0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

動画広告を活用するメリットは?活用する際の注意点についても解説

動画広告

 

動画広告を活用している企業が増えています。動画広告を活用している企業が増えている理由としては、動画広告にメリットがあるからです。では動画広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか。またどのような点に注意して活用すればよいのでしょうか。

この記事では動画広告の種類や動画広告を配信するための媒体、さらには動画広告を活用する際の注意点について解説します。

 

目次

 

動画広告とは

動画広告とは動画を使った広告のことであり、多くの企業が活用しています。そのため市場規模も拡大し続けています。

サイバーエージェントの調査によれば、2022年の動画広告市場は昨対比133.2%の5,601億円となっており、2023年には7,209億円、2026年には1兆2,451億円に達する見込みです。このように動画広告は今後も順調に伸びていくことが予想されます。

テキストでは伝わりにくい商品やサービスは、動画の方が伝わりやすいため、動画広告を活用する企業が多いわけです。

動画広告が増えている背景

動画広告が増えている背景としては、スマホやSNSの普及、5G通信の利用者の増加があげられます。スマホやSNSが拡大したことにより、動画広告を見る割合が増えているわけです。

動画広告はテキスト広告よりも通信量がかかります。そのため大容量の通信ができる5Gの導入で、動画広告も活用しやすくなりました。こうした通信環境の変化は動画広告の増加につながっていると考えられます。

動画広告のメリット

動画広告を活用している企業が増えているのには、メリットがあるからです。動画広告のメリットは以下の4つです。

多くの情報を視覚と聴覚から伝えられる

動画広告の場合、多くの情報を視覚と聴覚から伝えられるというメリットがあります。そのため動画の方が短時間で情報を伝えられます。文章を読んで情報を得るのが苦手な人でも、動画であれば情報を得やすいというメリットがあるでしょう。

記憶に残りやすい

動画広告の場合、まず人の目に留まりやすいというのがあります。テキスト広告だと読み飛ばされるものも、動画広告であれば、少しでも見てみようと思うわけです。その際に、視覚と聴覚から情報を得られるわけですから、記憶に残りやすいというメリットがあります。

効果測定がしやすい

動画は再生回数や再生時間、インプレッション数などの数値が細かく取れます。たとえば再生回数が多いのに再生時間が短いのであれば、途中で飽きてしまっている可能性があります。動画広告も作成して終わりではありません。

効果検証を行って必要であれば改善しなければなりません。そうした改善を行う際に効果測定がしやすい動画広告は便利だと言えるでしょう。

興味がない人も見てくれる可能性が高い

テレビCMや動画は興味が無くてもなんとなく見てしまうことがないでしょうか。少しでも面白そうだと感じられれば、興味がない商品やサービスの動画も見られる可能性が高いでしょう。

そうした動画広告の特性を生かすことで、新規の顧客獲得に結びつく可能性はあります。つまり認知度アップにも動画広告は有効だというわけです。

動画コンテンツのはストーリーを入れやすい

動画コンテンツは、ストーリーを入れやすいメディアとして注目されています。動画は映像と音声を組み合わせたものであり、人々に情報を伝えるだけでなく、感情や体験を共有する手段としても利用可能です。

ストーリーは、人々の興味を引きつける力があります。たとえば物語の主人公が困難に立ち向かい、成功を収める姿は、視聴者に勇気や希望を与えられます。また感動的なエピソードや笑いを誘うシーンなど、ストーリーには視聴者の心を動かす要素がたくさんあるわけです。

動画コンテンツでは、ストーリーを通じてメッセージを伝えることができます。たとえば商品やサービスの魅力をストーリーに組み込むことで、視聴者に印象を与えられるでしょう。

動画広告のデメリット

動画広告にもデメリットがあります。ここでは3つのデメリットについて解説します。

制作のための時間と費用がかかる

動画広告は制作のために時間と費用がかかります。とくに自社に制作する部門がない場合は外注費が高くかかるでしょう。また外注した場合、時間もかかるため、すぐに宣伝を始めたい企業にとっては向かないと言えます。

画像の質によって効果が大きく変わってしまう

画像の質が悪いと動画広告を見たユーザーに悪い印象を与えてしまう可能性が高いでしょう。動画広告の印象が悪いと商品やサービスの印象も悪くなります。そうなった場合、広告費が無駄になるだけでなく、ブランドイメージも悪くなるリスクがあります。

最後まで見てもらえない可能性がある

動画広告の場合、スキップすることが多くないでしょうか。そのため動画広告は最後まで見てもらえない可能性があります。スキップされないように最初の5秒間にとくに注意して、動画作成が必要になります。

動画広告に向いている業種は?

そもそも動画を見る目的は何でしょうか。もちろんビジネス系の動画を見るという人もいるかと思いますが、ビジネス系の動画を見る人は有料のサービスを活用する人が多いでしょう。YouTubeなどの無料で視聴できる動画サービスを使う人は、暇つぶしの人が多いはずです。

暇つぶしで見ている動画のため、エンタメ系やショッピング、趣味に関する業種については相性がいいでしょう。またビジネス系であっても、固い内容ではなく、気軽に登録する求人や転職、資格の勉強などは動画広告で訴求できます。自社の商材と相性がいいかどうか、動画広告を確認してから、作成した方がよいでしょう。

動画広告の種類

動画広告の種類としては主に以下の3つがあります。

インストリーム広告

インストリーム広告は、オンライン動画の中に挿入される広告のことです。これは動画を視聴しているユーザーに対して、関連する広告を表示できます。

動画広告の流れるタイミングは動画が始まる前、動画を視聴している途中、動画が終了した後です。インストリーム広告には動画を途中でスキップできるものとできないものがあります。

インバナー広告

インバナー広告は、ウェブサイトやアプリ上でよく見かける広告の形態です。この広告は通常、ウェブページの上部やサイドバーに表示され、ユーザーの目に留まりやすい位置に配置されています。

インリード広告

インリード広告は、ウェブサイトやブログなどのコンテンツ内に自然に組み込まれる広告の形式です。この広告は、読者がコンテンツを読んでいる最中に表示されるため、非常に効果的な広告手法として注目されています。

動画広告の代表的な媒体

動画広告が流せる媒体は主に以下のものがあります。

YouTube

YouTubeは多くの人が利用している動画配信プラットフォームです。YouTube広告は、さまざまな形式で提供されています。たとえばプリロール広告は、視聴者が動画を再生する前に表示される広告であり、ポストロール広告は、動画再生後に表示される広告です。また、インタラクティブな広告やスキップ可能な広告もあります。

YouTube広告の利点の一つは、広告のターゲティングが詳細にできることです。YouTubeは、視聴者の興味や嗜好に基づいて広告を表示するため、より関心のある視聴者にアプローチできます。また視聴者の行動データを分析することで、広告の効果を評価し改善することも可能です。

TikTok

TikTokは10代・20代の視聴している割合が多い動画配信プラットフォームです。こちらもYouTubeと同様、インストリーム広告が主流で、動画の視聴途中に広告が流れる仕組みです。年齢層が若いため、若者向けの動画広告にはオススメの媒体になります。

またTikTokはユーザーの興味や嗜好に基づいたパーソナライズされた広告を提供することができます。ユーザーが投稿した動画やいいねしたコンテンツを分析し、それに合わせた広告を表示することで、ユーザーの関心を引きつけられます。

LINE

LINEは幅広い年齢層が活用しているSNSです。その中にLINE VOOMというショート動画の楽しめる動画プラットフォームがあり、動画広告を配信できます。LINEはほとんどの人が使っているSNSですから、動画広告の配信も効果が高いでしょう。

また、LINE広告は、ユーザーの属性や興味に基づいてターゲットを絞ることができます。これにより、広告主はより効果的な広告を配信できます。

Facebook

Facebookは30代以降が主なユーザーであるSNSです。実名で登録されるため、ビジネスで活用している人も多くいます。Facebookの場合は、記事と記事の間に表示されるインリード広告が主流です。記事をスクロールしている間に出てくるため、思わずクリックして見てしまうことがあります。

Facebook広告の特徴の一つは、広告のターゲティングが非常に細かいということです。つまり広告主は、広告を表示する対象の人々の属性や興味に合わせて設定できます。たとえば特定の年齢層や地域に住む人々に限定して広告を表示できます。

またFacebook広告は、広告主が設定した予算内で広告を出稿することが可能です。これにより、小規模なビジネスでも広告宣伝を行うことができるようになりました。

さらにFacebook広告は、広告の成果を詳細に分析できます。広告のクリック数や表示回数、コンバージョン率など、様々なデータを確認することが可能です。これにより、広告の効果を把握し、改善できます。

Instagram

Instagramは写真投稿をするSNSで、ストーリーズでショート動画も投稿可能です。動画広告としては主にストーリーズで配信されます。Instagramは若者向けのSNSという印象でしたが、最近では幅広い年齢層に利用されています。

Instagram広告は、ユーザーの関心や嗜好に基づいてターゲットを絞り込めます。たとえばスポーツ用品の広告を見たい人にはスポーツ関連の広告が表示されるわけです。これにより、広告主はより効果的に自分たちのターゲット層にアプローチできます。

さらにInstagram広告は魅力的な写真や動画を使用できます。これにより、ユーザーは広告に興味を持ちやすくなり、広告のメッセージがより効果的に伝わるでしょう。

X(旧Twitter)広告

X広告は、主にSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)であるX(旧Twitter)上で表示されます。Xは、世界中の人々が日常の出来事や興味のある情報を発信するために利用しているプラットフォームです。そのため、Xを通じて多くの人々に広告を届けられます。

X広告の特徴は、その効果的なターゲティングです。Xは、ユーザーが投稿する内容やフォローしているアカウントなどの情報を元に、広告を表示するユーザーを選別します。これにより、広告主は自分のターゲットとするユーザーに効果的にアプローチできます。

さらに、X広告はリーチ性が高いという特徴もあります。Xは世界中で多くの人々に利用されているため、広告主は多くの人々に広告を届けることが可能です

交通広告

交通広告は、私たちの日常生活の中で非常によく見かけるものです。バスや電車の車内や駅のホームなど、多くの場所で目にします。交通広告は、企業や団体が自分たちの商品やサービスを宣伝するために利用する手段の一つです。

交通広告は交通機関を利用する人々の目に触れる機会が非常に多いのがメリットです。多くの人がバスや電車を利用するため、広告が多くの人に見られる機会があります。また移動中の人々は暇な時間があるため、広告に目を向けることが多いです。

さらに、交通広告は地域の特性に合わせてターゲットを絞ることができます。たとえば特定の地域で人気のある商品やサービスを宣伝する場合、その地域の交通機関を利用して広告を出すことで、より効果的にターゲットにアピールすることが可能です。

動画広告を活用する際の注意点

動画広告を活用する際の注意点は以下の4つです。これらの内容に注意して動画広告を活用するようにしましょう。

ターゲットを明確にする

動画広告はターゲットを明確にすることが重要です。どのような人に広告を見てもらいたいのか、その人たちの興味やニーズに合わせた内容を制作することが必要です。

ターゲットを明確にしないとせっかく作成した動画広告を誰も見てくれず、制作費が無駄になる可能性があるでしょう。

ターゲットに合わせた動画広告を作成する

動画広告を作成する際には、ターゲットに合わせた広告を作ることが重要です。まず、ターゲットとなる人々の属性や興味関心を把握しましょう。たとえば若い世代に向けた広告ならば、流行の音楽やトレンディな映像を取り入れると効果的です。

また年配の方に向けた広告ならば、落ち着いた音楽やわかりやすい説明をすることが大切です。さらにターゲットが広告に反応するように工夫しましょう。たとえば広告の最後には商品の購入やサイトへのアクセスを促す呼びかけを入れると効果的です。

ターゲットに合わせた動画広告を作成することで、より効果的な広告展開が可能となります。しっかりと計画を立てて、ターゲットに訴求する広告を作りましょう。

最初の5秒間にとくに注意してストーリーをしっかりと作る

動画広告を活用する際にとくに注意すべきポイントは、最初の5秒間に注目です。なぜなら視聴者は多くの広告に接しているため、その最初の5秒間で興味を引かなければ、スキップボタンを押してしまう可能性が高いからです。

そのため動画広告を作成する際には、最初の5秒間でストーリーをしっかりと構築しなければなりません。視聴者に興味を持ってもらうためには、具体的な問題や課題を提示し、その解決策やメリットを示すことが効果的です。

たとえば商品やサービスの特徴や利点を短くわかりやすく伝えられます。また実際の利用者の声や成功事例を紹介することも有効です。これにより、視聴者は自分自身の問題やニーズに共感し、広告に興味を持つでしょう。

最初の5秒間で視聴者の興味を引ければ、その後の広告のメッセージを伝える時間を確保できます。視聴者が広告を最後まで見ることで、商品やサービスに対する理解や関心が深まり、購買意欲の高まる可能性があります。

動画広告を効果的に活用するためには、最初の5秒間にとくに注意し、視聴者の興味を引くストーリーをしっかりと作ることが重要です。

動画広告は定期的に見直しをする

動画広告は定期的に見直しをすることも大切です。視聴者の嗜好やトレンドは常に変化しているため、効果的な広告を作り続けるためには、常に最新の情報を把握し、広告を改善していく必要があります。

動画広告は、効果的な広告手法の一つですが、注意点を押さえながら活用することが重要です。視覚的な情報を活用し、ターゲットとなる視聴者にアプローチすることで、広告の効果を最大限に引き出せます。定期的な見直しを行い、常に最新の情報を反映させることで、より効果的な広告を作り続けられます。

まとめ

ここまで動画広告のメリットと活用する際の注意点について解説してきました。動画広告は多くの企業が活用しており、効果も高いですが、活用の仕方を間違えると費用だけがかかってしまい、効果がない場合もあります。

自社で作成することが難しい場合は外注するのもひとつの方法です。その分費用はかかりますが、ノウハウがない状態で、自社で作成するよりも効果は期待できるでしょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!