0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Twitterは運用すべき?Twitter運用のメリットと運用方法とは

ツイッターマーケティング

 

集客においてSNSの活用は必須となっています。とくにTwitterを運用している企業は増えています。しかしTwitterをただはじめるだけでは、効果はありません。そこでこの記事ではTwitterを使ったマーケティング方法と運用する際の注意点について説明します。

Twitterの特徴

SNSはFacebook、Twitter、インスタグラムなどそれぞれ特徴があります。そのためそれぞれのSNSの特徴をふまえた施策を行わなければなりません。ここではTwitterの特徴について説明します。

・年齢層が幅広い

Twitterは幅広い年齢層で活用されています。。総務省が出している「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によれば、全年代で約42%の人が利用しており、インスタグラムと同じ利用者割合です。

 

 

年代別に見ても、どの年代でも幅広く利用されています。

 

 

出典:「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」

・拡散力がある

Twitterは拡散力があるメディアです。リツイートという機能で拡散されれば、インプレッション数は他のSNSとは比較にならないレベルです。その代わり炎上リスクがあります。

 

何気ないつぶやきが思った以上に拡散されて、非難されることもあるわけです。拡散力があるのはTwitterのよい面でもありますが、リスクにもなり得ることを理解しましょう。

・ブランディングしやすい

Twitterは自由に発信できるため、ブランディングしやすいメディアです。自社のサービスに合った情報を発信することで、認知度をアップさせられます。企業のSNSでは特徴的な発信や返信をするアカウントが人気になっています。

・ユーザーとコミュニケーションがとりやすい

Twitterは匿名で利用しているユーザーが多く、気軽にやり取りできるのが特徴です。ユーザーは投稿に対して返信することが多いため、ユーザーと直接コミュニケーションがとれます。

 

ユーザーからの声はサービス改善にも役立つでしょう。またTwitterで商品に対する問い合わせがある場合もあります。そうした場合に直接やり取りできるのはメリットです。不具合が起きた場合もTwitterで発信、やり取りしている企業もあります。

 

不具合に対して、公開の場でしっかりと対応することで、ブランドイメージもアップします。

・リアルタイムで反応がわかる

Twitterの場合、拡散されやすいSNSであるため、リアルタイムで反応がわかります。自分たちの投稿に対してどれくらいのインプレッションがあったのか、Twitterアナリティクスを利用すれば確認できるわけです。

 

また情報発信の速度も早いため、新しい情報をTwitterで得ている人も増えています。そのためTwitterで話題性のあるツイートをすればリアルタイムで反応が得られるでしょう。

・広告が利用できる

TwitterはTwitter広告を利用できます。最近ではウェブ広告だけでなく、SNSでの広告も増えています。Twitterの利用者層にアプローチしたい場合のサービスであれば、Twitter広告も有効でしょう。

Twitterでできること

Twitterでマーケティングする際にできることは以下の4つです。

・公式アカウントの運用

Twitterで公式アカウントを運用している企業は多いです。企業アカウントとして情報発信、ユーザーとのやり取りをします。Twitterでフォロワーを獲得すれば、企業のファンにもなってもらえます。

 

サービスの改善の意見をもらえたり、フォロワーがサービスを拡散してくれたりするため、企業にとってプラスの面が多いです。

・Twitter広告の運用

Twitter広告の運用をしている企業も多いです。Twitterのユーザーと相性がよいサービスであれば効果があるでしょう。Twitter広告の分析画面を見ながら、広告の運用の改善もできます。

・Twitterを使ったキャンペーン

Twitterを使ったキャンペーンを行っている企業もあります。フォローやリツイートしたユーザーに○○をプレゼントという企画は大手企業でも行っています。Twitterで拡散されれば集客にもつながるでしょう。

・インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーを使ったマーケティングを行っている企業もあります。フォロワーが多いインフルエンサーにPRを依頼することで、多くのユーザーに情報を届けることが可能です。

 

ただししっかりとPRであることを明記しないと、ステマとして炎上する可能性が高いので、注意しましょう。

Twitterの運用方法

Twitterはアカウントを簡単に作れるため、すぐに運用を開始できます。しかし企業が運用するアカウントであれば、売上に繋がらなければ意味がありません。売上に繋げるためには、計画的にTwitter運用を考える必要があります。

 

ここではTwitterの運用方法として4つの手順を紹介します。

・担当者を決める

Twitterの運用は片手間でやっても効果がありません。Twitterの運用でうまくいっている企業は更新も頻繁に行われており、ユーザーの返信にもしっかりと対応しています。そのためTwitter運用の担当者をしっかりと決めておく必要があります。

 

ただ情報を発信しているだけでは、誰も見てくれません。Twitter運用で効果を発揮するためにも担当者を決めておきましょう。

・運用の目的と目標値を決める

Twitterの運用をするためにはまず目的を決めなければなりません。目的がないとTwitterをはじめたのに何もしないでそのままになってしまうことが多いです。サービスを知ってほしいのか、情報発信をしたいのか、サービス改善のための意見を求めているのかなど、目的はさまざまです。

 

どのような目的でTwitterを運用するのか、目的をはっきりさせましょう。また目的が決まったら、数値目標を決めなければなりません。リツイート数やフォロワー数をどれくらいの期間でどれくらいまで達成するのか考えてみましょう。

・運用方針を考える

目的が決まったら運用方針を考えましょう。Twitter運用で無計画に情報を発信するだけでは効果がありませんし、続きません。どのように運用していくのか、その方針は非常に重要です。どのようなコンテンツをいつ発信するのか、計画的に運用していきましょう。

 

またTwitterの場合、投稿する時間も重要です。Twitterの場合、朝の通勤時間、お昼休み、仕事が終わった夜の時間に投稿するのが効果的です。その中でとくに反応がよい時間帯を選んで投稿するようにしましょう。

・PDCAを回して運用改善を行う

Twitter運用は数値を見て改善を繰り返す必要があります。Twitterの場合、分析画面も充実していますし、反応が即座にわかるため、改善もしやすいツールです。目標値に達成しないときに、なぜ達成できなかったのか、数値を見ながら改善していきましょう。

Twitterを運用する際の注意点

Twitterは非常に使いやすいツールですが、炎上しやすいデメリットもあります。企業アカウントで炎上すると、ブランド価値を毀損する可能性が高いです。こうした炎上を防ぐためにも、事前に投稿内容を検討する必要があります。無計画での運用は避けましょう。

 

またTwitter運用は成果が出るまで時間がかかります。成果が出ないからすぐに辞めてしまうのであれば、アカウントを作らない方がよいです。フォロワーを獲得するにも時間がかかります。長期的にTwitter運用をしていきましょう。

長期的な視点で改善をくりかえそう!

Twitterは企業が情報発信をしたり、ファンを増やしたりするツールとして大変便利です。しかし効果がすぐに出るものでもありません。そのため運用方針と目的をしっかり決めることと、PDCAを繰り返すことは大変重要です。

 

長期的な視点でTwitterを運用していきましょう。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!