0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

音声広告は効果あり?音声メディアの可能性とは

音声広告は効果あり?音声メディアの可能性とはの画像

 

音声メディアがブームです。その火付け役となったのはClubhouseでしょう。2020年の春に登場したClubhouseは、現在、当時のような盛り上がりを見せていないものの、今後も音声メディアの拡大が予想されています。

 

そこでこの記事では音声メディアが広がる可能性と広がる理由について説明します。

Clubhouseブームの理由

2020年のClubhouseブームをリアルタイムで体験してみて、その理由を考えてみると、以下の4点があげられます。

・コロナ禍の自粛生活

コロナの自粛生活で家にいる時間が増えました。会社に行かなくなったことで、家で仕事ができるようになった一方、人に会えない寂しさをClubhouseで癒すという方も多かったです。そのためリアルで人に会う機会が増えてくると、そうした層の人達はClubhouseをあまり利用しなくなったようです。

・特別な空間

当初、Clubhouseは招待制でしたので、限られた人しか参加できないという特別感がありました。参加者の少ない方が参加者同士で交流できるというメリットもありました。現在はアプリをダウンロードすれば誰でも参加できます。またアンドロイド版もリリースされましたので、そうした特別感はなくなっています。

・普段会えない人と交流できる

Clubhouseは普段会えない人と出会う場所でもありました。実際に著名な方とお話しする機会を得られたのはとてもよかったです。現在、Clubhouseはそうした著名人の参加が少なくなっています。

・仕事しながらでも参加できる

Clubhouseはオーディエンスとしてだけでなく、参加者として発言もできます。しかし皆さん、発言はせずに聞いているだけの場合が多いです。聞いているだけであればラジオと同じなので、聞きながら仕事ができます。Clubhouseではラジオ感覚で使っている人も多かったでしょう。

音声メディアが広がる理由

このようにClubhouseブームで音声メディアが注目されましたが、音声メディアはClubhouseだけではありません。他にも音声メディアはあります。先ほどのClubhouseが流行した理由をふまえて、音声メディアが広がる理由を3つ紹介します。

・聞きながら作業ができる

音声メディアは聞きながら別の作業ができます。視覚情報の場合、テレビと動画を同時に見るということはあまりしません。しかし音声の場合、音楽とラジオを同時に聞くという方も大出用です。実際に以下の調査によると、Z世代は半数以上が「W音声」を体験していると言います。

 

           『W音声』の種類別経験率

 

このように音声の場合、他の作業と同時に聞けるため、非常に便利なのです。

・簡単に発信できる

音声メディアの場合、簡単に発信できます。動画のように編集は必要ありません。最近ではClubhouseのように、ライブ配信の音声メディアもあります。ライブ配信の場合、参加者にとっても、その場にいないと聞けない、交流できないという特別感が出てきます。

 

簡単に発信できるため、若い人の発信者も多いです。動画は顔出しもしないといけないし、少し難しいという人も音声だけであれば、気軽に発信しているようです。

・文字よりも理解しやすい

音声の方が文字よりも理解しやすいという人もいます。たしかに音声の方が頭に入ってきやすい場合もあります。音声の方が聞きやすいかどうかについては、人によって違っており、文字情報の方が理解しやすいという人もいるでしょう。

音声メディアは今後も広がる?

音声メディアの利用者はとくに若者で増えています。radikoなどのサービスを利用すれば、放送されている時間に聴く必要がなく、いつでも聞けるというメリットがあります。またラジオはコミュニティのように感じられることも多いため、若者ウケしている可能性があるでしょう。

 

たしかにラジオの方が聴取者との距離が近く、やりとりも発生するというメリットがあります。このように若い世代が音声メディアを利用していますので、今後の音声メディア拡大の可能性は十分考えられるでしょう。

 

             radiko(ラジコ)利用経験

radiko調査表の画像

音声広告の可能性も広がる

音声メディアでも広告があります。ラジオを聞いていると、広告の流れてくることがあるでしょう。今までは聴取者が少なく、軽視されていた音声メディアですが、近年見直されてきています。

 

その理由としては、広告をスキップできない仕組みであることと、違和感なく広告を案内できる点にあります。また広告費が比較的安いというのもメリットでしょう。さらにZ世代が「W音声」で利用しているように、聞きながら仕事をすることもできます。

 

そのため作業をしながらでも、広告の内容が耳から入り、記憶に残りやすいというメリットがあります。こうした音声広告の特徴をうまく利用すれば、広告配信の幅が広がるのは間違いないでしょう。

音声メディアを含めたマーケティング展開について考えよう!

ここまで音声メディアの可能性について述べてきました。音声メディアはこれからも広がっていく可能性は十分考えられます。そのため音声メディアを含めたマーケティングが必要になってきます。自社のサービスと音声メディアや音声広告の相性が良いのか悪いのか考えてみましょう!

 

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!