0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

ポスティングは無駄?ポスティングの効果を最大化する方法とは

ポスティング

 

店舗ビジネスをする際は、集客の1つの手段としてポスティングを検討する方が多いです。ただポスティングには本当に効果があるのかどうかわからないという方も多いのではないでしょうか。

中には「ポスティングは無駄だからやめた方がよい」という人もいます。ウェブで手軽に集客できるわけですから、わざわざポスティングする必要が無いのではないかというわけです。

結論から言えばポスティングは、有効な集客手段の1つであり続けています。ただし改善もせずにポスティングし続けても効果はありません。

ではどうすればポスティングの効果を最大化できるのでしょうか。ここではポスティングの効果を最大化する方法について紹介します。

 

ポスティングとは

ポスティングとはチラシを各家庭のポストに投函することです。自分たちで地道に各家庭にポスティングすることも可能ですが、ポスティング業者に依頼してポスティングしてもらうのが一般的です。

チラシさえ作成してしまえば、ポスティングそのものはそこまで費用がかかるものではありません。

たとえば1枚ポスティングするのに3円から8円が平均です。東京都内であれば1枚4円程度が平均なので、一万枚配布で4万円程度の費用が必要になります。

もちろんこちらにはチラシの作成費が含まれていません。チラシの作成を依頼するとなると、費用にはばらつきがありますので、各社の見積もりをとって比較することをオススメします。

ポスティングの効果はない?ポスティングの反響率は

ポスティングは無駄で、効果が無いと言われる理由は反響率の低さに関係しています。

ポスティングの反響率は一般的に1%未満だと言われており、業種によってはさらに低いこともあります。たとえば0.1%の業種もあるわけです。

しかし反響率が低いからといって効果がないわけではありません。たとえば先ほど東京都内であれば4万円で1万人にポスティングできると説明しました。

1万人の0.1%は10人になります。この反響率を0.3%に上げられれば、30人、集客可能となるわけです。

この人数が高いか低いかは他の集客方法との比較で判断しなければなりません。ウェブでの集客とも費用対効果を比較して、ポスティングは自社にとって効果があるのかどうかを考えてみましょう。

ポスティングの効果を最大化する方法

ポスティングの反響率は1%未満だと先ほど述べました。しかし会社によっては1%以上の反響率があるところもあります。反響率が高ければ高いほどそれだけ費用対効果が高くなりますよね。

では反響率を上げるためにはどのような方法を考えればよいでしょうか。ここでは効果を最大化する方法として4つ紹介します。

・ポスティングの戦略を考える

ポスティングは戦略を考えることが非常に重要です。まずは目標をしっかり立てましょう。大体いくらの予算でどれぐらいの人数を集客したいのかを考えておく必要があります。

その人数に達しないのであれば、ポスティング戦略を見直すか、もしくは別の集客方法を考える必要があります。

数値目標を考えた後には、ターゲティングをしっかりと行わなければなりません。どの層にポスティングするのか、自社の顧客データを見ればターゲットがわかるはずです。

そのターゲットが多く住むところに重点的にポスティングしていきます。ポスティングは自社で行うよりも、外部に依頼してポスティングしてもらうのが一般的です。

エリアを限定してポスティングすることも可能ですから、さまざまなポスティング業者を比較してどの業者に頼むか考えましょう。

・配布する曜日・時間を考える

配布する曜日や時間も非常に大事です。チラシは多く投函されるため、目に付きやすい時間帯を狙ってポスティングすることが求められます。そのため早朝や夕方が有効だと言われています。

早朝であれば他のチラシが入る前に見られますし、夕方であれば他のチラシの上に投函されるため、見てもらいやすくなるというわけです。

この時間帯データに合わせてさらに曜日を組み合わせると、効果が高い曜日と時間帯がわかります。

ポスティングの場合は繰り返し行うのが一般的です。そのため効果がある曜日と時間帯を分析して、その曜日と時間帯に集中的にポスティングするのがよいでしょう。

・捨てられないチラシを作成する

チラシの場合、捨てられないチラシを作成するのが重要です。捨てられないチラシとは、わかりやすいチラシであり、そのチラシをとっておくと得をするチラシです。

たとえばクーポンや無料サービスが付いているチラシであれば、それをとっておこうと思いますよね。

まずは手に取って読んでもらうこと、そしてそのチラシを取っておくと読み手にとってプラスになるチラシを作成するようにしましょう。

・データにもとづいて改善を行う

ポスティングは定期的に行っているだけでは、効果はあがりません。先ほども述べましたが、曜日や時間、エリアは非常に重要です。

またポスティングした結果、どれだけの反響があったのか、そうしたデータもしっかりととっていかなければならないでしょう。その上でデータに基づいて改善を行わなければなりません。

チラシも毎回同じチラシでは、改善は見られません。より問い合わせが増えるように、チラシも改善してデータを収集していきましょう。

反響率を考える際には正確なデータが必要!

ポスティングの反響率を改善するためには、正確なデータが必要です。とくに電話問い合わせが必要な業種の場合、その問い合わせがチラシからなのか、ウェブページからなのか、しっかりと把握する必要があります。

電話での問い合わせについて正確なデータを入手するためには、システムの導入がオススメです。

たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!