0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

オンライン営業のメリットとデメリットは?始め方と必要なツールについても解説

オンライン営業

 

オンライン営業とは非対面で行う営業のことで、Zoomなどのウェブシステムを活用した手法です。リモートワークが定着し、オンライン営業を実施している企業も増えています。オンライン営業はメリットだけではありません。デメリットや課題も考慮に入れて行う必要があります。

この記事ではオンライン営業のメリット・デメリットだけでなく、実施の手順や成功させるポイントについて解説します。

 

 

オンライン営業とは

オンライン営業とはZoomなどのウェブシステムを活用した非対面の営業です。リモートワークを取り入れる企業が多い中、自宅でも営業活動ができるというメリットがあります。また今までのように先方の会社に出向く必要もなく、時間やコストの削減になります。

オンライン営業のメリット

オンライン営業には以下のようなメリットがあります。

移動時間や交通費が削減できる

オンライン営業は営業先に出向いて営業する必要がないため、移動時間と交通費の削減になります。今までは営業先が3件あれば、それだけでかなりの移動時間がかかっていました。交通費もそれだけかかります。そうしたコストが削減できるのは大きなメリットです。

スケジュールの確保がしやすい

オンライン営業の場合、移動時間の確保も必要なく、隙間時間での商談も可能です。そのためスケジュールを組みやすいというメリットがあります。最初の商談日程がスムーズに決まると、成約までの時間が短縮されます。時間が無駄にならないのも大きなメリットでしょう。

営業範囲が広がる

オンラインの場合、営業先に出向く必要がないため、営業範囲が広がります。ウェブサービスなど、全国で利用できるサービスであれば、営業範囲は日本全体です。訪問して営業する場合、全国を対象にするのはなかなか難しいでしょう。

とくに中小企業はコストがかかりすぎてできませんでした。オンライン営業を実施することで、中小企業でも全国が営業範囲になるでしょう。

会議の様子を録画できる

オンライン営業であれば、会議の様子を録画できます。そのためベテランであれば営業マン育成の資料として、新人であれば営業内容の確認として記録できます。ベテランの営業マンが実際にどのように契約を取っているかの資料は、新人営業マンには役に立つでしょう。

録画であれば後で見返すことが可能で、同席する必要がありません。そのため複数のベテラン営業マンのやり取りについて勉強できるメリットがあります。また新人営業マンの記録は上司と見返すことで、改善点を見つけることにも役立ちます。

オンライン営業の課題とデメリット

オンライン営業の課題とデメリットとしては以下のものが考えられます。

通信環境の影響を受ける

オンライン営業の場合、Zoomなどのウェブシステムを活用するため通信環境の影響を受けます。自社の通信環境だけでなく、相手側の通信環境が悪くても問題が発生します。実際に私もオンライン営業をしている最中に、相手側の通信環境の問題で通信が切れてしまうことがありました。

もちろん別日に設定することも可能ですが、大体の場合、相手側から「通信環境が悪くて難しいですね」と言われて断られます。通信環境の場合、別日に設定しても、状況が変わらないからです。自社の通信環境だけでなく、先方の通信環境に依存するのはデメリットでしょう。

相手の反応がわかりにくい

オンライン営業の場合、画面越しで営業するため、相手の反応がわかりにくいというデメリットがあります。対面の場合であれば、相手の表情で反応がよいかどうかわかりますが、画面越しだと熱量がわかりません。そのため積極的に営業しすぎて熱量が合わずに契約に至らないこともあります。

商品を手に取ってもらえない

オンライン営業の場合、商品を手に取ってもらって確認してもらえません。そのため物販の場合は、オンライン営業が難しいというのがあります。ウェブシステムなどは画面上で共有してプレゼンできるため、オンラインでも十分営業できます。

オンライン営業が便利と言っても、販売する商品やサービスによって適しているかどうか判断する必要があるでしょう。

相手の信用を得にくい

オンライン営業の場合、画面越しの営業になるため、対面よりも熱量は伝わりません。また企業側の伝えたいことが伝わりにくい場合もあります。そのため相手側の信用を得られず、商談がうまくいかないというケースも見られます。

オンライン営業を実施するための手順

オンライン営業を実施する際には以下のような手順で行います。

1.オンライン営業のためのツールと通信環境を確認する

オンライン営業をする場合はウェブツールが必要です。ウェブツールとしてはZommやMicrosoft Teams、Google Meetを使います。オンラインでのやり取りが定着していますので、名前が知られているツールであれば問題ないでしょう。

またオンライン営業をするためには、通信環境の整備が必要です。オンライン営業をしている最中に通信が切れると問題です。高速インターネットを導入して、適切な通信環境を整えましょう。

2.商談日程の確認を行う

オンライン営業の場合、商談の日程を事前に確認する必要があります。期間が空くと延期されたり、キャンセルされることもあります。そのためリマインドをかねて確認しなければなりません。ただし頻度が多いと反対にキャンセルされる可能性があるので、3日前と1日前など最低限にしておきましょう。

3.資料と営業トークの内容を事前に確認する

資料と営業トークの内容は事前に確認して、練習しておきます。また営業先と共有しておいた方が良い資料は事前に送っておきましょう。議題を共有しておくことで、話がスムーズに進みます。

4.画面と音声の確認を行う

画面と音声の確認を行います。自宅で営業をする場合、背景に私物が映らないようにする必要があります。背景画像を変えられるので、バーチャル画像に変更しましょう。またカメラ映りも重要ですから、どのように自分がカメラに写っているのかは事前にチェックしてください。

音声に関しても確認が必要です。マイクがうまくつながらずに相手の声や自分の声が聞こえないこともあります。オンライン会議で音声トラブルが起こると印象が悪くなります。事前に確認しておきましょう。

5.説明だけにならないように相手とのやり取りを行う

オンライン営業では説明だけになるのはNGです。自社のサービスや商品を説明するだけで終わってしまうと、相手に良い印象を与えません。重要なのは相手の課題を聞き出し、自社のサービスや商品を活用すればどのように解決できるのかを話すことです。

そのためには事前に営業先の課題を聞き取っておくほうが良いでしょう。その課題を踏まえて、相手とやり取りしながらオンライン営業を進めていきましょう。

6.今後のスケジュールの確認をする

オンライン営業の最後は今後のスケジュールの確認で終わります。社内で検討する場合、どれくらいの期間を要するのか、また他に必要な資料はないかなど、相手の反応も含めて確認しておきましょう。今回は契約に至らなくても、今後、利用してもらえる可能性はあります。将来的なことも含めて、やり取りできる状況にしておきましょう。

7.商談後にメールでお礼をする

商談が終わったから、必ずメールでお礼の連絡をします。その際に先ほどのスケジュールもあらためて確認しておきましょう。またその後、社内で疑問点の出る可能性があるので、そうした疑問点についても共有してもらえるようにメールに明記してください。

オンライン営業を成功させるポイント

オンライン営業を成功させるためには、以下のポイントに注意する必要があります。

商談相手の課題を把握する

オンライン営業を成功させるためには、商談相手の課題を把握する必要があります。自社のサービスや商品の説明をしても、商談相手の課題解決に役立たないものであれば、契約してもらえません。

そのため相手の課題を把握して、その課題を解決するための手段としてサービスや商品を利用してもらうという説明の仕方が必要です。そうすることで契約に至るだけでなく、長期的にサービスや商品を利用してもらえるでしょう。

商談相手との関係を継続する

商談相手との関係は長期的に維持していく必要があります。一回のオンライン営業で終わりではなく、継続的な関係を築くことで、今後、サービスや商品を検討する際に真っ先に問い合わせしてくれます。

オンライン営業が終わった後も、定期的に状況の確認や役に立つ情報などのやり取りを行っていきましょう。メルマガなどに登録してもらい、情報発信していくことも検討してください。

必要な場合は対面営業も行う

オンライン営業は便利ですが、それだけでは解決しない場合もあります。実際に触らないとわからない商品は対面での営業も必要な場合があります。その場合、対面での営業も臨機応変に取り入れていきましょう。そうすることで成約率も格段に上がります。

オンライン営業で活用できるオススメツールは?

オンライン営業を行う際に活用できるオススメツールとしては以下のようなものがあります。すべて契約する必要はありませんが、業務効率化のためにもできる限り活用しましょう。

ウェブ会議ツール

ウェブ会議ツールはオンライン営業をするなら必須です。ウェブ会議ツールがあれば、PCからだけでなく、スマホやタブレットからでもオンライン営業が可能です。また画面を共有しての説明も可能で、資料を見せながら営業できます。

オンライン営業の様子を録画して確認もできますので、営業内容の振り返りにも使えます。ウェブ会議ツールはZommやMicrosoft Teams、Google Meetが有名です。無料アカウントの場合、制限があるので、有料化して活用した方がよいでしょう。

チャットツール

チャットツールは先方とのやり取りをスムーズに行えます。メールだと読んだかどうか、届いているかどうかがわかりませんが、チャットツールであれば閲覧した際にチェックしてもらうルールを設ければ、確認が可能です。

チャットツールとしてはSlackやチャットワークが有名です。多くの企業が導入していますので、両方導入していれば、ほとんどの企業とのやり取りに対応できるでしょう。

顧客管理ツール

顧客管理ツールはCRMと呼ばれ、既存顧客の情報を管理するツールです。過去のやり取りなど、顧客に関する情報を社内全体で共有できるため、問い合わせなど別部署で対応することになってもスムーズに対応できます。

営業支援ツール

営業支援ツールはSFAとも言われ、営業を支援するためのツールです。日報の作成や見積書の作成、タスク管理などが簡単に行えます。営業に特化したツールであるため、オンライン営業だけでなく営業活動全般の業務効率化に役立つでしょう。

電子契約サービスツール

電子契約サービスツールはオンライン上で契約が完了するため、オンライン営業で導入すると便利なツールです。紙でのやり取りがなく、契約がスムーズに行えます。無料でも利用できるものがありますが、契約締結数やセキュリティ上の不安もあるため、有料版の使用をオススメします。

まとめ

ここまでオンライン営業について解説してきました。オンライン営業は離れていても営業活動ができるため、大変便利です。オンライン営業をうまく活用することで、契約数がアップすることは間違いありません。これからオンライン営業を開始する場合は、必要なツールをそろえ、手順を踏んで開始するようにしましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!