0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

弁護士の集客はどうすればいい?受任までたどりつく集客方法とは

弁護士の集客はどうすればいい?

 

集客しなければ顧客が増えることもなく、売上があがることもありません。集客が必要なのは弁護士も例外ではありません。実際、弁護士の人数も増え、ウェブ広告をはじめ、積極的に集客を行っていない弁護士は少ないはずです。

 

そこでこの記事では弁護士のみなさんが集客として考えるべき方法について紹介します。

弁護士の集客が必要な理由

弁護士の人数が増え、収入・所得も以前と比べると下がっています。日弁連の調査によれば、2018年の回答者が少ないことを踏まえても、収入・所得が全体的に下がっているのはまちがいありません。そうした状況の中で、いかに顧客を獲得するかはとても重要です。

 

 

出典:近年の弁護士の実勢について

 

では実際にどのように顧客を得ているかというと、以下の調査結果を見ると知人の紹介がほとんどです。しかし知人の紹介で仕事がもらえる割合は年齢の高い人が多いです。たしかに弁護士業を長く続けていれば、それだけ知り合いも増えるわけですから、そこから顧客を紹介してもらえる可能性は高まるでしょう。顧問先も同様です。

 

30代までの人も知人の紹介が多いものの、HPやSNSでの集客の割合が高くなっています。ウェブを使って集客する必要性は若い人の方が高いと言えるでしょう。

 

 

出典:近年の弁護士の実勢について

弁護士の集客方法とは

弁護士業界でも集客の重要性が増しているのはすでに述べました。ではどのような集客方法が考えられるのでしょうか。ここでは6つの方法についてご紹介します。

1.セミナー

セミナーは潜在顧客が参加しやすいというメリットがあります。いきなり個別相談だとこの弁護士に依頼しなければならないというプレッシャーがありますが、セミナーであれば気軽に参加できるからです。

 

セミナーに参加してその弁護士がいい弁護士かどうか判断し、個別に依頼するという形が十分考えられます。またセミナーをたくさん行っている弁護士は著名な弁護士だと顧客も認識しやすいというメリットがあります。

 

得意な分野で実例を交えながら話をすれば、セミナー参加者が顧客になってくれる可能性は高いでしょう。

2.交流会

先ほどの調査でもわかるように、知人からの紹介は顧客獲得方法としてもっとも重要です。しかし知人が少ない人は、そもそも顧客を紹介してもらえる可能性が少なくなります。そのためまずは知人を作るという方法が考えられます。

 

そこでよく使われるのが交流会です。交流会にはさまざまなものがあり、1回で終わるものもあれば、定期的に会って交流するものもあります。以前に比べて、交流会に参加している士業の方は増えていると感じます。

 

一般的に交流会では同業種の人数は制限していますので、弁護士が多い交流会というのは少ないはずです。いろいろな交流会がありますので、積極的に参加して知人を増やすべきです。

3.ホームページ・ブログ

ホームページやブログも顧客獲得の有効な手段のひとつです。弁護士を依頼する際にホームページでその弁護士や弁護士事務所の得意分野はチェックします。またその弁護士の人となりを知られるのもホームページです。

 

ブログで日常の生活や日々の考えたことなどを発信していると、発信者である弁護士に親しみを感じ、弁護を依頼する可能性は高まります。顧客にとっては、弁護士費用は高額ですし、裁判等を有利にしたいという想いがあります。そのため信頼できる弁護士を探すのは当たり前です。

 

そのため知人の紹介で弁護士に頼むことが多いわけです。知人の紹介と同程度の信頼性をウェブで得るために、ホームページもブログも工夫する必要があるでしょう。

4.ウェブ広告

ウェブ広告も弁護士の集客手段のひとつです。最近では弁護士事務所のウェブ広告も増えました。ただし誤解を招くものや誇大広告は「弁護士の業務広告に関する規定」に反する可能性があるので、注意が必要です。

 

またウェブ広告で重要なのは予算をしっかりと管理することです。ウェブ広告で集客したところ、たしかに顧客は増えたが、広告費が利益を上回ることも出てきます。こうした状況であれば、ウェブ広告を出す意味がありません。

 

単に顧客が増えたかどうかではなく、利益がどれくらい出たのか、広告の効果を数値にもとづいて分析する必要があるでしょう。

5.SNS

SNSで情報発信している弁護士も増えています。SNSの最大のメリットは無料で潜在顧客とやり取りができることです。SNSで信頼できる情報を発信することで、多くの人に知ってもらい、顧客になってもらえる可能性が高まります。

6.メルマガ

メルマガも重要な集客方法のひとつです。最近ではLINEなどの集客が増えており、メールの利用者は減っている印象があるかもしれません。しかしメルマガは重要な情報発信の場です。メルマガに登録してもらい、法律関係の情報発信をしていきます。

 

弁護士を必要とする問題は、日々起こるものではありません。何かあったときに弁護士が必要となったときに、メルマガで名前を頻繁に見ていれば頼んでもらえる可能性が高いでしょう。

データを見て集客方法を改善すべき!

弁護士業においても集客する必要が出てきました。どれだけ潜在顧客を獲得するかが、今後の生き残りにも必要になってきます。ここでも多くの集客方法を紹介しましたが、どの集客方法もはじめることが目的になってはダメです。

 

データを見て集客方法を改善していく必要があります。コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、全ての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

 

弁護士業のように電話問い合わせが多い業種に最適です。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!