0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

英会話教室・スクールに生徒が来ないのには原因がある!効果的な集客方法と注意点とは

英会話教室の集客

 

英語学習は教室で勉強するだけでなく、アプリやオンラインでも学習することはできます。自宅で簡単に学習できるようになったため、英会話教室やスクールに通わなくてもいいと考える人たちも増えています。

こうした状況の中で英会話教室やスクールの強みをアピールして、生徒に来てもらうためには、集客をもう一度見直し、強化していく必要があります。

そこでこの記事では、英会話教室の集客がうまくいかない理由をあげ、 英会話教室が生徒を増やすために最適な集客方法について紹介します。

 

英会話教室で集客がうまくいかない理由

英会話教室で集客がうまくいかない理由には、以下の5つが考えられます。

・認知度が低い

そもそも教室を知られていないという可能性も高いです。とくにオープンしたばかりの教室についてはほとんど知られていません。そのためまず知ってもらうための宣伝が必要になってきます。

・ライバルが多い

英会話教室やスクールのライバルは、同じ教室やスクールだけではありません。先ほども述べたとおり、ライバルとしてオンライン教室や英語学習アプリが登場しています。とくにここ最近リモートでの仕事が増えてきたため、会社帰りに教室に寄ることもしなくなりました。

家でも英語の学習ができるのにわざわざ教室に通う理由がないわけです。そうした現状を踏まえれば、自分たちの教室で英語を学習する強みについてアピールするだけでなく、教室に来て英語を勉強するメリットについてもアピールしなければいけないでしょう。

・差別化ができていない

英会話教室やスクールはたくさんあります。そうした中でなぜ自分たちの教室に通うべきなのかという差別化ができていないところも多いです。費用が安いというのは、たしかに魅力的ではありますが、安さだけでは価格競争になってしまい、事業として継続できません。

他の英会話教室よりも講師が優れているとか授業内容が素晴らしい、テキストがオリジナルで学習しやすい、学習サポートが充実しているなど、自分たちの教室の強みを考えてみましょう。

どのような強みがあるかわからない場合は、他の教室のホームページを閲覧し、各教室の強みをまとめてみましょう。その上でそれらの教室にはない自分たちの強みを考えていけばよいでしょう。

・ターゲットが定まっていない

英会話教室といってもターゲットはさまざまです。なぜなら英会話を学ぶ目的が人によって違うからです。たとえば TOEIC で点数を伸ばしたい人もいれば、 海外旅行を楽しむために日常会話ができるようになりたいという人もいます。

またビジネスで英語が必要なので、ビジネスで使える英語を学びたいという人もいるでしょう。これらすべてのニーズを満たすためには、それぞれ目的に合ったコースを設定する必要があります。

ただ差別化という意味でも、どれか一つに特化した教室である方が強みとしてわかりやすいでしょう。

・授業の質が悪い

英会話教室では、体験レッスンを行うのが一般的です。体験レッスンに来る人がいても、申し込みがない場合は授業の質が悪いと言えます。体験レッスンから申し込みが少ない場合は、授業の質を見直してみましょう。

英会話教室を選ぶ基準

英会話教室の集客を成功させるためには、英会話教室をどのように選んでいるのか、その基準を知る必要があります。

トライズが実施したアンケートによれば、英会話スクールを選ぶ際に基準としている点の上位は、「料金が安いこと」「自分に合った学習計画を立ててくれること」「多少厳しくてもしっかりと指導をしてくれること」でした。

料金に関してはある程度の相場があります。またオンラインでの英会話教室は一般的に料金が安いので、差別化するのは難しいといえます。

そのため英会話教室として差別化していくには、「自分に合った学習計画を立ててくれること」「多少厳しくてもしっかりと指導をしてくれること」の2点が重要でしょう。

またこの上位3つに続いて、「通いやすい場所にあること」「講師のレベルが高いこと」「途中でくじけそうになっても最後まで継続できるようにサポートしてくれること」が理由として挙げられています。

この3つの点も教室のアピールポイントとして考えていく必要があるでしょう。つまり英会話教室に通ってもらうためには、通っている生徒がいかに英語が上達できるか、そのサポートをどこまでしっかりとやっているかが、重要になるのは間違いないといえます。

 

出典:トライズ調べ

具体的に教室に通ったらどのような指導がなされ、どのようにサポートしてくれるのか、その点をしっかりと明記しましょう。

英会話教室の集客方法

英会話教室の集客方法としては以下の7つです。集客がうまくいっていない教室においてはもう一度以下の集客方法を見直してみましょう。

・ホームページやブログを開設する

ホームページは英会話教室の指導方針や料金、講師の紹介など英会話教室に必要な事項を掲載しておきます。先ほども述べた通り、どのような指導方針によって通っている生徒さんの英語が上達するのか、わかりやすく示しておく必要があります。

また教室に通うことになるので、場所がどこにあるのかわかりやすく示していきましょう。英語に関する指導の仕方や知識、さらに講師の紹介についてはブログを活用するのがオススメです。

ブログで英語に関する知識を書いておくことで、そのブログを見た人が英語の知識がある講師だと認識してくれます。また講師紹介のブログで行うことで、その先生の人柄がアピールできるでしょう。

 

関連記事

・ウェブ広告で集客する

Web 広告は ホームページや SNS に広告を掲載するサービスです。とくに利用されているのがリスティング広告です。リスティング広告は検索結果の上位に広告として掲載されるため、クリックされる可能性が高まります。

あらかじめ設定したキーワードが検索された時に、広告が表示される仕組みです。リスティング広告の場合、クリックされると費用が発生する仕組みです。そのため人気のキーワードはクリック単価が高く設定されています。

リスティング広告でうまく集客するためには、費用対効果を考える必要があります。クリック単価が安く、集客がたくさんできるキーワードを探すのがひとつのポイントです。 また広告がクリックされただけで、英会話教室の入会に至らないことも多々あります。

その場合は広告の飛び先、ランディングページが良くないと考えられます。キーワードの選定だけでなく、飛び先のランディングページの修正も行いましょう。

・SNSを運用する

SNS を活用している英会話教室が増えています。ただし教室に通ってもらう必要があるため、教室の近くの人たちが SNS を見てくれる必要があるでしょう。そのためには講師の先生に近い人たちと繋がれる Facebook がオススメです。

Facebook は利用している年齢層も高めですし、 英会話教室に通ってもらえる可能性が高いです。 Facebookを使って情報発信を頻繁に行うようにしましょう。 また Facebook は広告も出せます。

教室の近くの人たちのみ広告を表示する設定も可能なので、教室の集客という意味では役立つはずです。予算に余裕がある場合は Facebook 広告の活用も考えてみましょう。

・Googleマイビジネスに登録する

Google マイビジネスはGoogle 検索の結果や Google マップ常に教室の情報を掲載できるサービスです。 無料で利用できるため、登録はしておくべきです。ただ登録すれば常に上位に掲載されるわけではありません。

コメントに返信したり、写真を掲載したりするなどして、更新は定期的に行うようにしましょう。

・ポータルサイトを活用する

ポータルサイトを利用するのも一つの方法です。ポータルサイトには英会話教室を探している人が来るため、入会してもらえる可能性が高くなります。ただしポータルサイトの場合、多くの教室が登録しているため、それらの教室の中に埋もれてしまう可能性があるでしょう。

またポータルサイトを利用するには費用もかかります。そのため費用対効果をふまえて利用するかどうかを考える必要があるでしょう。

・チラシを作成してポスティングする

チラシも重要な集客ツールのひとつです。チラシは教室の情報を伝えるだけでなく、 教室の存在を認知してもらう役割もあります。そのため定期的にポスティングしていかなければなりません。

チラシの反響率は高くても0.3%と言われています。つまりよくても1000部ポスティングしたら3人程度です。そのためこの問い合わせ数をどこまで上げられるかがポイントになります。

反響率を上げるためにはチラシの中身だけでなく、 チラシの配布の仕方を考える必要があります。ポスティングも英会話教室に入会してくれそうな人たちに届けたいですよね。地域の特性を理解し、英会話教室に入会してくれそうな人たちが多い地域にポスティングするようにしましょう。

またポスティングだけでなく新聞の折込広告も配布方法として考えられます。新聞の折込広告も試してみて、反響率を見てみましょう。

・既存の生徒の紹介を得る

英会話教室において既存の生徒からの紹介ほど強いものはありません。紹介であれば、ほとんど入会するつもりで授業を体験してくれます。既存の生徒さんから紹介を受けるためには、事業の内容を充実させる必要があります。

英会話教室に通っているわけですから、英語ができるようになったという実感が必要でしょう。そうした実感を与えられれば、既存の生徒からの紹介を受けられます。授業だけでなく教室のサービスをより良くするためには、既存の生徒に対してアンケートを取るのも考えられます。

そのアンケート結果にもとづいて教室のサービスを改善していけば、より顧客満足度も向上し、友だちを紹介してもらいやすくなるでしょう。

英会話教室の集客は継続的な改善が大事!

英会話教室の集客の方法もさまざまあります。これらの集客方法は改善を繰り返していく必要があります。集客方法を見直すためには、データが必要です。それぞれの集客方法の費用対効果を比較して、より効果が高い集客方法を実施しなければなりません。

オンラインのデータは簡単に収集できます。しかしオフラインのデータの収集は難しく、オフラインのデータは分析していない教室も多いです。たとえば電話で問い合わせがあった場合、チラシを見て電話したのか、ホームページを見て電話したのかわかりません。

こうしたオフラインのデータも踏まえて集客の費用対効果を考えるためには、 システムは必須です。たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

そのため英会話教室の集客にも最適なツールだと言えます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!