0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

SNSはSEOに効果があるの?SNSとSEOの関係とは

SNSはSEOに効果があるの?SNSとSEOの関係とはの画像

 

企業としてSNSのアカウントを持っているのが一般的になっています。しかしSNSによって拡散されることでSEOの効果はあるのでしょうか。この記事では、SNSとSEOの関係だけでなく、SNSをどう使えばSEOの効果があるのかについて紹介します。

 

SNSとSEOは関係あるの?

SNSとSEOは関係があるのでしょうか。SNSとSEOは直接的には関係がありません。SEOの評価基準のひとつに被リンクがあります。SNSでもよくリンクの貼られている投稿がありますよね。

しかしそうしたSNSの投稿のリンクは被リンクとして扱われません。その理由としては「nofollow」になっているためです。そのためSNSでいくら拡散されても直接的なSEO効果は望めないわけです。

SNSによるサイテーションとSEO

SNSはSEOに直接的な影響はもたらしません。しかし間接的な効果はあります。その効果がサイテーションです。サイテーションとは会社名やサービスに言及されることです。その結果、より多くの人がサイトを訪れるようになり、被リンクにもつながります。

多くの人が訪れるサイトは、ユーザーにとっても有益なサイトです。そのためGoogleとしても評価すると考えられます。

SEOに効果をもたらす各SNSの特徴

SNSはSEOに間接的に効果をもたらすことはすでに述べましたが、SNSと一言で言っても、それぞれのSNSによって特徴が違います。ここでは代表的な3つのSNSの特徴を紹介します。

・Instagram

Instagramは写真を投稿するSNSで、若者の多くが活用しています。飲食店を検索する際には、Instagramで検索する方も多いようです。そのためInstagramを活用する際にはハッシュタグが重要になっています。

他のInstagramの投稿を見てみるとわかりますが、Twitterに比べてハッシュタグの数は多いです。Instagramで投稿する際にはハッシュタグを30個ぐらいつけるようにしましょう。

Instagramは拡散力が高いSNSではありませんが、インフルエンサーが誕生するなど、フォロワーが得やすいSNSです。長期的に運用してフォロワーを獲得していきましょう。

・Twitter

Twitterは拡散力の高いSNSです。文字情報がメインなので、キャンペーンなどの情報を伝えるのに役立ちます。またTwitterを使ってお客様と直接やり取りをする企業もあります。

お客様の声を直接聞けるSNSであることは間違いありません。ただしTwitterの場合、炎上リスクが常にあります。炎上しないように注意しながら、運用していきましょう。

Twitterの場合、Instagramと違ってハッシュタグはあまり付けません。付けても2、3個です。Twitterの場合はフォロワーとのやり取りをしっかりすること、運用を長期的に行うことが重要です。

炎上には気をつけながら、定期的に投稿していきましょう。

・Facebook

Facebookは実名制のSNSで拡散力は高くありません。利用者の年齢層は高く、年齢層が高い人に訴求するには最適なSNSです。またイベントを立ち上げたり、問い合わせを受けたりも可能です。

すでにいる固定客に向けて訴求するには最適なSNSです。こちらも定期的に運用しながら、ファンを増やしていきましょう。

SNSでサイテーションを獲得する方法

サイテーションを獲得するために必要なことは何でしょうか。ここでは4つ紹介します。

・投稿の中身を充実させる

投稿の中身を充実させれば、その投稿に言及してくれる人も増えます。では投稿の中身を充実させるためにはどのようにすればよいでしょうか。その方法は自社の専門性に特化した内容にすることです。

自社の専門性に特化した内容を発信し続けると、その専門に近い人たちがフォローして拡散してくれるようになります。結果としてサイテーションが獲得できるわけです。また中身だけでなく、投稿する時間帯も考えてみましょう。

同じ内容でも投稿する時間帯によって反応率が変わります。たとえば通勤時間帯の方がスマホを使っているユーザーが多いため、反応率がよくなります。このように中身を充実させたいうえで、時間帯を考えて投稿しましょう。

・フォロワーを増やす

サイテーションを獲得するためにはフォロワーを増やす必要があります。フォロワーが増えれば、自身の投稿に言及してもらえる可能性は高まります。フォロワーを増やすためには、有益な情報を流すだけでなく、自分からフォローする必要もあるでしょう。

自分からフォローすることで相手もフォローしてくれる可能性が高いです。とくに、はじめたばかりのアカウントが一気にフォロワーを増やすのは難しいわけですから、積極的にフォローしていくことをオススメします。

・ハッシュタグをつける

ハッシュタグをつけることで投稿に言及してもらいやすくなります。とくにインスタグラムはハッシュタグで検索する人が多いため、多くのハッシュタグをつけるのが一般的です。「いいね」や「リツイート」など言及されている数が多い投稿を参考に、ハッシュタグをつけましょう。

・SNSボタンをつける

ブログなどの記事には必ずSNSボタンをつけましょう。SNSボタンにはツイッターやFacebookなど、ほとんどボタンがあります。SNSボタンがあるだけで気軽にその記事を拡散しようと思うわけです。

もちろんSNSボタンがなくても、記事を拡散することはできます。しかしひと手間かかるため、そこまでして拡散しようとは思わないわけです。ぜひSNSボタンを設置しましょう。

YouTubeが検索結果の上位に来る場合も

Googleで検索すると動画が検索結果の一番上に表示されることがありませんか?なぜYouTubeがGoogleの検索結果の上位に出るかというと、検索したキーワードに対して、動画の需要があるからです。

そのため検索ワードによっては動画コンテンツを作成して、自社のホームページに誘導する方が良い場合もあります。最近ではどの企業も動画コンテンツに力を入れています。

SEOの観点からだけでなく、自社のサービスをアピールするためにも動画コンテンツを作成することをオススメします。

SEOに効果をもたらすためには継続的なSNS運用が大事

SNSのアカウントは無料で簡単に作れるため、多くの企業のアカウントが存在しています。しかしそれらのアカウントを継続的に運用している企業は意外と少ないのが実情です。SNSを毎日更新するのは手間ですし、効果が出るまで時間がかかるからです。

しかしSNSのアカウントは情報発信をして言及されれば、SEOに効果的なのはまちがいありません。とくにSEO単体での対策が難しい中、SNSはうまく活用すべきです。ぜひうまくSNSを活用してください。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

そのためオンラインだけでなく、オフラインの集客にも最適なツールだと言えます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!