0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

コト消費とモノ消費の違いは何?コト消費とモノ消費をうまく組み合わせよう!

コト消費とモノ消費の違いは何?

 

コト消費とモノ消費という言葉を聞いたことがあるでしょうか。現在、今までのモノ消費よりもコト消費が重視されていると言われています。そのためコト消費とモノ消費の違い、コト消費の重要性については理解しておく必要があるでしょう。

 

そこでこの記事ではコト消費の人がる背景とその種類について説明します。

モノ消費とは

モノ消費とは商品を購入することで行われる消費のことです。「生活を豊かにするために○○がほしい」ため、モノを購入することがありますよね。モノをもつことに価値があるわけです。ブランド品などはその典型ですよね。

コト消費とは

モノ消費に比べてコト消費とは体験に価値を置く消費のことです。体験は自分自身のものであり、その気持ちに価値を求めています。こうした体験やその際の気持ちに価値をおく消費傾向が近年、強くなっているのです。

なぜコト消費が広がるのか

今まではモノ消費が主流であったのが、なぜコト消費が重視されるようになったのでしょうか。ここでは3つ紹介します。

・必要なモノはそろっている

モノがない時代であれば、モノを購入することが目的でした。しかし必要なモノはそろっている中で、今以上モノを購入するという欲求が減っているというのがあります。また断捨離に代表されるように、モノを持たない生活も良しとされる傾向もあります。

・ネットの発展でモノが入手しやすい

モノが入手しにくい時代であれば、そのモノを購入するためにお店に並ぶ人もいました。しかし今はネットで買い物ができてしまう時代。誰でも簡単にモノを購入できるので、モノを購入することが重視されなくなったと言えます。

・価値観の多様化

今まではブランド品などある商品をもつことに価値があることだとされてきました。その商品をもつことで、大人と見なされることもありました。しかし現在は価値観が多様化し、他の人と同じであることに価値が少なくなったと言えます。むしろ人と違うこと、自分の価値観を重視する人が増えたと言えるでしょう。

コト消費にはどのようなものがある?

コト消費には以下のようなものがあります。顧客体験を重視した内容を提供しているサービスが多いです。

・自然体験

自然体験は非日常を体験できますよね。自然を各自ただ体験するのではなく、より自然を楽しめるようなプログラムを提供している企業が多くあります。こうした自然体経験プログラムは非常に人気があります。

・イベント

イベントもコト消費のひとつです。その場に行かないと体験できないお祭りなどはコト消費の代表例です。年に1回しか開催されないものが多いため、多くの人が集まります。そこで集まった人たちに地元の名産を購入してもらうなど、モノ消費に結びつけています。

・スポーツ観戦

2021年に東京でオリンピックが開かれました。残念ながらコロナの影響で、オリンピック会場で楽しんだ人はごく一部だと思います。しかし本来、スポーツ観戦はコト消費のひとつです。リアルタイムでしかも会場でしか体験できないものがあるわけです。

・アトラクション

遊園地などのアトラクションもコト消費です。たとえばVRを使ったアトラクションはなかなか体験できないアトラクションのため人気です。遊園地も他の遊園地との差別化をするために、そこでしか体験できないアトラクションを提供しているところが多くなっています。

・みんなで行うサークル活動など

その場に集まって友だちとなり、一緒に行うサークル活動もコト消費のひとつです。集団でひとつのことを行う体験も、その場でしかできないことでしょう。そうした活動の場を提供することで、場所を利用してもらうだけでなく、モノを購入してもらうモノ消費へも結びつけています。

・リラックス

リラックス体験をサービスとして提供している企業もあります。マッサージや温泉もそのひとつです。ゆったりとした気持ちでリフレッシュできるため、非常に人気です。その中でモノ消費にもつながるように工夫されています。

・ショッピング

ネット販売の影響で、実際に店舗に行かなくてもモノを購入できるようになりました。そのためお店では、お店でしか体験できないショッピングの仕方を模索しています。ショッピングの体験そのものがサービスになるように工夫しているわけです。

 

その結果として、商品を購入してもらうモノ消費に結びつきます。

「コト消費」と「モノ消費」をうまく組み合わせる必要あり!

コト消費は顧客体験を重視していますが、先ほどの例でもあるように、モノ消費を考えていないわけではありません。むしろコト消費とモノ消費をうまく結び付けているものが多いです。コト消費とモノ消費をうまく組み合わせたサービスが、今後、さらに人気になるでしょう。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!