0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

歯科医院で新患を増やすために必要な集客方法は?具体策と注意点を紹介

歯科医院で新患を増やすために必要な集客方法は?具体策と注意点を紹介の画像

 

歯科医院も競争が激しくなっている業種のひとつです。そのため増患に必要な施策を考えなければなりません。そこでまず見直さなければならないのが集客方法です。集客方法がうまくいっていないと、新患を増やせないため、増患にはつながりません。

 

では具体的にどのような集客方法があるのでしょうか。またどのようなポイントに注意する必要があるでしょうか。この記事では歯科医院で新患を増やすために必要な集客方法について解説します。

歯科医院を取り巻く現状

歯科医院で新患を増やす集客について考える前に、歯科医院を取り巻く現状について把握する必要があります。厚生労働省のデータによれば、歯科医院の数はほぼ横ばいです。つまりこのデータだけ見れば、競争が激化しているとは言えません。

 

図1 医療施設数の年次推多

出典:「令和元(2019)年医療施設(動態)調査・病院報告の概況」(厚生労働省)

 

しかし日本の人口の推移を見ると、歯科医院の競争が、激しくなっていることがわかります。つまり日本の人口が減っているのです。厚生労働省の人口推移のグラフを見てみましょう。日本の人口は今後さらに減っていくことが予想されています。

 

つまり人口が減っていくため、歯科医院を必要とする患者も減ってくるというわけです。そのため新患を増やしていかなければ、歯科医院も倒産する可能性が高まります。そのため新患を増やすための集客方法を見直して行く必要があるわけです。

 

日本の人口の推多

出典:「日本の人口の推移」(厚生労働省)

 

歯科医院で新患を増やすためのポイント

歯科医院で新患を増やすためのポイントは以下の4つです。

・差別化ができているか

歯科医院でも差別化が必要です。ただし診療内容についてはなかなか差別化できないのが現状です。歯科医院の差別化としては「土日診療可能」「仕事帰りでも治療可能」「キッズスペース完備」「個室完備」などが考えられます。

 

待ち時間も重要な判断基準になりますので、予約システムを導入して待ち時間が少ないことをアピールすることもできます。また急な痛みにも対応できるというのもアピールポイントです。歯科医院は予約がいっぱいで、なかなか診療を受けられないところが多いからです。

 

急な痛みで歯科医院にかかりたい人は、空いている歯科医院に行こうと考えます。その後、リピーターになってもらえばよいわけです。

・エリアのニーズをとらえているか

歯科医院の場合、立地によってユーザーのニーズが違います。子どもが多い地域であれば、小児歯科も需要があります。若者が多ければホワイトニングの人気が高いでしょう。現在のエリアでどのような需要があるのが、データをとって調査してみましょう。

・ホームページはわかりやすいか

ホームページのわかりやすさは重要な要素のひとつです。どのような治療が得意なのか、開業時間はいつなのか、場所はどこかなど必要な情報をわかりやすく記載しておきます。すぐに情報が得られるように見やすいホームページにしましょう。

・問い合わせ時の対応はしっかりとできているか

歯科医院の場合、ホームページを見たら電話で問い合わせるのが一般的です。とくに新患の場合、電話して予約が取れるかどうか確認するでしょう。その際の対応がよいかどうかは非常に重要です。

 

歯科医院はたくさんあるわけですから、わざわざ対応が悪い歯科医院を受診することはありません。症状や希望の時間帯をしっかりと聞いてくれる受付の方の印象はよくなります。電話問い合わせがあってもなかなか新患が増えない場合は、問い合わせ時の対応を見直しましょう。

歯科医院で新患を増やすための集客方法とは

歯科医院で新患を増やすための7つあります。効果が高い集客手法をとくに重点的に行いましょう。

・ホームページ

ホームページは集客の基本です。歯科医院を受診したい方のほとんどがネットで調べて情報を得ています。ホームページは安く作れるようになりました。そのためまだ作成していない場合や、かなり以前に作ってそのままになっている場合は、新しくホームページを作成しましょう。

・ウェブ広告

ウェブ広告も重要な集客手法のひとつです。なかでもリスティング広告はGoogleやYahoo!の検索結果の上位に表示されるため、集客効果が高いです。ただリスティング広告は、広告がクリックされると費用がかかります。クリックされても歯科医院を受診してくれないと広告費だけがかかっていくわけです。

 

また人気のキーワードはクリック単価も高い傾向があります。そのためキーワード選びが非常に重要です。「地域名+歯医者」のようなキーワード設定を行い、費用対効果を確認しながら最適化していきましょう。

 

関連記事

・ポータルサイト

ポータルサイトに登録するのもひとつの方法です。歯科医院を検索できるポータルサイトに登録すれば、ポータルサイトの利用者が検索して受診してくれる可能性はあります。ただポータルサイトは費用がかかります。費用対効果を考えて登録する必要があるでしょう。

 

またポータルサイトは他の歯科医院も登録しているため、その中で選んでもらえるように工夫が必要です。登録するだけで新患が増えるというものではありませんので、注意しましょう。

・Googleマイビジネス

Googleマイビジネスはグーグルマップ上に歯科医院の情報が掲載できるサービスです。また検索結果にも地図と一緒に表示されるため、集客効果が高いです。無料で利用できますので、必ず登録しておきましょう。

 

ただGoogleマイビジネスは情報を更新しなければ、上位に表示されません。そのため口コミへの返信や写真の投稿など更新は定期的に行うようにしましょう。

 

関連記事

・SNS

SNSを活用している歯科医院も増えています。たとえばツイッターでお役立ち情報を発信したり、Instagramで歯科医院の雰囲気がわかる写真を投稿したりすることが考えられるでしょう。

 

SNSも無料で行えますが、アカウントを作ってそのまま活用していないケースが多く見られます。SNSはすぐに集客に結びつくものではありませんが、長期的に運用することで、見てくれる人も増えていきます。

 

SNS専門の運用係をつけるのは難しいですが、定期的に投稿していきましょう。

 

関連記事

・チラシ・ポスティング

チラシをポスティングする方法は活用すべき方法です。とくに歯科医院は近隣の人が受診するわけですから、歯科医院の周囲にポスティングするのが有効でしょう。歯科医院の場合、ウェブをあまり使わない高齢者層も新患になる可能性が高いです。

 

そのためポスティングだけでなく、折り込み広告も活用して、そうした高齢者層の手にチラシが届くようにしましょう。ただポスティングや折り込み広告は他の広告に埋もれてしまい、見られないこともあります。

 

地域の新聞配達の会社に相談すると効果が高い曜日を教えてくれます。ぜひ相談してみてください。

 

チラシはその歯科医院の特徴がわかるものを作成します。また子どもが多い地域であれば、歯磨きの仕方のイベントを開催するのもひとつの方法です。地域にあったイベントをチラシで告知して、集客に役立てましょう。

・看板やポスターなどの広告

看板やポスターは歯科医院を認知してもらう有効な手段です。「歯医者に行かないと!」となったときに、「そう言えばあの近くに歯医者があったかも」と看板やポスターで覚えていてくれることが多いです。

 

そのため看板やポスターは見た目が非常に大事です。「この歯医者なら信頼できそう」を思われるように、制作会社と相談しながら作成しましょう。

歯科医院は継続率も大事

歯科医院で新患が増えても、継続的に来てもらわなければ増患しません。そのため継続率がどれくらいなのか、把握して低い場合は改善する必要があります。継続率が低いのは、ほとんどが対応の問題です。

 

先生や歯科助手、受付の対応によって次に行くかどうかを判断する患者様が多いです。ときにはアンケートを取るなどして、実際に患者様がどのように感じているか聞いてみるのもよいでしょう。

データにもとづいて集客方法の見直しを!

歯科医院で新患を増やすための集客方法を紹介しました。これらの方法をうまく組み合わせて、効果の高い集客方法にとくに予算を配分する必要があります。そのためにはどの集客方法の効果が高いのか、知る必要があります。

 

とくに歯科医院の場合、電話での問い合わせが多いです。何をみて電話をかけてきたのか、知る必要があります。そのためには電話計測を正確に行う必要があります。たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

 

歯科医院のように電話問い合わせが多い業種に最適です。コールデータバンクでは詳しい資料を提供しています。正確に電話計測を行い方はこちらから資料をダウンロードしてご確認ください。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!