0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

ステルスマーケティングはやってはダメ?その問題点と防止策とは

ステマ

 

ステルスマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。近年、芸能人やYoutuberなどの著名人がステルスマーケティングを行っていて、問題になることが多々あります。

 

意図して行っていることが多いですが、その問題点を理解せずに行っている企業もあるのです。とくに個人経営のお店はそうです。そこでこの記事ではステルスマーケティングの問題点と防止策について説明します。

ステルスマーケティングとは

ステルスマーケティングとはステマと言われることも多く、宣伝であることを隠して商品をPRすることです。たとえば芸能人がある商品を使ってみましたとSNSで投稿します。本当にただの感想であればよいのですが、実際には企業に依頼されていたという事例があるわけです。

 

現在のようにSNSや口コミサイトで情報を得る人が増えているため、こうしたステルスマーケティングを産む土壌ができあがっていると言えるでしょう。

ステルスマーケティングの問題点

ステルスマーケティングの問題点は以下の3つです。

・消費者を騙している

ステルスマーケティングは広告という表記をしていないため、消費者はその評価を実際に使用した評価だと思います。その評価が実際に商品を使わないで行われたとしたら、消費者を騙す行為でしょう。

 

芸能人やYoutuberからしてみれば、企業から依頼されて宣伝しただけだというかもしれません。実際にそのような事例は多く見られます。しかし消費者は騙されたと感じるでしょう。そのため中には不買運動に繋がった事例もあるぐらいです。

・企業のブランド価値を毀損する

ステルスマーケティングは企業のブランド価値も毀損します。実際にステルスマーケティングをしているのがわかって、批判にさらされた企業は多いです。安く宣伝ができると考えて実施した企業も多いです。しかし結果としてマイナスになるため、ステルスマーケティングを行うべきではありません。

・業界全体の評価が下がる

口コミサイトを利用している人が増えています。たとえば飲食店を探すとき、口コミや評価を参考にする人は多いでしょう。その評価がお店に依頼されてやっているものだとしたらどうでしょうか。

 

その口コミサイトは信用できないとなるだけでなく、そもそもその業界が口コミを操作していると考える人も増えるでしょう。ひとつのお店がステルスマーケティングをやることで、業界全体に影響を及ぼすことがあるわけです。

ステルスマーケティングは法律違反?

ステルスマーケティングが消費者を騙す行為であり、企業にとってもメリットがないというのはわかりました。ではステルスマーケティングは法律違反になるのでしょうか。残念ながら日本ではステルスマーケティングそのものを取り締まる法律はありません。

 

しかし景品表示法に抵触する可能性はあります。消費者に商品がよいものであると誤認させているわけですから、不当表示として問題となるわけです。アメリカやEUではステルスマーケティングを取り締まる法律があるため、日本でもそうした法律ができる可能性はあるでしょう。

ステルスマーケティングの防止策

ステルスマーケティングを防ぐためには社内教育をしっかりと行い、ステルスマーケティングに関する知識を身につけてもらうことが必要です。インフルエンサーに軽い気持ちで宣伝を依頼して炎上するという事例が多くあります。

 

宣伝であれば宣伝としてしっかりと断って実施する必要があるとすべての社員が理解していれば、安易なステルスマーケティングを行うことはありません。芸能人やYoutuberに知り合いがいて、PR表示せずに宣伝を依頼するのもアウトですので注意しましょう。

ステルスマーケティングのリスクを理解しよう!

ステルスマーケティングは違法になる可能性もありますし、炎上することでブランド価値を毀損する可能性も高いです。安く宣伝できるからといって、芸能人やYoutuberに報酬を払って宣伝を依頼するリスクは非常に高いわけです。

 

意図せずにステルスマーケティングになってしまった事例もありますが、ステルスマーケティングの知識さえあれば、ステルスマーケティングを行うことはあり得ません。正しい知識を身につけて、消費者に正しい情報を届けるようにしましょう。

 

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!