪問していないユーザーにも、閲覧履歴や購買情報をもとに広告配信が可能です。

動画広告

Amazon広告の動画広告には「ストリーミングTV広告」と「オンライン動画広告」があります。「ストリーミングTV広告」はプライムビデオなどの動画サービスに配信される広告で、オンライン動画広告はAmazon以外のサービスにも配信されます。

音声広告

音声広告は、Amazonの音声アシスタントであるAlexaやAmazon Musicを通じて、ユーザーに対して広告を配信するものです。Alexaは、スマートスピーカーやスマートディスプレイなどのデバイスに搭載されており、音声コマンドを使ってさまざまな情報を取得できます。

音声広告は、今後さらに普及することが予想されます。ユーザーの利便性を高めるために、音声アシスタントがますます重要な存在となっているためです。広告主としては、この新しい広告形式に注目し、効果的な広告戦略を立てることが重要です。

カスタム広告

Amazon広告には、さまざまな種類がありますが、その中でもとくに注目されているのが「カスタム広告」です。

カスタム広告はオーダーメイドで広告キャンペーンを作成して配信できます。Amazonのチームがサポートして、依頼主のブランドにあったキャンペーンを提案してくれます。

デバイス広告

デバイス広告は、AmazonのデバイスであるKindleやFireタブレットなどで表示される広告のことを指します。

デバイス広告は、商品やブランドの知名度向上や売上増加に効果的な広告手法です。とくに、Amazonのデバイスを利用するユーザーに対して効果的なアプローチができるため、積極的に活用する価値があります。

Amazon広告の課金方式と費用相場

Amazon広告の課金方式は、主に「クリック課金型」と「インプレッション課金型」の2つがあります。クリック課金型は、広告がクリックされた回数に応じて料金が発生する方式です。

一方、インプレッション課金型は、広告が表示された回数(1000回)に応じて料金が発生します。Amazon広告のインプレッション課金型は、音声広告やAmazonDSP広告で採用されています。

クリック課金型の場合、1クリックあたり、5円~10円程度です。クリック金額の上限が設定できるため、広告予算の範囲内での運用が可能です。

Amazon広告の始め方

Amazon広告を始める方法は非常に簡単です。まず、出品用のAmazonアカウントを作成し、商品を登録します。

Amazonアカウントの取得には本人確認書類と取引明細書などが必要になります。また審査には3営業日ほどかかりますので、時間には余裕を持って申請が必要です。

次にセラーセントラルから、広告キャンペーンマネージャーをクリックしましょう。Amazon広告では、広告タイプによって始め方が異なります。ここでは代表的な3つの広告タイプの始め方について解説します。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は以下の手順で行ないます。

1.キャンペーン設定

「キャンペーン名」「開始日」「1日の予算」を入力します。

2.ターゲティングの設定

自動ターゲティングか手動ターゲティングのどちらかを選びます。広告運用の経験がない人は自動ターゲティングを選びましょう。

3.入札戦略の設定

入札戦略を選びます。選択できる入札戦略は以下の3つです。

・動的な入札額-ダウンのみ・・・販売の可能性が低い場合には入札額を下げる
・動的な入札額-アップとダウン・・・販売の可能性によって入札額を上げ下げする
・固定入札額・・・販売の可能性にもとづいて入札額を調整しない

4.広告グループの設定

関連性のある商品やターゲティングごとに広告グループを作成することで、グループごとにターゲティングが可能です。

5.掲載する商品の設定

掲載する商品を選択して、キャンペーンを開始します。スポンサープロダクトは広告審査がないので、10分~30分後には広告が配信されます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は以下の手順で行ないます。

1.キャンペーン設定

「キャンペーン名」「開始日」「1日の予算」を入力します。

2.広告フォーマットの設定

広告フォーマットは以下の3つから選択します。

・商品コレクション

商品は最大3点まで表示可能。AmazonストアだけでなくLPをリンク先に指定することもできる。Amazonストアを作成すれば、ブランドの認知拡大やクロスセルが可能

・ストアスポットライト

ストアページ内の特定のページをアピールする広告。認知度アップやストアページへの流入が増える

・動画

動画によってブランドや商品を宣伝する

3.ターゲティングの設定をする

スポンサーブランド広告では、キーワードターゲティングと商品ターゲティングの2種類があります。キーワードターゲティングの場合、「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」から選択が必要です。

商品ターゲティングはカテゴリーか、個々の商品からターゲティングの対象を選びましょう。

4.クリエイティブの設定

最後にクリエイティブを設定します。クリエイティブの設定は広告タイプによって異なります。

・商品コレクションの場合

商品コレクションの場合は、以下の項目の設定をします。

・ロゴ
・ブランド名
・見出し
・カスタム画像(広告に表示される画像)
・商品

・ストアスポットライトの場合

スポットライトの場合は、以下の項目の設定をします。

・ロゴ
・ブランド名
・見出し
・ストアページ

・動画の場合

動画の場合は、以下の項目の設定をします。

・動画
・商品

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーブランド広告は以下の手順で行ないます。

1.キャンペーン設定

「キャンペーン名」「開始日」「1日の予算」を設定します。

2.掲載する商品を設定する

掲載したい商品を設定します。商品は関連する商品を選択しましょう。

3.ターゲティングを設定する

スポンサーディスプレイ広告では、コンテキストターゲティングとオーディエンスターゲティングが利用できます。

コンテキストターゲティングは、カテゴリーや商品、類似商品を設定することで、各ページに広告配信をする方法です。

一方、オーディエンスターゲティングは商品の閲覧履歴や購入履歴にもとづいて、独自のオーディエンスセグメントを設定し、対象となっているユーザーに広告を配信する方法です。

4.クリエイティブの設定をする

最後にクリエイティブの設定をします。デフォルトで掲載する商品のサムネイルと商品名が作成されます。カスタマイズもでき、ブランドのロゴと見出しの追加も可能です。

カスタムクリエイティブの設定をしなければ、最短で1~2時間後には広告が掲載できますが、カスタムクリエイティブを設定した場合は、審査が入ります。最長でも3営業日かかるので注意が必要です。

Amazon広告で成果を上げるポイント

Amazon広告で成果を出すためには、キーワードレコードを分析して、効果があるキーワードについては、完全一致で配信しましょう。また効果が出ていないキーワードについては、「ネガティブターゲティング」の設定もします。

次に商品レポートの分析もします。効果が出ていない商品は広告掲載をやめて、効果の良い商品だけ掲載していくようにしましょう。

また、ユーザーの検索行動や購買行動にあわせて、配信方法を設定します。目的にあった配信方法を選びましょう。さらに商品ページの最適化も行います。商品画像や商品説明、商品名をしっかりと設定しましょう。

まとめ

ここまでAmazon広告のメリットや始め方、成果を上げるポイントについて解説してきました。Amazon広告はAmazonで商品を販売している場合、利用すべき広告手法です。自社でうまくできない場合は、外注業者に依頼することも検討してみましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!