0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

テニススクールの集客はどうすればいい?集客方法と注意点とは

 

テニススクールにおいても集客は非常に重要です。ジュニアの場合、テニスをやりたくてテニススクールを探すため、ライバルは他のテニススクールになります。しかし大人の場合、何かスポーツをやろうと思い、他のスポーツと比較してテニススクールに入会するという方もいます。

 

このようにそれぞれのニーズに合わせた集客方法を考えていく必要があるわけです。また潜在顧客のニーズに合わせるだけでなく、スクールの特徴を出して他のスクールとの差別化をしなければなりません。

 

そこでこの記事ではテニススクールの集客方法とその注意点について説明します。

テニススクールにおける集客の課題

テニススクールにおける集客の課題はおもに以下の2つです。この2つの課題をクリアすることで会員が増えていきます。

・新規問い合わせが少ない

テニススクールで会員を増やすためには新規の問い合わせを増やす必要があります。こちらが集客のメインとなります。新規に問い合わせをもらって体験レッスンをしてもらい、入会に繋げるという流れです。

 

そのため新規問い合わせが少ないということは、そのまま会員にが増えないということにつながります。そこで集客方法を早急に見直す必要があるわけです。

・体験しても入会しない

新規問い合わせがあり、体験レッスンをしても入会してもらえない場合があります。このように体験しても入会しないのには理由があります。体験レッスンそのものがあまりよくなかった可能性も考えられるでしょう。その場合、体験レッスンのやり方を見直す必要があります。

 

また入会しても通えないかもしれないと不安に感じ、入会しない場合もあるでしょう。これらの理由は集客方法の見直しだけで解決できるものではありません。集客方法の見直しが必要なのは「イメージと違った」という理由で入会しない場合です。

 

体験レッスンを受ける方はホームページやチラシでテニススクールの情報を得ており、テニススクールのイメージを事前に持って体験しています。その事前のイメージと実際の体験レッスンが違うと感じる場合、ホームページやチラシの中身を見直す必要があるでしょう。

テニススクールの集客方法とは

テニススクールの集客方法としては以下の5つが考えられます。

・ホームページ・ブログ

ホームページに情報を記載するのは必須です。その際にはコース名、料金、時間帯といった情報がしっかりとわかるように記しておきましょう。また自社の強みを伝える必要もあります。

 

初心者をターゲットにしているのであれば、初心者向けにどのようなレッスンをしているのか、他のスクールとどのように違うのかなど、違いがわかるようにすべきです。ライバルのテニススクールのホームページを検証して、自社の強みがわかるようにホームページを作成しましょう。

 

ブログはそのスクールの特徴や雰囲気を表現するのに最適な場です。たとえばコーチが順番でそれぞれ記事を書いていくことで、コーチの紹介にもなるはずです。集客方法のひとつとしてチャレンジしてみてもよいでしょう。

・SNS

SNSも重要な集客方法のひとつです。SNSではツイッターやFacebook、LINEなどそれぞれ活用の仕方がちがいます。テニススクールの場合、スクールの様子を紹介できる方がよいので、Instagramがもっともオススメです。

 

Instagramの場合、ハッシュタグを有効に使う必要があります。多くの人に見られるように、ハッシュタグを精査して投稿するようにしましょう。

 

関連記事

・ウェブ広告(リスティング広告)

ウェブ広告も集客方法として重要です。ウェブ広告を使えば、テニスに興味のある特定のユーザーに宣伝できます。ただしウェブ広告は費用がかかります。たとえばリスティング広告はクリックされることで費用が発生する仕組みです。

 

しかしクリックされても入会まで至らないという場合もあります。また人気のキーワードはクリック単価も高いです。そのため費用対効果を考えて、データにもとづき広告を最適化する作業が必要になります。

 

関連記事

・Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは無料で利用できる集客方法です。グーグルマップに自社の情報が掲載されますし、検索結果の上位にスクール情報としても表示されます。ただ更新をしないと上位には表示されないので、定期的に更新しましょう。

 

関連記事

・チラシ・ポスティング

チラシも集客ツールのひとつです。チラシを作成して、手渡ししたりポスティングしたりします。チラシの場合、どの場所にポスティングするかはとても重要です。ジュニアだけでなく、大人も通える範囲のテニススクールを選ぶ傾向があります。

 

そのためスクールから通える範囲にポスティングしましょう。またチラシの場合、1回ポスティングしてすぐに効果があるというものでもありません。定期的にポスティングしていかなければなりません。費用もかかりますので、計画的に実施していきましょう。

テニススクールで集客する際の注意点

テニススクールで集客する際には以下の点がしっかりと伝えられているかチェックしましょう。

・料金とコースはしっかりと明記されているか

料金とコースはスクールを選ぶ際の基準のひとつです。自分に合ったコースがあるか、費用は払える額であるかと比較検討するのが一般的です。またコースも初心者コースと書くだけでなく、初心者に対してどのようなレッスンをしてくれるのかわかるようにします。

 

そうすることで他のテニススクールとの差別化にもなります。わかりやすいように料金とコースについて記載しておきましょう。

・コーチの紹介がされているか

テニススクールでどのようなコーチに教えてもらえるのか、不安に思っている人も多いです。コーチすべてを紹介するのは難しいかもしれませんが、できる限り多くのコーチを紹介したほうが、信頼性が増します。

 

コーチの写真と担当コース、一言コメントを掲載してみましょう。

・レッスン時間が記載されているか

レッスンの時間帯も重要です。実際にテニススクールに通うとなると、通える時間でなければなりません。平日の夜でも通えるのなら通おうという人も多いです。必要ならばレッスン時間の変更もありかもしれないですね。

 

データにもとづいて集客方法の効率化を!

ここまでテニススクールの集客方法について述べてきました。テニススクールにおいてもさまざまな集客方法がありますが、どの集客方法が効率的かはデータにもとづいて判断する必要があります。

 

また実際に行っている集客方法の見直しにもデータを活用すべきです。とくにテニススクールの場合、電話問い合わせるも多いです。そのためどの媒体を見て電話問い合わせをしているのか、計測する必要もあります。

 

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。テニススクールのように電話問い合わせが多い業種に最適です。

 

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!