0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Google広告の電話コンバージョン計測(Google 広告専用転送電話番号・通話レポート)をする方法

Google広告の電話コンバージョン計測(Google 広告専用転送電話番号・通話レポート)をする方法画像

 

Google広告で電話コンバージョンを計測する場合は以下の選択肢があります。

  • 電話番号をタップしたタイミングを計測する(スマートフォンのみ計測可※入電数と乖離あり)
  • 電話専用広告や電話番号表示オプションなどGoogle広告の機能を使って計測する(検索結果上のみ計測可能)
  • コールトラッキングツールを使って計測する(スマートフォン・PCの両方計測可能)

本記事ではGoogle広告の機能の電話専用広告や電話番号表示オプションで電話コンバージョンを計測する方法について解説しています。タップ計測とコールトラッキングツールでの計測はそれぞれ以下の記事を参照して下さい。

 

電話番号をタップしたタイミングを計測する方法
Googleタグマネージャーを使った電話コンバージョン(電話番号タップ)の計測方法

 

コールトラッキングツールを使って計測する方法
コールトラッキングとは?機能や比較ポイントをわかりやすく解説

Google広告の機能を使って計測する方法

Google広告の機能を使って電話コンバージョンを計測するためには通話レポートを有効にする必要があります(※1)。通話レポートを有効にすると電話番号表示オプションと電話専用広告に掲載される電話番号がGoogleの広告専用転送電話番号に変更されます。

 

※1 CTIなどを導入していて特定の電話番号の入電数が分かる場合は電話表示オプションや電話専用広告に個別の電話番号を使用することで入電数を把握することもできます。

電話番号表示オプションと電話専用広告とは

電話番号表示オプションは以下の画像のように通常の検索広告に電話番号を表示させることができる表示オプションです。

 

Googleの検索結果に電話番号を表示させる方法画像

 

電話専用広告は以下の画像のように検索広告から直接電話に誘導する広告です。ただし、日本ではあまり使われているところを見たことはありません。

 

検索結果に電話番号が表示されている画像スマホ

 

電話番号表示オプションと電話専用広告に使用する電話番号は広告主が直接指定することができます。

通話レポートを有効にしてGoogle 広告専用転送電話番号を使用する方法

Google 広告専用転送電話番号とは

広告専用転送電話番号とはGoogleが所有している電話番号で、Google広告で電話コンバージョンを計測する際に使用されます。フリーダイヤルと一般的な電話番号の両方が使われており、フリーダイヤルの使用比率の方が高いと言われていますが、広告主はどちらを使用するか選択することはできません。

通話レポートを有効にするとどうなるか

通話レポートを有効にすると、電話番号表示オプションと電話専用広告に表示される電話番号が広告専用転送電話番号に自動的に置き換わります。広告専用転送電話番号が使用されると広告管理画面上で着信数や通話時間を確認できるようになります。

通話レポートを有効にしてGoogle 広告専用転送電話番号を使用する時の注意点

広告専用転送番号には以下のような注意点があります

  • アカウント単位でした通話レポートのオンオフができない
  • 表示される電話番号をコントロールできない
  • 広告専用転送電話番号では発信者番号を把握することはできない

まとめ

Google広告の機能を使って電話コンバージョンを計測する方法方は検索結果でのみ使用可能です。WEBサイトに来訪してからの電話コンバージョンを正確に計測するためにはコールトラッキングツールが必要となります。

 

また、本記事作成にあたり実際に電話専用広告を作成しようとしたところ、特定の条件下でエラーが発生するなどの事象も確認できたので使用する際は注意してください。

ご利用までの流れ

工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

詳しい流れはコチラ
0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料

無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!