0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

遺品整理業で集客するために必要なことは?効果的な集客方法と注意点

遺品整理業で集客するために必要なことは?効果的な集客方法と注意点の画像

 

遺品整理業もライバルが増え、どれだけお客様を集められるかが重要になってきています。そのため集客手法を考えるのが大事です。ただし遺品整理業特有の事情を踏まえた集客について考えなければなりません。

 

そこでこの記事では遺品整理業で必要な集客手法について紹介します。

遺品整理の集客における特殊性

遺品整理の場合、常に必要としているサービスではありません。そのため遺品整理が必要となった時に問い合わせをしてもらう仕組みが必要です。たとえばチラシをポスティングするにしても、チラシを手に取った時点では遺品整理を必要としていない可能性が高いです。

 

そのためチラシを手に取った後にそのチラシを取ってもらうか、会社名を覚えてもらい、必要な時に検索して問い合わせしてもらう必要があります。ウェブで検索した場合、検索結果の上位にあることで、問い合わせをしてもらえる可能性は高まるでしょう。

 

ウェブ広告も検索結果の上位に表示されるので、非常に重要な施策のひとつです。他にも遺品整理の仕事を紹介してくれる葬儀社や警察などの行政とのつながりも必要になってきます。こうした施策をひとつずつ積み上げて行く必要があるのです。

遺品整理で効果的な集客方法とは

遺品整理で効果的な集客方法は以下の6つです。

・ホームページ・ブログ

ホームページやブログは集客手段のひとつです。ホームページでは料金をしっかりと明記しましょう。残念ながら遺品整理業の中には、料金をしっかりと明記せずに高額の請求をする業者もあります。

 

そのため料金にいくらかかるのかしっかりと明記するだけで、お客様に安心感を与えられます。また口コミも有効です。実際に利用した人の口コミがホームページにあるだけで信頼性が増すでしょう。

 

ブログも会社の信頼性をアピールするのに最適なツールです。ブログでは社長の日々の日常など人柄が出るような投稿をするのもよいです。また遺品整理に関する知識をブログで紹介するのもアリでしょう。

 

そうすることで検索上位に表示される可能性が高くなるだけでなく、遺品整理の知識がしっかりあるとアピールできるはずです。

・ウェブ広告

ウェブ広告も重要な集客手段のひとつです。とくにリスティング広告は検索結果の上位に表示されるので、有効な集客手段になります。リスティング広告はクリックされると料金が発生する仕組みです。

 

そのためキーワードをしっかりと選ばないと、すぐに予算が無くなってしまう可能性もあります。ただし入札単価も人気のキーワードであればあるほど高くなります。そのためロングテールキーワードを使いながら、効果的に集客していかなければなりません。

 

関連記事

・Googleマイビジネス

Googleマイビジネスも有効な集客手段です。Googleマイビジネスに登録すると、Googleマップ上に自社の情報が掲載されます。遺品整理業の場合、自宅から近い業者を選びますから、Googleマップに掲載されているのは重要でしょう。

 

Googleマイビジネスは無料で使えますので、ぜひ活用してください。

 

関連記事

・チラシ・ポスティング

チラシをポスティングするのも重要な集客手段です。ただチラシの場合、すぐに捨てられてしまう可能性も高いです。チラシを捨てても大丈夫なように、企業名を覚えてもらう工夫をしたり、紙ではなくマグネットをポスティングするという方法もあります。

 

遺品整理が必要なときに問い合わせをしてもらえるように工夫しましょう。

・情報サイトの登録

遺品整理にも遺品整理業者が登録しているサイトがあります。登録できるサイトがあれば登録しておきましょう。有料サイトの場合は問い合わせをしてみて、費用対効果を考えて利用してみください。

・行政や高齢者施設への営業

行政や高齢者施設への営業は重要です。遺品整理は紹介されるケースも多いです。遺品整理が必要となった時に、高齢者施設や警察などの行政から紹介されれば、その業者を使うことが多いでしょう。

 

遺品整理でまったく知らない業者に頼むよりも、紹介された業者に頼む方がハードルは低いです。そのため行政や高齢者施設へ営業をかけるのは必須です。すでに既存の業者がいるところに入り込むのは難しいですが、サービスと料金で差別化していれば入り込める余地もあるでしょう。

 

一回ですぐに契約ということにはなりませんので、継続的に営業するようにしましょう。

遺品整理で効果的に集客する際のチェックポイント

遺品整理で効果的に集客するために以下の3つのポイントをもう一度見直してみましょう。

・自社のサービスがしっかりとアピールできているか

ホームページやチラシで自社のサービスがしっかりとアピールできているか確認してみましょう。とくに自社の得意分野をアピールするとこで他社との差別化にもなります。たとえばパソコンのデータの整理や不用品の買取など、具体的な項目をあげておきましょう。

 

どの会社も行っているようなサービス、たとえば「見積もり無料」などでは差別化にならないので、他社があまり行っていないサービスを前面に押し出してください。また料金を明記すれば他社と比較しやすいです。

 

料金は安ければよいというわけではありません。どのようなサービスを頼むといくらかかるのかといった料金表が明確になっていることの方が重要です。お客様としては「見積もりと全然料金が違う」ことを怖れているわけです。

 

自社のサービスの強みを明記するのと同時に、各項目の料金をしっかりと明記するようにしましょう。

・信頼できる会社だと判断できるか

遺品整理を依頼する際にもっとも重要なのは信頼できる会社かどうかです。信頼できる会社かどうかは料金がしっかりと明記されていることはもちろんのこと、口コミを掲載することも大切です。

 

ほとんどの人が遺品整理会社をはじめて使います。そのためどの業者に頼んだらよいか不安に思っていることが多いです。口コミがあれば、その会社を利用している人がいることがわかり、安心できるでしょう。

 

ブログで遺品整理についての情報を掲載することも信頼性につながります。遺品整理についての知識がしっかりとあることがわかりますし、そこで働いている社員がブログを書けば会社の雰囲気もわかります。ぜひやってみてください。

・潜在顧客のニーズを捉えているか

お客様が少ない場合、潜在顧客のニーズと訴求するポイントがズレている場合もあります。どのようなニーズがあるのかあらためて見直してみましょう。遺品整理を依頼する人には以下のような特徴があります。

 

・実家が遠くてなかなか遺品整理に行けない
・遺品整理を急いで行いたい
・精神的に辛いため自分では遺品整理ができない
・遺品整理に割く時間がとれない

 

これらのニーズにこたえるような形でホームページやチラシの形を整えてみましょう。

データにもとづいて集客を効率化すべき

ここまで遺品整理業の集客方法について説明してきました。遺品整理業においても、集客の仕方はさまざまです。そのためどの集客方法が自社にとってもっとも効率的か、データをもとに判断する必要があります。

 

データを見ると、集客できている集客方法の費用対効果が悪いこともあります。またチラシなどのオフライン広告は、データ化していいないとことも多いです。とくに遺品整理業の場合、電話計測が重要です。

 

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。水道修理のように電話問い合わせが多い業種に最適です。

 

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!