0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

one to oneマーケティングとは?ユーザーと新しい関係を築く手法

 

one to oneマーケティングという言葉をご存知でしょうか。マーケティング用語は新しいものが次々と出てきているため、よくわからない言葉も多いはず。そこでこの記事ではone tooneマーケティングのメリットや具体的手法について紹介します。

one to oneマーケティングとは

そもそもone to oneマーケティングとはどのような手法なのでしょうか。「one to one」はそのままの意味で考えると1対1ですよね。そのためone to oneマーケティングは、1対1のマーケーティング、つまりはユーザーそれぞれに合わせたマーケティングという意味になります。

 

たとえば今までメールと言えばどの人にも同じものを送っていました。そのため人によってはまったく関係のないメールが送られてきます。その結果、かえってお店のイメージが悪くなることもありました。

 

また個人の好みが多様化しているため、一律の宣伝ではうまくいかない事例も増えてきています。

 

ただ個人の好みに合わせたメール配信と言っても、数が多いわけですから手動では難しかったわけです。しかし今はcookieなどを活用して、システムを使ってユーザーそれぞれに合わせたアプローチが実現できます。そこでone to oneマーケティングが注目されているわけです。

one to oneマーケティングのメリット

one to oneマーケティングは、ユーザーそれぞれに合わせたマーケティングだと説明しました。それぞれのユーザーに合わせて宣伝をするわけですから、ユーザーにとっては必要な情報が手に入ります。

 

一方企業側としてはサービスを必要としている人に宣伝ができます。そのためサービスを利用してくれる可能性が高まるわけです。その結果、売上も上がるのは間違いありません。

 

またone to oneマーケティングはシステムさえ導入できれば、自動で行うことが可能です。そのためはじめるためのハードルは低く、宣伝も最適化できるわけですから、業務の効率化にも繋がります。

one to oneマーケティングの具体的手法とは

one to oneマーケティングには5つの手法があります。

・レコメンデーション

レコメンデーションとはあなたへのオススメという意味です。よくECサイトで「オススメ商品」が表示されないでしょうか。それらはあなたの購入履歴にもとづいて表示されているため、個々でオススメ商品が違います。

 

自分の購入履歴にもとづいて表示されているため、「こんな商品があったのか!」と思わず購入してしまう利用者も多いでしょう。

 

関連記事

・リターゲティング広告

ウェブページの利用者ごとに表示される広告が違う場合もあります。その理由はそれぞれのユーザーの行動履歴をもとに、表示する広告を変えているからです。ユーザーの好みにもとづいて広告を表示するため、購入にいたる可能性も高くなります。

 

また自社以外のウェブページで自社の広告が表示できるため、自社の製品に対する購買意欲を向上される効果があります。

 

関連記事

・LPO

LPOとはランディングページ最適化をいいます。ランディングページはユーザーが最初に目にするページです。今まではどのユーザーにも同じページを表示していました。しかし同じサービスでも利用者によって目的が違いますよね。

 

そこで利用者の属性によってランディングページの表示を変えるようにしています。そのためそれぞれのユーザーの属性に合わせて、ランディングページを作成する必要があります。しかしユーザーのニーズを捉えたページの方が、購買率が高くなるのは間違いないでしょう。

 

関連記事

・メルマガ・メッセージ配信

メルマガやSNSでのメッセージでそれぞれのユーザーに合わせた配信もできます。たとえばECサイトでの閲覧履歴をもとに、「オススメ商品」としてメッセージ配信もできます。ECサイトを見た時は買うかどうか迷って辞めたユーザーが、もう一度見るとどうでしょうか。購入する可能性が高まりますよね。

 

関連記事

・ダイレクトメール(DM)

ダイレクトメールは自宅に紙ベースのダイレクトメールを送る方法です。ダイレクトメールを送るためにユーザーの住所が必要なため、ユーザー自らが住所を登録する必要があります。住所を登録するのは、その商品を利用したことがあるか、利用する意思があるかのどちらかである場合が多いです。

 

そのためダイレクトメールが届くと、そのメールを見てもらえる可能性が高まります。つまりメルマガやSNSのメッセージよりも開封してくれる率が高まるというわけです。また最近ではDMを送る時期やDMの内容をユーザーに合わせてカスタマイズできます。そうしたカスタマイズはよりユーザーに情報が届く可能性を高めるでしょう。

 

関連記事

one to oneマーケティングの注意点

one to oneマーケティングでは、それぞれのユーザーの行動履歴に合わせたマーケティングを行っています。その元になっているのはウェブ上で収集した行動履歴です。そうしたデータを分析、活用しやすくなったのは確かですが、しかしそのデータだけに頼っていてはダメです。

 

実際にユーザーがなぜそのサービスを利用しているか、また改善点はないかなど、ユーザーの声を聞くべきでしょう。そしてその声をサービスの改善に役立てる仕組みが必要です。アンケートひとつとっても、そのアンケート結果をどのようにサービスの改善に反映させるのか、その仕組みづくりをしておきましょう。

one to oneマーケティングでユーザーと新しい関係を築こう!

one to oneマーケティングはユーザー一人ひとりに向き合うマーケティングです。価値観が多様化している現代において必要なマーケティング手法だと言えるでしょう。今までマスに向かって行っていたマーケティングを一人ひとりに向けてカスタマイズが必要なので、手間はかかります。

 

しかし購買率は格段に上がりますので、システムを導入してユーザー情報を収集、分析してone to oneマーケティングを実践してみてください。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!