0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

セールステックとは?セールステックで使われるツールと営業マンに求められる能力について解説

セールステック

セールステックという言葉を聞いたことがあるでしょうか。セールステックは商品やサービスの販売を支援するシステムやツールのことです。現在、多くの企業でセールステックを導入しています。

ここではセールテックの説明だけではなく、セールステックの7つのカテゴリーとセールステックで使われるツールについて解説します。

 

セールステックとは

セールステックとは、セールス(販売)を支援するためのテクノロジーのことです。近年、ビジネスの世界では、セールスプロセスを効率化し、売上を向上させるためにさまざまなテクノロジーソリューションが開発されています。

セールステックが必要とされる背景には、競争が激化している市場環境や、顧客の購買行動の変化があります。たとえばインターネットの普及により、顧客は情報を簡単に入手できるようになり、商品やサービスに対する選択肢も増えました。その結果、企業はより効果的なセールス戦略を立てる必要が生じました。

セールステックが必要とされる背景

セールステックが必要とされる背景には、現代のビジネス環境の変化があります。インターネットやスマートフォンの普及により、消費者の行動パターンが大きく変化しました。購買行動のほとんどはオンラインで行われるようになり、情報へのアクセスが容易になっています。

この変化により、企業は効果的なセールス戦略を展開する必要性を感じるようになりました。セールステックは、そのようなニーズに応えるために開発されたツールやソフトウェアの総称です。

セールステックは顧客情報の収集や分析、営業活動の効率化、顧客とのコミュニケーションの強化など、さまざまな機能を持っています。これらの機能は、企業のセールスチームが効果的な営業活動を行うために必要な要素です。

また競争が激化している市場では、セールステックを活用することで、競合他社との差別化を図れます。顧客のニーズを把握し、的確なアプローチを行えれば、より多くの顧客を獲得できるでしょう。

以上のような理由から、セールステックは現代のビジネスにおいて重要な存在となっています。企業が競争力を維持し、成長するためには、セールステックの活用が欠かせません。

セールステックの市場規模

セールステックの市場規模については、セールスエンゲージメントのソフトウェア市場の規模によってもわかります。「FACT.MR の調査」によると、世界のセールスエンゲージメントソフトウェアの市場規模は、22年からの10年間に14.9%の年平均成長率(CAGR)が予測されています。

順調に拡大すれば、32年には市場規模は296億ドルに達するとのことです。日本においても年平均成長率は13.3%と見込まれており、32年には18億ドルにもなると言われています。それだけ市場規模は拡大する可能性が高いと言われているわけです。

セールステックの7つのカテゴリー

セールステックには、以下の7つのカテゴリーがあります。これら7つのカテゴリーでツールやサービスが販売されています。

1.営業活動を効率化する営業加速
営業プロセスを改善し、加速させるためのツールやサービス

2.顧客情報を管理する顧客関係管理
顧客情報を収集・管理し、営業活動に活用するためのツールやサービス

3.顧客満足度を向上させるカスタマーサポート
顧客満足度を向上させるためのツールやサービス

4.購買活動に付加価値を提供する顧客体験
購買活動において、顧客に付加価値を提供するためのツールやサービス

5.顧客との関係性を強化するコンタクト・コミュニケーション
顧客との関係性を強化するためのツールやサービス

6.営業人材を育成する人材開発・コーチング
営業人材を育成するためのツールやサービス

7.営業データを分析するインテリジェンス・解析
営業データを分析し、営業活動に活用するためのツールやサービス

セールステックで使われるツール

セールステックとして使われるツールとしては、主に以下の5つになります。

BIツール

BIツールはビジネスインテリジェンスツールの略で、企業がビジネスの意思決定や戦略策定に役立てるためのソフトウェアです。

BIツールは、企業が蓄積した大量のデータを効果的に分析し、可視化できます。これにより、経営者やマネージャーは迅速かつ正確な情報を得られ、意思決定の質を向上させられるわけです。

BIツールにはさまざまな機能やカテゴリーがあります。主なものとしてはデータの抽出・変換・読み込み(ETL)、データの可視化、ダッシュボードの作成、レポートの作成などです。

またBIツールはデータ分析のみならず、予測分析やデータマイニングなどの高度な機能も備えています。これにより、企業は市場動向や顧客の傾向を把握し、将来のトレンドを予測できます。

BIツールは、企業の競争力を向上させるために欠かせないツールです。データを有効活用し、迅速な意思決定を行うことで、企業の成長や競争優位性の確保につながります。

MAツール

セールステックの中でも、MAツールは非常に重要なカテゴリーです。MAとは、マーケティングオートメーションの略で、マーケティング活動を自動化するためのツールです。

MAツールを使うことで、企業は効果的なマーケティング戦略を展開できます。たとえば顧客の行動や興味に基づいて、自動的にメールやSNSの投稿を送れます。これにより、顧客との関係を強化し、購買意欲を引き出せるわけです。

またMAツールは顧客の情報を収集し、分析する機能も備えています。顧客の行動や購買履歴などのデータを分析することで、より効果的なマーケティング施策を展開することが可能です。

さらにMAツールはリードジェネレーションにも役立ちます。ウェブサイトの訪問者の情報を収集し、興味を持っていると思われる人に対して自動的に情報を提供できるわけです。これにより、購買意欲の高いリードを獲得できます。

MAツールは効果的なマーケティング活動を支援するための重要なツールです。企業が顧客との関係を強化し、売上を増やすためには、MAツールの活用が欠かせません。

CRMツール

CRMツールは、顧客関係管理ツールの略称です。顧客との関係を効果的に管理し、ビジネスの成果を最大化するために利用されます。このツールは、企業が顧客とのコミュニケーションを円滑に行い、顧客のニーズや要望を把握するのに役立ちます。

CRMツールの重要なカテゴリーの一つは、顧客情報管理です。顧客の基本情報や購買履歴などを一元管理し、スムーズな顧客対応が可能になります。また営業活動の効率化を図るための営業支援機能も重要なカテゴリーです。営業担当者は、顧客とのコミュニケーション履歴やタスク管理などを効果的に行えます。

さらにマーケティング支援機能も欠かせません。CRMツールを活用することで、顧客の嗜好や行動を分析し、ターゲットとなる顧客に対して的確なマーケティング施策を展開することが可能です。

その他にも、顧客サポートの改善や顧客満足度の向上を目指すためのカテゴリーもあります。顧客からの問い合わせやクレームを迅速かつ適切に対応することは、企業の信頼性を高めるために重要です。

CRMツールは、ビジネスにおいて顧客との関係を重視する企業にとって欠かせないツールとなっています。顧客との信頼関係を築き、ビジネスの成果を最大化するために、積極的に活用されるべきです。

SFAツール

SFAツール(セールスフォースオートメーション)は、セールステックの一種であり、営業活動を効率化するためのツールです。セールスフォースオートメーションとは、営業活動の自動化という意味です。

SFAツールは顧客情報の管理や見積もり作成、契約管理、営業活動の進捗管理など、さまざまな機能を持っています。これにより、営業担当者は時間を節約し、より効果的に営業活動に取り組めます。

SFAツールの重要な特徴の一つは、顧客情報の一元管理です。顧客の連絡先情報や購買履歴などを一つのデータベースにまとめることで、営業担当者は顧客との関係をより深められます。また見積もりや契約書の作成も簡単に行えます。

さらにSFAツールは営業活動の進捗管理も可能です。営業担当者は、自分のタスクや予定を管理し、営業活動の進捗状況を把握できます。これにより、営業チーム全体の効率を向上させられます。

SFAツールは、営業活動の効率化に役立つ重要なツールです。営業担当者がより効果的に働けるため、企業の売上向上につながると言われています。セールステックの一環として、SFAツールは今後もますます重要性を増していくでしょう。

オンライン商談ができるツール

オンライン商談ができるツールは、営業担当者が顧客と対話し、製品やサービスの情報を提供するために使用されます。これにより、地理的な制約を超えて顧客とのコミュニケーションが可能です。

オンライン商談ツールの一つには、ビデオ会議ツールがあります。ビデオ会議ツールを使用すると、営業担当者と顧客が顔を見ながらコミュニケーションを取れます。また画面共有機能を使用して、製品やサービスのデモンストレーションを行うことも可能です。

さらにチャットツールもオンライン商談に活用されます。営業担当者と顧客がリアルタイムでメッセージをやり取りすることで、疑問や質問に迅速に回答可能です。

オンライン商談ができるツールは、営業活動の効率化や生産性向上に貢献します。顧客とのコミュニケーションを円滑に行い、より多くの商談を進められるため、営業成績の向上にもつながります。

セールステックの中でも、オンライン商談ができるツールはとくに重要なカテゴリーの一つです。営業担当者や企業が積極的に導入し、顧客との関係構築やビジネスの成果を向上させるために活用することが求められています。

セールステックを効果的に使うために営業マンに求められる能力とは

セールステックを効果的に使うためには、営業マンにはいくつかの能力が求められます。

まず営業マンは顧客とのコミュニケーション能力が必要です。セールステックを使っても、顧客との信頼関係を築くことが重要です。営業マンは顧客のニーズを理解し、適切な提案をするために、良いコミュニケーション能力を持つ必要があります。

次に営業マンはデータ分析能力が求められます。セールステックは大量のデータを収集し、分析できますが、それを活用する能力が必要です。営業マンはデータを分析し、顧客の傾向やニーズを把握することで、効果的な営業戦略を立てられます。

さらに営業マンはセールステックの使い方を熟知していなければなりません。セールステックはさまざまな機能を持っていますが、それを使いこなせる営業マンが成功します。営業マンはセールステックのトレーニングを受け、使い方をマスターすることで、効果的な営業活動を行えるでしょう。

セールステックを効果的に使うためには、営業マンにはコミュニケーション能力、データ分析能力、そしてセールステックの使い方を熟知する能力が求められます。これらの能力を持つ営業マンは、より効果的な営業活動を行えるでしょう。

まとめ

ここまでセールステックの必要性や7つのカテゴリー、ツールについて解説してきました。セールステックを使った営業はもはや一般的です。そのなかでいかに成果を上げるかは、営業マンの能力に関係してきます。

コミュニケーション能力や分析スキルが向上するように、企業としても研修等の機会を設けていく必要があるでしょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!