0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

CPAとは?そのメリットと改善方法は

CPAとは

 

広告運用をしようと考えた時に、CPAという言葉をよく聞きます。CPAと聞いておよその意味はわかっているかと思いますが、この記事ではあらためてCPAについて説明します。マーケティング用語はアルファベットで表すことが多いです。用語の整理のためにもCPAについても、この記事で確認してください。

CPAとは

CPAとは「Cost Per Action」の略で、「顧客単価」「顧客獲得単価」と訳します。1件の商品を売るためにどれくらいの広告費用がかかったのかを表す数値です。広告運用では「KPI(重要業績評価指標)」のひとつとして使われます。このCPAを基準にして、想定通りの効果がその広告にあるのかどうかを判断していきます。

CPAの計算方法とは

CPAは「広告費用÷コンバージョン数」で計算できます。たとえば広告費用が10万円で100件のコンバージョンを獲得したとすると、CPAは1000円です。別の広告で、広告費用が5万円で100件のコンバージョンを獲得すればCPAは500円になります。そのためこちらの方が効果の高い広告になるわけです。

 

CPAの数値の決め方はそれぞれのサービスによって異なるのが一般的です。たとえばAという商品を1万円で売るとします。そこには原価、人件費、利益が含まれます。原価や人件費が5000円の場合、利益は5000円です。

 

つまりCPAが5000円を越えると赤字になります。そのためCPAが安ければ安いほど利益は増えるというわけです。そこでたとえば利益3000円、残りの2000円を広告費と考えると、CPAを2000円稲井に抑えることが目標になるわけです。この数値をKPIにします。

CPAを計算するメリット

CPAを計算するメリットは広告のよい悪いを数値にもとづいて判断できることです。売上が上がっているからいいと思っていても、CPAを調べてみるとむしろ広告費が利益を圧迫しているという事態もありえます。

 

また広告の運用改善においても、AとBの広告を比較する際にCPAは有効です。たえずCPAを意識しながら広告運用の改善を目指す必要があるのです。

CPAの改善方法は?

CPAは「広告費用÷コンバージョン数」で求められます。そのためCPAを改善するためには、広告費用を安くするか、コンバージョン数を上げるかの対策が考えられます。広告費用を安くするには、ムダな広告を減らすことです。

 

たとえばリスティング広告であればさまざまなキーワードで出稿しているはずです。その中にはクリック単価が高い割にはコンバージョンに結びついていないものもあります。反対にクリック単価が安いのにコンバージョンに結びついているキーワードもあるわけです。

 

こうしたキーワードを整理するだけでも、広告費用の削減につながるでしょう。つぎにコンバージョン数を上げるやり方が考えられます。こちらは広告の中身とターゲットの見直しが必要です。

 

広告が見られているのにクリックされない場合は広告の中身が問題か、もしくはターゲットが違っている場合も考えられます。まずはターゲットを見直し、そのターゲットに刺さる広告文を考えましょう。

 

またクリックされているのにコンバージョンしない場合は、広告と実際のサービスが乖離している可能性も考えられます。「広告をクリックしてみたけどイメージと違った」というものです。

 

広告の写真と実際のサービスのページに関する写真が違うだけでも、イメージが違うと思われて、コンバージョンしないケースもあります。広告と実際のサービスに齟齬が無いようにしましょう。

CPAを扱う際の注意点

CPAは低ければ低いほど効果が高い広告になります。しかし広告費を下げることに固執してしまい、結果としてコンバージョン数が下がってしまうケースもあります。CPAに関してはある程度の目標値を決めて、健全な広告運用が必要になるでしょう。

CPAの最適化で広告を効率化しよう!

ここまでCPAの説明と改善方法、注意点について説明してきました。広告運用をする中で、CPAは外せない数値です。CPAをチェックしながら、最適な広告運用をするように努めましょう!

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!