0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

オーガニック検索・自然検索とは?流入数とキーワードのチェック方法について解説

オーガニック検索

 

オーガニック検索や自然検索という言葉を聞いたことがあると思います。オーガニック検索の流入数とキーワードのチェックを行い、対策をしていかなければ、売り上げアップにつながりません。

ではそもそもオーガニック検索や自然検索とはどのような意味なのでしょうか。またどうすればチェックできるのでしょうか。ここではオーガニック検索や自然検索の流入数とキーワードのチェック方法と、流入数を増やす方法について解説します。

 

目次

 

オーガニック検索・自然検索とは

オーガニック検索と自然検索は、どのような意味なのでしょうか。オーガニック検索とは、Googleの検索結果の中で、上部のリスティング広告枠を除いた結果のことをいいます。オーガニック検索は、オーガニックサーチや自然検索とも言われます。つまり、オーガニック検索と自然検索は同じものだと理解しておきましょう。

オーガニック検索とリスティング広告の違い

先ほど、検索結果の一覧の上部にリスティング広告枠があると述べました。リスティング広告とは、有料の広告枠です。検索キーワードに応じて表示される検索連動型広告となります。オーガニック検索が無料であるのに比べ、リスティング広告は有料になります。多くの企業が両方の対策を実施しているのが現状です。

オーガニック検索の表示順位はどのように決まるのか

自然検索の表示順位は、検索エンジンのアルゴリズムによって決まります。検索エンジンは、ウェブページの内容や信頼性を評価し、ユーザーに最も適した結果を提供する仕組みです。

まず検索エンジンはクローラーと呼ばれるプログラムを使用して、ウェブ上の情報を収集します。クローラーはリンクをたどりながらウェブページを巡回し、情報を収集します。この収集された情報は、検索エンジンのデータベースに保存されます。

次に検索エンジンはインデックスを作成します。これは、収集された情報をキーワードやその他の要素に基づいて整理し、検索時に迅速に結果を表示するためのデータベースを作成する作業です。

そして、ユーザーが検索クエリを入力すると、検索エンジンはアルゴリズムを使用して、インデックスされたウェブページの中から最も関連性の高いものを選びます。アルゴリズムは、さまざまな要素を考慮してランキングを決定します。たとえばキーワードの一致度、ウェブページの信頼性や権威性、ユーザーの評価やフィードバックなどが考慮されます。

最終的な表示順位は、これらの要素の組み合わせによって決まります。検索エンジンは、ユーザーに最も有益な情報を提供するために、常にアルゴリズムを改善し続けています。

オーガニック検索の対策が必要な理由

オーガニック検索、なぜ重視されるかというと、無料で集客につながるからです。前述したリスティング広告の場合は、広告費用がかかります。それに対してオーガニック検索であれば、費用がかからず実施できるため、多くの企業が行っているわけです。

ただしオーガニック検索の対策を行ったとしても、必ずしも上位に表示されるわけではありません。オーガニック検索の流入数を増やす対策がSEOになります。

SNSはSEOに効果があるの?SNSとSEOの関係とは

オーガニック検索の流入数とキーワードのチェック方法

オーガニック検索の流入数とキーワードのチェックは、GoogleアナリティックスとGoogleサーチコンソールを使っておこないます。まずオーガニック検索の流入数に関しては、Googleアナリティクスを使います。

Googleアナリティクスを使うことで、オーガニック検索でどのくらいのユーザーがサイトに流入してきたかの確認可能です。Googleサーチコンソールは検索流入のキーワードをチェックするツールです。

どのようなキーワードで検索してユーザが流入してきているかのチェックが行います。また、どのようなキーワードで検索結果に表示され、検索順位もチェックできます。SEOでオーガニック検索の流入数を増やす際には、Googleサーチコンソールで検索キーワードをチェックして行うのが一般的です。

Googleサーチコンソールでは、検索キーワードの表示回数や順位変動も確認できます。Googleの場合、コアアップデートを含む順位変動が起こります。その順位変動をGoogleサーチコンソールで確認して、記事のリライトに取り組むのが一般的です。

ただしGoogleサーチコンソールではリアルタイムでの順位変動が確認できないため、他のツールを導入している企業が多いでしょう。私はGRCを使って順位変動の確認を行っています。

オーガニック検索の流入数を増やす方法

オーガニック検索で上位表示をするためには、SEOが必要になります。SEOでは内部対策と、外部対策、コンテンツ対策の3つが必要です。内部対策では内部リンクなどを整えて、Googleのクローラーがサイトを巡回しやすくします。

外部対策は被リンクの獲得です。コンテンツ対策はキーワードを選定し、上位に表示できるように記事を書くことになります。SEOは誰でも実施できますが、時間をかけたからといって必ずしも上位に表示されるわけではありません。とくにビックワードで上位表示されるのはかなり難しいといえます。

まとめ

ここまでオーガニック検索と自然検索はどのようなものか、またオーガニック検索の対処が必要な理由とチェック方法について解説してきました。オーガニック検索の流入数を増やすためには、SEOが必須です。ただし、時間をかければ必ず上位表示されるものではないため、長期的な視野で対策していく必要があります。

上位表示されないからといって更新しないというのが1番ダメです。毎月少しずつでもいいので新しい記事を追加したり、今までの記事を改善したりしていきましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!