0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

LINEのID連携がなぜ必要?メリットと連携方法

LINEのID連携

 

LINEのID連携が企業にとって非常に重要だという話はよく聞きます。しかしいったいなぜLINEのID連携が必要なのか、よくわからない担当者の方もいるではないでしょうか。

そこでこの記事では、なぜLINEのID連携が企業にとって必要なのか、メリットだけでなく連携方法についても説明します。

 

関連記事

 

LINEのID連携とは

LINEのID連携とは、自社の顧客データとLINEアカウントを紐付けることを言います。LINEのID連携を行うことで、どのLINE IDがどの顧客なのか、データで照合できるため、それぞれの顧客に合った情報提供ができます。

LINEのID連携のメリット

LINEのID連携にはメリットがあります。具体的には以下の4つのメリットです。

・セグメント配信ができる

LINEのID連携をすることで、すでに登録されている顧客データとLINE IDを照合できます。そうすることでセグメント配信が可能となるわけです。

セグメント配信とは、それぞれの顧客のニーズに合わせた情報を発信することです。

LINE IDだけでは、顧客の詳しい情報はわかりませんよね。自社のデータでは、年齢や性別、住所、職業等の情報がわかります。

そのためID連携をして各顧客をグループ分けすることで、それぞれのグループに適した情報をLINEで配信できるわけです。

こうしたセグメント配信をしない場合、どのユーザーにも同じ情報が流れてしまいます。自分に必要のない情報が頻繁に送られてきたら、ブロックされるなど、逆にマイナスの効果をもたらす可能性が高いわけです。

必要な情報を必要なユーザーに届けるのは非常に重要なことでしょう。

・カスタマーサポートがしやすい

最近ではLINEでカスタマーサポートを実施している企業もあります。LINEの場合、気軽に問い合わせができ、メールよりもやりとりが早く済むので、ユーザーにとってもメリットがあります。

ただし、LINEのID連携がされていなければ、いちいちユーザの情報を確認しなければなりません。その点、ID連携されていれば、顧客情報がすぐにわかるわけですから、カスタマサポートがしやすくなるというわけです。

電話やメールでの問い合わせを減らして、LINEでの問い合わせを増やしていけば、コスト削減や業務改善にもなるでしょう。

・ポイントカードの発行やポイント通知ができる

ポイントカードを発行する際に、友達追加だけでなく、会員情報登録して自動でID連携している企業も多いです。

企業側としてはポイントカードを発行する手間が省け、ユーザーの情報を活用してメッセージを配信できるようになります。

ユーザーの側としても、ポイントカードを気軽に活用できるというメリットがあるわけです。

またポイントカードLINEを使って発行しておけば、ポイント残高の通知もLINEを通しておこないます。

LINEであればメールと違って、リアルタイムでポイント残高を通知できるため、ユーザー側にとっても非常に便利です。

チャットボットを活用していれば、自動でポイント残高をユーザーに返信してくれるため、企業側の手間も省けます。ユーザーにとっても企業にとってもメリットが多いというわけです。

・ブロックされにくい

ここで紹介したメリットの1つであるセグメント配信に関係していますが、個々のユーザーに適した情報が配信されることで、ブロックされる可能性は低くなります。

LINEの場合、ブロックされてしまったら情報が一切届きません。そのためブロックされないような工夫が必要です。

ブロックされる理由としては、配信頻度が高いことと、自分に関係のない情報が送られてくることが考えられます。

その点、セグメント配信を行えば、それぞれのユーザーに合わせた情報が配信されるわけですから、自分に必要のない情報は届いていると感じることが少なくなるわけです。

LINEのID連携方法

LINE IDの連携方法としては、リッチメニューから行う方法とLINEログインを活用する方法があります。リッチメニューを使ったLINEのID連携は、実装するのに時間がかからず簡単です。

しかしすでに友達になっているユーザーに対してのみ、ID連携を促す形です。

またID連携をする際に、もう一度ログインする必要があるため、ユーザーとしては手間がかかってなかなかID連携しないというデメリットがあります。

そのため多くの企業はリッチメニューを使った方法ではなく、LINEログインを活用する方法を採用しています。

LINEログインを活用する方法とは、自社のウェブサイトへのログインする際に、LINEアカウントでログインできるようにする方法です。

LINEでログインすると同時に、自動で友達追加できるだけでなく、ID連携まで終了します。そのためユーザーとしても手間がかからず、簡単に行えるわけです。

またLINE上に登録されている個人情報を、ユーザー登録する際に、ユーザーの同意にもとづいて反映できます。会員情報の登録は手間がかかるため、なかなか登録完了まで至らないユーザーも多いです。

こうしたLINEのサービスを活用することで、顧客データを有効に収集・活用することもできるでしょう。

LINEのID連携とともに顧客データの改善を!

LINEのID連携のメリットと連携方法について、今まで述べてきました。LINEのID連携で効果的に情報発信するためには、自社の顧客データも充実させる必要があります。

顧客データにはそれぞれの顧客の個人情報だけでなく、どのような経路でサービスを利用するに至ったかの情報も重要です。

オンラインであれば比較的情報を得やすいですが、オフラインの場合は難しいのが現状です。

たとえば電話で問い合わせがあった場合、どのような経路で問い合わせにいたっているのか、チラシなのかWebなのかは確認しなければなりません。

しかし問い合わせをもらっているユーザーに対して、どの経路で電話をしてきているのか聞くのは難しいですよね。

そのためどのような経路で、電話での問い合わせに至ったのか、システムを導入して計測するのがオススメです。

たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!