0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

クラウドPBXとは?導入するメリットと注意点について解説

クラウドPBX

 

クラウドPBXをご存じでしょうか。クラウドPBXはクラウド上で動作する電話交換機のことで、インターネット経由で通話ができるシステムです。

クラウドPBXにはメリットが多くあります。この記事ではクラウドPBXのメリットだけでなく、導入する際の注意点についても解説します。

 

クラウドPBXとは

クラウドPBXとは、クラウド上で動作する電話交換機のことです。PBXは、Private Branch Exchangeの略で、企業内での電話通信を管理するためのシステムになります。

クラウドPBXは、企業の通信環境を効率化し、コスト削減や柔軟性の向上を実現するための有用なツールです。ただし導入前にはメリットと注意点をしっかりと把握し、適切な対策を講じる必要があるでしょう。

PBXとクラウドPBXの違い

従来のPBXは、企業内に専用のハードウェアを設置し、電話回線を接続していました。一方、クラウドPBXは、インターネットを通じて提供されるPBXの形態です。つまりハードウェアを自社で保有する必要がなく、インターネット経由で通信を行えます。

従来のPBXは、企業内に設置された物理的な機器で動作していましたが、クラウドPBXはインターネット経由で提供されるため、物理的な機器の設置やメンテナンスが不要です。そのためコスト削減にもつながります。

クラウドPBXを導入するメリット

クラウドPBXを利用することで、以下のようなメリットがあります。

メンテナンスの必要がない

クラウドPBXは、ビジネスにおいて電話通信を管理するための便利なツールです。PBXは、電話の内線通信を管理し、通話のルーティングや転送、音声メッセージの管理などを行います。従来のPBXは、オンプレミスで設置され、定期的なメンテナンスやアップデートが必要でしたが、クラウドPBXはその必要がありません。

クラウドPBXは、インターネットを通じて提供されるため、サービスプロバイダーがメンテナンスやアップデートを行います。これにより、自社のリソースをPBXのメンテナンスに費やす必要がなくなります。またクラウドPBXはスケーラブルなソリューションであり、ビジネスの成長に合わせて柔軟に拡張することが可能です。

さらにクラウドPBXはセキュリティにも優れています。サービスプロバイダーはデータセンターでのセキュリティ対策を行い、データの保護を確保します。これにより、ビジネスは自社でセキュリティ対策を行う必要がありません。自社で管理できる人材を割けない場合、大きなメリットとなるでしょう。

設定の変更が簡単にできる

従来のPBXと比べて、クラウドPBXは設定の変更が簡単にできるという特徴があります。

クラウドPBXの最大のメリットは、柔軟性です。従来のPBXでは、新しい機能を追加するためには専門の技術者が必要であり、時間とコストがかかりました。しかしクラウドPBXでは、インターネット経由で設定を変更できます。たとえば新しい電話番号を追加したり、通話ルールを変更したりできます。

さらにクラウドPBXはスケーラブルなシステムです。ビジネスが成長するにつれて、追加の電話回線や機能を簡単に追加することが可能です。これにより、ビジネスの拡大に合わせて通信環境を柔軟に対応させられます。

ただしクラウドPBXを導入する際にはいくつかの注意点もあります。たとえばインターネット接続が安定していることやセキュリティ対策が、十分であることが重要です。またサービス提供会社の信頼性やサポート体制も確認する必要があります。

クラウドPBXは、ビジネスの電話通信を効率的に管理するための優れたツールです。柔軟性とスケーラビリティを兼ね備えており、導入する際には注意点を押さえながら活用することが重要です。

コストの削減ができる

クラウドPBXは、企業にとって費用を削減する手段として注目されています。従来のPBXは企業が自社内で通信システムを構築・運営する必要があり、設備やメンテナンスに多額の費用がかかりました。しかしクラウドPBXはインターネットを通じて提供されるため、自社内に設備を保有する必要がありません。

このようなクラウドPBXの利点は、まず初期投資の削減です。自社で通信システムを構築する場合、設備やソフトウェアの購入に大きな費用がかかりますが、クラウドPBXでは、月額料金の支払いだけで利用することが可能です。またクラウドPBXはメンテナンスやアップデートも提供元が行ってくれるため、企業側での手間や負担が軽減されます。

さらにクラウドPBXはスケーラブルなシステムであり、必要な通信回線や機能を柔軟に追加・変更することが可能です。従来のPBXでは、追加の設備やソフトウェアを購入する必要がありましたが、クラウドPBXでは、必要に応じて容易に拡張できます。

このように、クラウドPBXは企業にとってコストを削減するだけでなく、柔軟性や利便性もあります。これらの利点から、多くの企業がクラウドPBXを導入し、業務効率の向上や競争力の強化を図っているわけです。

外出先でも会社の電話番号で通話可能

クラウドPBXは、外出先でも会社の電話番号で通話ができる便利なシステムです。

従来の電話システムでは、会社にいないと社内の電話番号で通話できませんでした。しかしクラウドPBXを導入することで、外出先でもスマートフォンやパソコンを使って会社の電話番号で通話できるようになります。

このシステムのメリットはいくつかあります。まず、外出先でも会社の電話番号で通話できるため、顧客や取引先からの電話を逃すことがありません。また通話料金も従来の電話回線よりも安くなる場合があります。

さらにクラウドPBXは柔軟性があります。たとえば転送設定や自動応答など、さまざまな機能をカスタマイズすることが可能です。

ただし、注意点もあります。クラウドPBXはインターネットに接続されている必要がありますので、インターネットの通信状況によっては通話の品質が低下することがあります。また、セキュリティ対策も重要です。クラウド上に保存される通話データは、適切な暗号化やアクセス制限が行われていることを確認しましょう。

クラウドPBXの導入は、外出先でも会社の電話番号で通話したいというニーズがある場合に便利です。メリットと注意点をしっかりと把握し、適切な導入を検討しましょう。

導入が早くできる

クラウドPBXの導入は非常に迅速です。従来の電話システムでは、専門の技術者が配線や設定を行う必要がありました。しかしクラウドPBXではインターネット経由で簡単に設定できます。そのため、導入までの時間が大幅に短縮されます。

またクラウドPBXはハードウェアを必要としないため、新たな機器を購入する必要もありません。既存のコンピュータやスマートフォンを活用することで、コストを抑えながら導入できます。

さらにクラウドPBXは柔軟性があります。必要に応じて電話番号を追加したり、メニューオプションを変更したりすることが可能です。これにより、事業の成長や変化に合わせてシステムを自由にカスタマイズできるわけです。

クラウドPBXの導入は迅速かつ柔軟なので、多くの企業や組織が利用しています。ビジネスの効率化やコミュニケーションの改善を目指すなら、クラウドPBXの導入を検討してみる価値があります。

電話取次ぎのコストが減らせる

クラウドPBXの導入により、企業は電話取次ぎのコストを大幅に削減できます。

従来の電話システムでは、企業は自社内に電話交換機を設置し、それによって電話の取次ぎや転送を行っていました。しかしこのシステムは高額な設備投資や保守費用が必要であり、さらに拡張やアップグレードも困難でした。

一方、クラウドPBXはインターネットを通じて提供されるため、企業は自社内に設備を持つ必要がありません。そのため設備投資や保守費用が不要となり、コスト削減につながるでしょう。

またクラウドPBXは柔軟性にも優れています。従来の電話システムでは、拡張や移転が煩雑で時間がかかりましたが、クラウドPBXでは簡単に行えます。さらに複数の拠点を持つ企業でも、一つのシステムで統一的に電話の管理ができるため、効率的な業務運営が可能です。

クラウドPBXの導入には注意点もあります。セキュリティ対策や信頼性の確保などには十分な注意が必要です。またインターネット回線の品質にも依存するため、通信環境の整備も重要になります。

クラウドPBXは電話取次ぎのコスト削減や業務効率化に役立つシステムですが、導入前には十分な検討と準備が必要です。

社員同士の通話に料金がかからない

クラウドPBXは、インターネットを介して音声通話を行うため、通話料がかからないのが特徴です。従来の電話回線では、社内の通話でも通信料が発生していましたが、クラウドPBXを導入することで、通信費の削減が可能です。

さらにクラウドPBXは機能が豊富で、社内外の通話をシームレスにつなげられます。たとえば社員同士の通話だけでなく、顧客との電話や、海外との国際電話も簡単に行うことが可能です。

またクラウドPBXは柔軟性も高く、必要に応じて拡張できます。社員数が増えた場合や、新しい機能を追加したい場合でも、迅速に対応することが可能です。

ただしクラウドPBXを導入する際には注意点もあります。セキュリティ対策や運用管理など、しっかりと対策を行う必要があります。また通信環境によっては音声の遅延や途切れが生じることもあるので、十分な帯域幅を確保することも重要です。

クラウドPBXの導入にはメリットがありますが、注意点もあるため、導入を検討する際には十分な情報収集と検討が必要です。

クラウドPBXを導入する際の注意点

クラウドPBXには多くのメリットがありますが、導入する際には注意すべき点があります。

緊急通報には利用できない

クラウドPBXは、ビジネスにおいて非常に便利な通信システムですが、緊急通報機能は利用できません。そのため緊急時には、直接に通報する手段が必要です。

クラウドPBXは、インターネットを通じて音声通話やビデオ通話を行うため、電話番号の場所に関係なく通信が可能です。しかし緊急通報は、通報する場所の正確な情報が必要になります。クラウドPBXでは、通話がインターネットを経由するため、通報する場所を正確に特定できません。

そのため緊急通報が必要な場合は、クラウドPBXを使用せず、従来の電話回線を利用することが重要です。従来の電話回線では、通話が直接に通信事業者の設備を通じて行われるため、通報する場所を正確に特定できます。

ビジネスにおいては、クラウドPBXの利便性を活かしつつ、緊急時には従来の電話回線を併用することが重要です。安全な通信環境を確保するためにも、緊急通報機能を備えたシステムの導入を検討することがオススメです。

電話番号が引き継げないことがある

クラウドPBXは、電話番号の引き継ぎができないことがあります。クラウドPBXを導入する際には、現在使用している電話番号が引き継げない場合があるため、事前に確認が必要です。電話番号が変わると不便ですので、必ず確認するようにしましょう。

インターネット回線のため音質が悪いこともある

クラウドPBXは、インターネットを通じて音声通信を行うシステムです。しかしインターネット回線の品質によっては、音声の品質が悪くなることもあります。

クラウドPBXを導入する際には、インターネット回線の速度や安定性に注意しなければなりません。速度が遅い場合や、回線が不安定な場合は、通話中に音声が途切れたり、相手の声が聞き取りづらくなることがあります。

またインターネット回線を共有している場合は、他の利用者の通信量や利用状況によっても音声の品質が影響を受けることがあります。とくに混雑時間帯や大規模なデータの送受信が行われている場合は、通話品質が低下するかもしれません。

そのためクラウドPBXを導入する場合は、インターネット回線の品質を確認し、十分な帯域を確保することが重要です。また通信環境の改善やバックアップ回線の準備など、万が一のトラブルに備える必要もあります。

クラウドPBXを利用することで、柔軟な通信環境を構築できますが、音声品質に影響を与える要素にも注意が必要です。適切な準備と管理を行うことで、円滑な音声通信を実現しましょう。

毎月のランニングコストがかかる

クラウドPBXは、ビジネスにおいて便利で効果的な通信システムですが、注意が必要な点もあります。その一つが、毎月のランニングコストです。

クラウドPBXは、インターネットを通じて通信を行うため、通信料やデータ利用料が発生します。またクラウドサービスを提供する会社に対しても利用料が必要です。これらの費用は、毎月の使用量や契約内容によって異なりますが、一定の負担がかかることは避けられません。

一方、従来のPBXシステムは、一度設置すればランニングコストはほとんどかかりません。ただし設置費用や保守費用などは発生しますが、月々の利用料はほぼ不要です。

したがって、クラウドPBXを導入する際には、毎月のランニングコストを考慮する必要があります。とくに通信量が多いビジネスや大規模な組織では、費用が膨らむ可能性があるでしょう。

ただし、クラウドPBXには多くのメリットもあります。柔軟な拡張性やセキュリティの向上など、ビジネスにとって重要な要素を提供してくれます。そのためランニングコストを抑えつつ、効果的な通信システムを構築する方法を検討することが重要です。

結論として、クラウドPBXは毎月のランニングコストがかかる一方で、ビジネスにとって重要な機能を提供してくれるものです。慎重に検討し、自社のニーズに合った通信システムを選択しましょう。

FAXが使えない場合がある

クラウドPBX(クラウドベースの電話交換システム)は、ビジネスにとって非常に便利なツールです。しかしクラウドPBXを使用する際には、FAXを送受信できない場合があります。

FAXは古い技術ではありますが、まだ多くのビジネスで使用されています。とくに法律事務所や医療機関など、機密情報を扱う場所では、FAXが必要な場合があるでしょう。

クラウドPBXは、インターネットを介して音声通話を行うため、デジタルデータとして扱われます。そのため、FAXのアナログ信号をデジタルデータに変換する必要があります。一部のクラウドPBXサービスは、この変換をサポートしていません。

FAXが必要な場合、クラウドPBXを導入する前に、サービス提供者にFAXの利用が可能かどうかを確認することが重要です。またFAXを使用する必要がある場合は、別途FAX機器を導入することも考慮してください。

クラウドPBXは、ビジネスにとって非常に便利なツールですが、FAXが必要な場合は、その点に注意して利用する必要があります。ビジネスの要件に合わせて最適な通信ツールを選択することが重要です。

まとめ

ここまでクラウドPBXのメリットとデメリットについて解説してきました。クラウドPBXにはメリットだけでなく、デメリットもあります。メリットとデメリットを比較して、導入する場合はメリットを生かして活用してみましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!