0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

LPOとは?LPOのメリットと実施する際の注意点とは

LPOとは?LPOのメリットと実施する際の注意点とは

 

LPOという施策があります。LPOを実施することで売上が伸びると言われますが、そもそもLPOとは何なのでしょうか。ここではLPOの説明だけでなく、LPOを実施する方法について説明ます。

LPOとは

LPOとはランディングページ最適化のことを言います。ランディングページは2つの意味で使われています。ユーザーが最初に目にするページと、商品やサービスを購入してもらうために企業が用意したページです。

 

一般的にLPというと、後者の意味で使われます。そのためLPOとは商品やサービスのために用意されたページを最適化する施策のことです。

LPOのメリットは

LPOのメリットはコンバージョン率が上がることです。つまりLPOはコンバージョン率を上げるために必要な施策を考えるわけです。しかしコンバージョン率を上げるだけであれば他の方法も考えられます。たとえばSEOです。SEOも商品やサービスを見てもらうという意味で重要な施策のひとつです。

 

そのためLPOだけを実施してSEOを実施しないということはありません。しかしSEOは時間がかかることと、検索結果で上位に表示されるとは限りません。そのためLPOを実施したほうが、効果が早く表れやすいと言えるでしょう。

LPOのやり方

LPOを実際に行うとなった場合、どのような手順で行えばよいでしょうか。ここではLPOのやり方について説明します。

・目的の明確化と現状分析

まずLPOの目的を明確にします。どのようなユーザーにサービスを購入してほしいのか、明確にした上でないと、改善する方向性が見えません。そのうえでLPOでどれくらいのコンバージョンを目指すのか、その目標も決めておきましょう。

 

目標を明確にしたら、現状の分析に入ります。設定した目標に対して、現状はどうなっているのか、アクセス解析を使って分析します。そもそもPVが少ないのであれば、ユーザーを呼び込む施策が必要です。PVはあるのにコンバージョン率が低いのであれば、コンバージョン率をあげる改善が必要になります。

 

他にも直帰率が高かったり、サイトの平均滞在時間が短かったりする場合もあります。アクセス解析を見て、気になる項目を上げてみましょう。

・改善点を考えて仮説を立てる

次に改善点を考えます。たとえばコンバージョン率が低いのであれば、ユーザーにとって必要な情報が、記載されていないことが考えられます。またどのように購入していいのかわからないということも考えられるでしょう。その場合、購入のボタンを適切な位置に設置することも必要になるはずです。

 

ページの滞在時間が短いのであれば、ページの表示速度が遅かったり、ファーストビューに問題があったりします。最初にユーザーが見るファーストビューは非常に重要です。そのためページ滞在時間が短い場合は、画像やテキストの見直しをしてみましょう。

・テストを行う

LPのテストとしてよく使われるのがABテストです。ABテストでは2パターン以上のLPを用意して、コンバージョン率や滞在時間の比較をします。こうしたテストは一回だけにとどまらず、くり返し行わなければなりません。そうすることで、よりよいLPができあがります。

・再び分析し改善する

先ほども述べたとおり、ABテストも一回で終わりではありません。何度もくり返し行うことで、よりよいLPができあがります。また思ったほどコンバージョン率が改善しないこともあります。その場合、仮説の練り直しも必要です。よりよいLPを作成するために、PDCAを繰り返しましょう。

LPOの注意点

LPOにはチェックするべき項目があります。以下の点はとくに必要な改善点ですので、自社のLPをチェックしてみてください。

・ファーストビューが適切かどうか

ファーストビューは非常に重要です。最初にユーザーが見るページに期待している情報がなければ、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。必要な情報が入っているかどうか、画像とテキストを見直してみましょう。

 

また広告との整合性も重要です。広告のイメージとファーストビューのイメージのズレが大きいと、そのズレだけで離脱してしまいます。イメージ違いすぎると、「別のサービスかな?」と思われることもあるでしょう。広告と同じイメージになるようにファーストビューを改善していきましょう。

・口コミやUGCが掲載されているかどうか

LPを見るとユーザーの口コミやUGCと言われるユーザーが作ったコンテンツも重要です。UGCの例としてはSNSがあげられます。ツイッターでのつぶやきなどをLPに取り入れることで、ユーザーも安心してサービスを利用できます。

 

ただどんな口コミやUGCでもよいというわけではありません。自社にとってどのような口コミやUGCが重要なのか、その検証も必要でしょう。

・ページの読み込み速度は遅くないか

ページの読み込み速度は離脱率に関係しています。読み込み速度が遅いと、ページが表示される前に離脱する可能性も高いです。またLPの表示速度が遅いと、SEOとしてもマイナスです。読み込み速度は1秒を目指しましょう。

・スマートフォンに対応しているかどうか

現在はスマートフォンでホームページを見るユーザーも多いので、スマートフォン対応は必須です。またグーグルもモバイルフレンドリーを推奨していますので、スマートフォンでも見やすいLPになっているかどうか、必ず確認するようにしましょう。

SEOも同時に行おう!

LPは広告からだけでなく、自社のホームページからもアクセスできます。そのためSEOをしっかりと行って、LPにいたる経路として広告以外のものも確立する方が有効です。SEOは時間もかかりますが、LPOと同時に行うと有効です。ぜひ挑戦してみてください。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!