0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Googleアナリティクスを使って電話コンバージョンを計測する方法と設定方法

 

教室事業や飲食店など、電話コンバージョンを計測する必要がある業種はあります。実際にどれくらいの人が自社のホームページから電話してきているかはデータとして持っておくべきです。

 

またそのデータをGoogleアナリティックスで計測することで、データ分析にも役立てられます。そこでこの記事では、Googleアナリティックスを使ってどのようにではコンバージョンを計測するのか、その方法について説明します。

電話コンバージョン計測の仕組み

電話コンバージョンが計測できる仕組みは、ホームページにある電話番号をタップした際に、電話コールのポップアップが起動しますよね。そこにhtmlタグを記述しておきます。ここで計測された回数を「電話コンバージョン」と言います。

 

しかし計測できるのはあくまでもタップした回数なので、実際に通話が行われたかどうかは計測することができません。

Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスを使うためには、事前にアカウントを作成しておかなければなりません。またアカウントを作成しただけでなく、アナリティックスのコードをウェブサイトに設置しておきます。

 

その上でGoogleアナリティックスにログインし、管理画面のビューから目標を設定します。

 

 

目標の中で「新しい目標」をクリックします。

 

次に「カスタム」を選択し、続行します。

 

 

 

目標の説明についてはわかりやすい名前を入れておきます。今回は電話コンバージョンを図るわけですから、電話コンバージョンと言う名前にしておいた方が良いです。

 

 

 

 

タイプはイベントを選択します。

 

 

次にイベント条件を設定します。以下は設定の例です。

 

 

ここまで設定していけば、アナリティクスの設定は終わりです。

ウェブページ側の設定

ウェブページ側にも設定が必要です。以下のタグをaタグ内に設置します。

・旧バージョンのユニバーサルアナリティクスの場合

onclick=”ga(‘send’,’event’,’カテゴリ’,’アクション’,’ラベル’);”

・新バージョンのグローバルサイトタグの場合

onclick=”ga(‘send’,’event’,’linkclick’,’click1′,’label’);”

ここまで設定して終了になります。

電話コンバージョンが計測できているか確認する

実際に電話コンバージョンが継続できているか確認します。確認の仕方は簡単で、スマホサイトで電話番号をタップした際に、Googleアナリティクスの数値が動いているかどうか見ればオッケーです。

 

まずリアルタイムカテゴリーのコンバージョンメニューを開いて確認してみます。すぐに反映されない場合もあるので、数時間経ってから確認します。1日以上たっても計測されない場合は、設置の仕方が間違っている可能性があるので、もう一度確認してみましょう。

正確な電話コンバージョンを測定したければシステムを導入しよう!

ここまでGoogleアナリティックスで電話コンバージョンを計測する方法について説明してきました。最初に説明しましたが、Googleアナリティックスで計測できる電話コンバージョンは、実際に電話をかけたかどうかではなく、電話番号がタップされたかどうかの数値です。

 

そのため実際に電話をかけた人との数値とはずれてくることが多くなります。もし正確に電話をかけた人数を知りたければ、システムを導入するのがオススメです。そこでとくに電話問い合わせデータを見える化で人気のシステムがコールデータバンクです。

 

コールデータバンクであれば、入電に至った電話CVキーワードはもちろん、広告の最適化をするうえで必要なデータを全て計測する事が可能です。WEBと電話の両方のデータを活用する事で広告の最適化を実現します。

https://call.omnidatabank.jp/contact/

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!