0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

折込チラシに効果はある?効果をあげるために必要な戦略とは

折込チラシ

 

チラシを集客のために使う方法のひとつとして、折込チラシがあります。折込チラシは、新聞に挟んで配布する方法のことで、新聞を購読している層に対して訴求できます。

しかし一方で折込チラシの効果は少ないという意見もあります。では実際に折込チラシの反響率はどのくらいなのでしょうか。

また折込チラシを効果的に行うために必要な戦略とはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では折込チラシのメリットや反響率の説明だけでなく、必要な戦略についても説明します。

 

折込チラシがなくなる?減少する折込チラシ

折込チラシは新聞をとっている方にとっては身近なものです。スーパー等のお得情報がチラシとして新聞に挟んであるため、そのチラシを見て買い物に行く人も多いわけです。

以前は、新聞は読まないが、チラシだけは読むという人もいました。しかし今は新聞を取らない人も増えてきています。

そのためデジタルチラシを導入する企業が増えています。もちろんデジタルチラシが導入されたからといって、折込チラシがなくなることはありませんが、紙のチラシが少なくなるのは間違いないでしょう。

折込チラシの目的とメリット

折り込みチラシは以下の4つの目的とメリットがあります。

・新聞購読者層にアプローチできる

折込チラシは新聞に挟んで配布するわけですから、新聞購読者層にアプローチできます。新聞購読者層は年齢が高めのファミリー層が多いです。

そのためファミリー層にアプローチしたいのであれば、折込チラシは有効だと言えます。

またエリアによっては高齢者が多い地域もあります。そのため高齢者向けのサービスであれば、高齢者が多く住んでいる地域に、折込チラシを配布するという方法は有効でしょう。

・エリアを限定し店舗やサービスについて知ってもらう

店舗ビジネスをしている場合、その店舗に通えるエリアの人にのみアプローチしたいと考えるのが一般的です。ウェブでも集客は可能ですが、エリアを限定した集客となるとなかなか難しいといえます。

その点、折込チラシであれば、店舗の周りの新聞購読者層にアプローチできるため、店舗やサービスについてより知ってもらえるでしょう。

・潜在顧客の手元に届く可能性が高い

折込チラシと比較されるチラシの配布方法としてポスティングがあります。ただポスティングの場合は、そのチラシを見た時点で、自分に関係ないと思えば、すぐに捨てられてしまいます。

またマンションで多いのは、チラシのポスティングがそもそも禁止されているところです。そうしたマンションの場合、ポスティングでチラシを潜在顧客の手元に届けるのは非常に難しいでしょう。

その点、折込チラシであれば、少なくとも家の中でチラシを手に取ってもらうことはできます。チラシをひと目見て、少しでも興味があれば、そのチラシをとっておいてもらえる可能性も高いはずです。

・チラシを受け取ってから行動するまでの期間が短い

折込チラシの場合、チラシを受け取ってから数日以内に行動に移すと言われています。そのため配布日を指定し、セールの日に来てもらえるような配布方法も考えられるわけです。

即効性の高い集客方法を実施したい企業にとっては、有効な手法だと言えるでしょう。

折込チラシの反響率は?

折り込みチラシの反響率は0.01%から0.3%だと言われています。そのため、1万枚配布して1人〜30人集客できればよいことになります。ただしあくまでもこちらは平均の反響率です。

そのためチラシの内容や配布する時間帯、曜日を工夫することで、さらに反響率を上げることもできます。

折込チラシの料金は?

折込チラシの料金は1枚3円前後と言われていますが、配布するチラシの大きさと配布する地域によって金額が前後します。

折込チラシの配布は、折り込みチラシを配布してくれる会社や、印刷会社のサービス、もしくは新聞販売店に持ち込む方法があります。

利用するサービスによって料金が変わりますので、比較検討してどのサービスを利用するか検討しましょう。

折込チラシで必要な戦略とは

折込チラシを使って集客するためには、以下の4つの戦略が必要です。

・くり返し配布する

折込チラシの場合、1回配布して終わりだとほとんど効果がありません。年間でどれくらい配布するか、計画を立てておく必要があります。そのため予算をあらかじめ確保しておくべきです。

チラシには認知してもらうという目的もあります。繰り返しチラシを目にすることで、お店がそこにあることを分かってもらえるわけです。そのため何回か折込チラシを繰り返して、効果を測定していくようにしましょう。

・データにもとづいてエリアとスケジュールを見直す

チラシの効果がない理由として、配布エリアとスケジュールが関係している場合が多いです。提供するサービスと違う年齢層のエリアにチラシを配布しても意味がありません。

ファミリー層向けのサービスなのに、単身者が多い地域で折り込みチラシを配布しても効果がないわけです。

またスケジュールも非常に重要です。どの曜日にどのエリアに配布すれば効果があるのか、それはデータに基づいて判断する必要があります。

データをしっかりととって、エリアとスケジュールを見直すようにしましょう。

・チラシの中身を改善する

折込チラシの効果をアップするためには、チラシの中身を改善する必要があります。チラシについては、わかりやすいものでそのチラシをとっておくとメリットがなければなりません。

見た目は非常に重要で、手に取った瞬間に何のチラシなのかわかるようにする必要があります。

そのためあまりにも文字が入りすぎるとわかりづらくなってしまいます。反響率が低い場合、チラシ作成をプロにお願いするのも1つの方法です。

またチラシを持参したら割引になるなどの、クーポンをつける方法もあります。チラシを手に取ってもらい、手元に置いてもらえるような工夫をしていきましょう。

・他の集客方法と比較する

集客方法は折込チラシだけではありません。折込チラシの効果がないにもかかわらず、折り込みチラシに予算を割く必要はないでしょう。

他の集客方法と比較して、他の集客方法の方が、効果が出ているのであれば、思い切って折込チラシはやめてしまうという選択もあります。

あくまでも集客方法の1つですから、他の集客方法と比較して最善の集客方法を実践していくようにしましょう。

正確なデータにもとづいて戦略の改善を!

折込チラシの戦略を立てる際には、データに基づいて行うべきだというのはすでに述べました。しかしそのデータを正確に集めるのは難しいのが現状です。

たとえば電話で問い合わせが来た際に、チラシを見て電話をしてきたのか、ウェブページを見て電話をしてきたのかの判断ができません。このようにチラシの効果を正確に把握するのは難しいわけです。

こうした現状を解決するためには、電話問い合わせのデータを正確に把握できるシステムを導入する必要があります。

たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!