0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

Yahoo! JAPANの検索エンジンが変更の可能性

検索エンジン

 

Yahoo! JAPANの検索エンジンに変更の可能性があると報じられました。現状ではGoogleの検索エンジンを採用していますが、2025年の3月末に契約が切れるので、その際に変更する可能性があるようです。

ではどの検索エンジンに変更するのでしょうか。この記事ではYahoo! JAPANの検索エンジンの歴史とシェアを踏まえて解説します。

 

 

Yahoo! JAPANの国内シェアは?

以下のグラフをみてみるとわかりますが、Googleが圧倒的なシェアを誇っています。2023年11月の時点で、Googleが75.59%であるのに対し、Yahoo!は14.2%です。Bingはさらに低い8.98%しかありません。

検索エンジンのシェア

出典:Statcounter

世界規模でみてもGoogleは圧倒的で2023年11月時点で91.54%のシェアを誇っています。このようにGoogleが一人勝ちの様相を呈しており、SEOと言えばGoogleの検索エンジンに対する対策だと言っても過言ではありません。

Yahoo! JAPANの検索エンジンの歴史

Yahoo! JAPANの検索エンジンは、日本国内で最も人気のある検索エンジンの一つです。その歴史は古く、1996年にYahoo! JAPANが設立されたときに、最初のバージョンの検索エンジンがリリースされました。

当初のYahoo! JAPANの検索エンジンは、日本語のキーワードを使って検索できましたが、検索結果の精度や速度はまだ改善の余地があったのです。しかしその後の数年間で、技術の進歩により、Yahoo! JAPANの検索エンジンは大幅に改善されました。

2000年代に入ると、Yahoo! JAPANはGoogleとの提携を結び、Googleの検索エンジン技術を導入しました。これにより、Yahoo! JAPANの検索エンジンはさらに高度な機能と精度を持つようになったのです。

その後も、いったん独自の検索エンジンを採用しましたが、フタタに2010年からGoogleの検索エンジンを採用しています。2010年当時はYahoo! JAPANは検索エンジンの国内シェアトップでした。

2位はGoogleでしたので、1位と2位が手を組むため、Googleの一極集中となり、日本のインターネット検索サービスに大きな影響を与えると話題になりました。

Yahoo! JAPANの検索エンジンの変更先の候補は?

Yahoo! JAPANの検索エンジンの変更先の候補としてはどこがあるのでしょうか。候補としてまず考えられるのがBingです。Google以外で検索エンジンとして日本で認知されているのはBingでしょう。

またBingはAIを搭載しており、ChatGPTが利用できます。AIを活用した検索は今後、当たり前のように利用されるはずです。そういう意味でもChatGPTを採用しているBingが候補として考えられるでしょう。

もうひとつ候補として上げられるのが韓国のNAVERです。NAVERはZホールディングスグループに属しており、Yahoo! JAPANと同じグループです。そのため経営や技術資源の効率化のためにNAVERに切り替える可能性が高いと言われています。

実際に2023年5月からNAVERへ検索関連のデータを提供しています。ただユーザーに周知していなかったとして、行政指導を受けたのです。こうした状況からもNAVERへの移行が考えられますが、まだ契約期間があるので、最後までわからないでしょう。

その他の検索エンジンの状況は?

2023年の大きな出来事としては、サムスンがGoogleからBingに検索エンジンを変更するという話が出ていました。ただ結局、Bingには変更せずにGoogleを継続することになったのです。

当初サムスンが検索エンジンをBingに変更したとしても、ほとんどのユーザーが、サムスンのスマホにインストールされている、Google chromeのアプリを使用すると考えていました。そのため大きな影響はないとしていたのです。

しかしBingに変更した場合の影響が想像以上に大きいと予想されたことにより、今回の変更は見送られたと言われています。しかしBingへの変更について今後も検討課題のままであり、今後、変更される可能性はあるようです。

まとめ

ここまでYahoo! JAPANの検索エンジンがGoogleから変更されることに関して、説明してきました。まだ契約期間があるのでどうなるかはわかりませんが、NAVERへの移行も検討しているため、今後、どうなるかはわかりません。

Google一強時代が続いているので、今後もその流れが続くのか、それとも大きく変わるのか、注目していきましょう。 

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

 

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!