0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

無料でもできる!ローカルビジネスを宣伝する方法とは

店舗ビジネスの宣伝方法の画像

 

ローカルビジネスを宣伝する方法には無料と有料があります。無料でできる宣伝方法は有効に活用すれば費用対効果はかなり高いです。そこでこの記事では無料でできる集客方法を紹介します。

 

目次

 

ローカルビジネスとは

ローカルビジネスといっても地方のビジネスという意味ではありません。対象となる商圏が最寄り駅の近くなどに限定されるビジネスのことを指します。代表的なのが店舗ビジネスです。

webでの商品購入が増えたと言っても、店舗で商品を買わなくなったわけではありません。また幼児教室や習い事など、子どもたちが通う必要があるビジネスもあります。こうしたビジネスは商圏が限定されるため、ローカルビジネスとして集客する必要があるわけです。

全国どこからでも商品が購入できるECサイトとは違い、ローカルビジネスは店舗に行くことが前提です。そのためその店舗の近くの人達に宣伝する必要があります。

有料だから効果があるというわけではない

集客方法で無料だというと効果がないように思われるかもしれません。そのためお金を払ったほうが、効果があると思いがちです。しかしお金を払ったからといって集客に結びつくとは限りません。

たとえばチラシにお金をかけてポスティングしても、まったくお客様が来ないことも実際に起こり得ます。無料を含めて費用を抑えて集客できる手段をまずは実践してみるのが重要なのです。

無料でできる集客方法

では実際に無料でできる集客方法にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは6つの手段を紹介します。

・ブログを開設し定期的に更新する

ブログは重要な集客方法のひとつです。アメブロなど無料で使えるサービスもたくさんあるので、ローカルのホームページとは別にブログを更新しているオーナーも多いです。ただブログの場合は書いていれば集客に結びつくというわけではありません。

多くの人に読んでもらえる必要があります。多くの人に読んでもらうためには、中身をしっかり書くのはもちろんですが、ウェブページで検索した時に上位に表示される必要があります。

ブログのタイトルに地域名や商品名を入れて、検索で上位に出やすいような工夫をして行きましょう。 すぐには効果が出ないので継続的に更新してみてください。

 

関連記事

・情報サイトに登録しておく

無料でローカルが調べられる情報サイトを見たことがあるでしょうか。こちらは簡単に登録できますので、登録しておくことをオススメします。とくに飲食店では無料で登録までできるサイトが多いので、検索して登録するようにしましょう。

・Facebookを運用する

Facebook も無料で利用できるツールのひとつです。ローカルによってはホームページを作らずに Facebook のページをホームページがありに使っているところもあるくらいです。 問い合わせボタンや予約ボタンをつけることも可能で、 Facebook から直接問い合わせができるので非常に便利です。

ただFacebook 利用者にアピールする方法になるので、年齢層が高めになります。若い方向けのサービスには向かないというデメリットもあります。

・ツイッターを運用する

Twitter も無料ですぐにはじめられる集客方法です。ローカルのアカウントを作成し、ローカルの有益な情報やクーポンも配信できます。 Twitter は拡散力が強いメディアなので、注目されると一気に集客に結びつく可能性は高いです。

ただ拡散力が高い一方で、炎上リスクも高いので Twitter の運用には細心の注意が必要です。また拡散力が高いと言ってもフォロワー数が少ない場合はほとんど見てもらえません。ツイートするだけでなくフォロワーを増やす努力も必要になってくるでしょう。

・インスタグラムを運用する

Instagram はインスタ映えという言葉を生み出すぐらい、若い人の間では浸透している SNS です。飲食店を探す際に Instagram のタグを使って探すという人も多いです。そのため見た目が重要なサービスにおいては、 Instagram の運用は必須だと言えます。

Instagram はTwitter のように拡散力が高いSNSではありません。そのためいかに多くの人にフォローしてもらうかがとても重要です。そこで「Instagramをフォローしてくれたら○○円割引」というようなサービスをしてくいるローカルもあります。

ローカルの投稿を多くの人が拡散してくれるという形ではなく、お店に来たお客様は自分の Instagram で写真を投稿してもらえるような仕組みづくりが必要になってくるわけです。

・Googleマイビジネスに登録して定期的に更新する

Google マイビジネスは Google マップ上に自社の情報を載せられるサービスです。 Google での検索結果でも、上位に表示されますので登録は必須です。 こちらも更新をしないと上位に表示されなくなりますので、写真や割引情報などを定期的にアップするようにしましょう。

 

関連記事

 

ローカルビジネスを有料で宣伝する方法

ローカルビジネスを有料で宣伝する方法はいくつかあります。まずインターネット広告を活用することが効果的です。たとえばGoogleやFacebookなどのプラットフォームでは、特定の地域やターゲットユーザーに広告を表示できます。これにより、地元の顧客に直接アプローチすることが可能です。

また地元の新聞やラジオ局などのメディアを利用することも有効です。地元の人々がよく利用するメディアに広告を掲載することで、ターゲット層にアピールできます。

さらに地域のイベントやコミュニティ活動に参加することも重要です。地元の人々と直接交流する機会を作ることで、信頼関係を築けるでしょう。また口コミや紹介による宣伝効果も期待できます。

最後に、地元の情報誌やパンフレットなどの印刷物を活用する方法もあります。とくに、地元の観光案内所や商工会議所などの施設に掲載することで、観光客や地元の人々にアピールすることが可能です。

これらの方法を組み合わせることで、ローカルビジネスの宣伝効果を最大化することができます。地域の特性やターゲット層に合わせた戦略を立て、有料広告を上手に活用しましょう。

必要なところは有料サービスを使う必要あり!

無料のサービスに前述した有料のサービスをうまく組み合わせることで効果をさらに上げることも可能です。いくら無料のサービスといっても効果がない集客を続けていては、人件費というコストがかかってきます。

いかに効率的に集客をしていくかと考えた場合には、データにもとづいてより効果ある集客方法に特化して言った方がよいでしょう。とくにローカルビジネスの場合、電話での問い合わせが多いです。

ウェブページを見てクリックして訪れたお客様に対してはデータが取りやすいですが、ウェブページが SNS を見て電話で問い合わせできた場合、どの媒体を見て電話してきたのかのデータが取れません。

そのため実際に電話計測をしてみると、流入元が予想とは全然違ったということもあるわけです。つまりデータ化というのは非常に重要なわけです。ではどのように電話計測も含めてデータ化していけばよいでしょうか。

電話計測も含めてデータの一括管理をする場合は、有料のサービスを利用すべきです。 たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。ローカルビジネスのように電話問い合わせが多い業種に最適です。

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!