0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Google広告で電話コンバージョンを計測する方法

電話での問合せや注文の多い業種ではWEB広告の成果地点として入電を計測する必要があります。特にそのまま電話をかけることのできるスマートフォンのトラフィックの多いGoogleでは電話計測ニーズが非常に高くなっています。

そこで、本記事ではコールトラッキングシステムのコールデータバンクがGoogle広告における電話コンバージョンの計測方法に加えて、それぞれの計測方法のメリット・デメリットについて解説しています。

Google広告で電話コンバージョンを計測する方法

電話番号のタップ計測の設定を行う

後述するGoogle 広告専用転送電話番号と同様にタップ計測はGoogle広告が提供する電話コンバージョン計測の方法の一つです。設定方法は、「ツールと設定」内のコンバージョンを選択し、新しいコンバージョンアクションを作成する際に「電話件数」を選択してください。選択肢のうち「モバイルサイトに掲載した電話番号のクリック」を選択してください。設定は通常のコンバージョンと同じです。

タグの設定は「HTMLに追加する場合」と「GTMを使用して設定する場合」の2パターンがあるのでそれぞれ説明します。

HTMLにタグを直接追加してタップ計測する場合

HTMLに直接タグを設定する場合は、グローバルサイトタグを全ページの <head></head> タグの間、イベントスニペットを電話番号が表示されているページの <head></head> タグの間に張り付けてください。また、サイト内の電話番号にonclick属性を追加する必要があります。具体的には以下の例を参考にしてください。

  • <a onclick=“return gtag_report_conversion(‘tel:0120-123-4567’);” href=“tel:0120-123-4567”>0120-123-4567</a>


参考:Google広告ヘルプ「モバイルサイト上での電話番号リンクのクリックを計測する
参考:Google広告ヘルプ「サイトでのクリックをコンバージョンとして計測する

GTMを使用して設定する場合

GTMを使用して設定する場合は、「Googleタグマネージャーを使用する」を選択肢し、表示されているコンバージョンIDとコンバージョンラベルをGoogleタグマネージャーの「Google広告のコンバージョントラッキング」タグの設定に入力すれば完了です。

GTMのタグを設定するトリガーの配信タイミングの設定は、組み込み変数の「Click URL」を使用できる状態にしたうえで以下のように設定します。「タグの配信を待つ」や「妥当性をチェック」、「Page URL」の指定は状況に合わせて変わりますが、「Click URL」は「tel:」(特定の電話番号だけを指定したい場合は番号まで入力してください)と入力します。

※タグの配信を待つは、ページ遷移やアプリケーションの切り替えをタグの配信が完了するまで待つ設定です。タグの配信が完了せずに切替が発生すると計測が出来ない場合があります。

※妥当性をチェックは、リンクをクリックすることが妥当なアクションとみなされた場合にのみタグが配信される設定です。

※Page URLは下記の設定では全てのページが対象となるようにしていますが、特定のLPのみ計測したい場合はLPのURLを設定して下さい。

タップ計測のメリットとデメリット

タップ計測は設定さえできれば無料でできますが、実際の入電での誤差が10~50%程度発生します。また、スマホの計測しかできないためPCでサイトを見ながら電話をかけてきた人を計測することはできません。

Google 広告専用転送電話番号を使う

Google 広告専用転送電話番号とは、Google広告の広告や表示広告オプションに使うことのできる機能です。実際の入電数など正確なデータを取ることができる反面、電話番号はGoogleに所有権があるため番号の変更が発生します。また、ランディングページに表示している電話番号からの入電を計測するものでもないため、検索結果から直接電話をかけるユーザーが多く、リピートのない限られた業種以外には向かない機能です。

コールトラッキングシステムを使う

コールトラッキングシステムとは、電話コンバージョンを計測するためのアクセス解析ツールのことです。コールトラッキングシステムを使用するとアクセス解析で取得しているコンバージョンデータと同様に、流入経路やキーワード単位で電話の分析が可能になります。

ツールを使用するための費用は必要ですが、リスティング広告ではキーワード別といった細かい粒度で実際の入電が発生しているかといった計測が可能になったり、コンバージョンデータをGoogle広告やYahoo!広告に送ることで自動入札への活用ができるようになったりします。WEB広告に一定額以上の費用を投下しているのであれば、ぜひ検討したほうが良いと思います。

おわりに

現実的にはいきなり費用をかけて電話計測を行うことは難しいと思いますので、まずタップ計測で傾向を見てみることをお勧めします。ただ、実際の入電データと比較すると興味本位で来訪したユーザーが入電に繋がらない電話番号タップをする傾向にあるため、タップ計測をもとに戦略立案を行うことはお勧めしません。コールデータバンクではお試し利用をすることも可能なのでコールトラッキングの導入もぜひご検討ください。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!