0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

便利屋の集客方法はチラシだけではない!今すぐできる集客方法とは

便利屋の集客方法はチラシだけではない!今すぐできる集客方法とはの画像

 

便利屋の集客方法はさまざまです。ただし便利屋の市場動向を踏まえた集客、データにもとづいた集客方法の見直しを行っていかなければ効果はありません。ではいったいどのような集客方法が考えられるのでしょうか。

 

この記事では便利屋の需要を踏まえて、便利屋の集客方法について紹介します。

便利屋の需要はある?

そもそも便利屋の需要はどれくらいあるのでしょうか。「J-Net21」が行った調査によれば、便利屋を利用したことのない人が全体の9割を占めています。

 

 

次に便利屋の利用意向を見てみましょう。積極的利用意向は全体で9%とこちらも決して高くありません。ただ消極的利用意向は全体で47%と約半分となっているので、便利屋を利用してもらえる可能性はあります。

 

ただ便利屋を積極的に探して利用しようと思っているわけではないため、便利屋ができることや料金などを認知してもらう必要があります。そのために必要な集客を考えなければなりません。

 

 

便利屋の集客方法は?

便利屋の集客方法としては以下の8つの方法が考えられます。先ほどの市場動向を踏まえて、集客をしていきましょう。

・ホームページ・ブログ

ホームページはどのサービスでも無くてはならないものです。便利屋と言っても得意分野はあるはずです。どのサービスがとくに得意なのか、しっかりと明記しておきます。そうすることで、他の便利屋との差別化にもつながるでしょう。

 

また料金も重要です。料金が明瞭でないと、便利屋に依頼することを躊躇してしまいます。どのサービスを利用するといくらなのか、追加料金はどのような場合にかかるのか、明確にしておきましょう。

 

またブログもホームページとともに作成しておく方がよいです。便利屋をはじめて利用する方にとって、便利やそのものを利用する不安があります。そのためブログで社長や社員の人柄がわかる投稿をしておきましょう。

 

どのような人がサービスを提供してくれるかわかれば、安心して依頼できるはずです。

・ポータルサイト

便利屋にはポータルサイトもあります。有料のものもありますので、費用対効果を考えて、自社にとって意味のあるもののみ登録するようにしましょう。またジモティーは無料で便利屋の広告が掲載できます。ぜひ登録しておいてください。

・紹介

便利屋の場合、紹介が非常に重要です。先ほどのデータにもあるように、ほとんどの人が便利屋を利用したことがありません。そのためそもそも便利屋を利用するという選択肢が出てこないわけです。

 

しかし友だちに「○○で困ったらこの便利屋に頼むといいよ」と言われたらどうでしょうか。友だちの紹介であれば信用して仕事を依頼してくれるでしょう。紹介してくれた人には割引券を配るなどして、友だちを紹介してくれるように促す方法も導入してみましょう。

・看板や店舗

看板で店舗の情報を知らせる必要もあります。便利屋は認知してもらうことが重要です。看板があればその場所に便利屋があることを認知してもらえます。店舗が通りに面していたり、外から見えやすい場所にある場合は、店舗事態に看板の役割をします。

 

駅の近くなど人通りが多い場所で、安く店舗が借りられるのであれば、店舗を借りて集客のひとつの方法として活用するのもよいでしょう。

・Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは無料で利用できるGoogleのサービスです。Googleマイビジネスに登録することで、Googleマップ上で店舗の情報が出てくるだけでなく、検索結果に店舗情報が地図とともに表示されます。

 

Googleマイビジネスは登録するだけでなく、更新が必要です。更新することで、検索結果の上位に表示されやすくなります。写真や口コミへの返信など、定期的に更新しましょう。

 

関連記事

・チラシ・ポスティング

チラシやポスティングも継続的に行う必要があります。ただ便利屋の場合、つねに必要としているものではありません。何か問題が起こった時に頼むのがほとんどでしょう。そのため問題が起こった際に、連絡してもらえる工夫が必要です。

 

一般的にチラシを問題が起こるときまで取っておく人はいません。ほとんどが捨てられてしまうでしょう。そこでマグネットでの宣伝がオススメです。マグネットであれば、冷蔵庫などにつけておいて、問題が起こったときに連絡してもらえる可能性が高まります。

 

もちろんチラシにまったく効果がないかというと、そうではありません。定期的にチラシをポスティングすることで、便利屋の存在を認知してもらえます。費用対効果を考えて、チラシやマグネット、ポスティングを行いましょう。

・SNS

SNSは無料で利用できるため、多くの会社が集客手段として利用しています。ツイッターやInstagramで便利屋の情報を発信して、多くの人に認知してもらいましょう。ユニークなサービスがあれば、注目を集めやすいです。

 

関連記事

・ウェブ広告

ウェブ広告は有料でおこなうウェブ上の宣伝です。とくに利用されているのがリスティング広告です。あらかじめ設定したキーワードで検索されたGoogleの検索結果の上位に広告として表示されます。

 

そのためクリックしてもらいやすくなるわけです。リスティング広告はクリックされることで費用がかかります。そのためクリックされるだけで仕事の依頼が無いと、広告費だけがかかってしまいます。

 

また人気のキーワードはクリック単価が高いです。そのためすぐに予算に達してしまうことも多いです。クリック単価が安くて、アクセスが多いキーワードを見つける必要があります。

 

まずは「便利屋+地域名」で出稿して様子をみてみましょう。

 

関連記事

便利屋における集客のポイント

便利屋における集客のポイントは以下の3つです。これら3つのポイントが網羅されているかもう一度確認してみましょう。

・他社との差別化ができているか

他社との差別化は非常に重要な要素です。便利屋はなんでも屋ではありますが、得意なサービスと得意でないサービスがあるはずです。他社よりも自信があるサービスは積極的にアピールしていきましょう。

・料金は明瞭に記載されているか

料金の記載は重要です。どのサービスを利用するといくらかかるのか、どういう条件で追加費用がかかるのかなどわかりやすくホームページに書いておきましょう。今はSNSの利用者も増えているため、料金が見積もりと違うとなるとすぐに拡散されてしまいます。

 

そうした情報が拡散されると、利用者が減ってしまうのは間違いありません。料金の記載については注意してください。

・できないことも含めてサービスの内容は明記されているか

サービスの内容もしっかり書いておく必要があります。便利屋なので、なんでもできると思っているお客様は多いです。便利屋であってもできないことはあるはずです。仕事を引き受けておいて、あとでできないとなるとトラブルになります。

 

できないことを含めてサービスの内容をしっかりと記載しておきましょう。

データにもとづいて集客の効率化を!

ここまで便利屋の集客方法について説明してきました。便利屋もさまざまな集客方法があります。ただ集客にかけられる予算には限りがあります。同じ費用を使うなら、効率がよい集客方法を実践したいですよね。

 

集客の費用対効果を考えるためには、データは必須です。データはオンラインだけでありません。オフラインのデータも活用しなければ集客方法の最適化はできません。とくに便利屋のように電話での問い合わせがある業種は、電話問い合わせがどの媒体から行われたのか、データ化する必要があります。

 

たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

 

便利屋のように電話問い合わせが多い業種に最適です。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから確認してみましょう。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!