0120-541-740 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

結婚相談所で集客できない…効果的な集客方法とポイントとは

結婚相談所の集客

 

結婚相談所を開業してもなかなか集客できない事業者も多いです。なぜなら最近ではアプリで婚活する人たちも多く、結婚相談所以外の競争相手増えてきているからです。そのためもう一度集客方法を見直し、効率的な集客を実施する必要があります。

そこでこの記事では、結婚相談所が行うべき効果的な集客方法とそのポイントについて説明します。

 

結婚相談所の集客ができない理由

結婚相談所の集客ができない理由は主に以下の3つになります。

・料金が高い

結婚相談所はアプリに比べて非常に高いという印象を持たれています。アプリであれば月に高くても1万円かかりませんし、女性は無料のサービスが多いです。一方、結婚相談所だと入会金・登録料・月会費20万円ぐらいが相場で、成婚料も含めると40万円以上になることもあります。

そのため結婚相談所に登録して婚活をするのは、ハードルが高いわけです。費用を下げるという方法も考えられますが、そのやり方だと売上が落ち、利益率は低くなります。そのため料金に見合ったサービスを提供していると、いかにアピールするかが重要です。

つまり集客の際に、サービス内容と費用の関係をしっかりと明記する必要があるわけです。その際には自社の強みも打ち出す必要があるでしょう。

・ターゲットが絞れていない

結婚相談所に登録する方はどのような方が多いのでしょうか。まず現状として婚活サービスの中でもネット系の婚活サービスが伸びています。先ほども述べたように、ライバルは他の結婚相談所だけではなく、ネット系の婚活サービスも強力な競争相手となります。

 

出典:「婚活実態調査2021」(ブライダル総研)

 

ではどのような方たちが結婚相談所に登録するのでしょうか。日本結婚相談所連盟(IBJ)の年齢別会員数を見ると、35歳~39歳がもっとも多くなっています。

 

出典:「日本結婚相談所連盟会員のデータ」(日本結婚相談所連盟)

 

つまり結婚相談所に登録される方は年齢層が高めだとわかります。結婚相談所に登録した人もアプリを利用している人は多いです。しかしアプリではうまくいかないため、結婚相談所に登録しています。

結婚相談所フィオーレが行ったアンケートによれば、アプリを利用してうまくいかない理由として、「はっきりした原因がわからない」「自分で探してもマッチングしない」「目的と違う人との出会いが多い」の割合が多くなっています。

 

 

出典:結婚相談所フィオーレのプレスリリースより

 

アプリは利用しやすい一方で、結婚を目的としていない人もいます。またそもそもマッチングしないため、出会いがないということもあります。さらにうまく行かなくでも、フィードバックはないので、結局原因は分からずじまい。

そのままアプリを続けて、婚活アプリに疲れてしまう人も多いです。そうした結婚相談所であれば、結婚相談所のコーディネーターが相手を紹介してくれるというメリットがあります。

つまりターゲットとしては年齢層高めの人で、真剣に婚活をしており、自分の好みにあった人を見つけて欲しい人になるでしょう。そうしたターゲットに訴求する集客方法を考えなければなりません。

・集客方法を検討していない

集客方法はたくさんありますが、それらの集客方法をただ行っているだけではうまくいきません。たとえばホームページを作っただけでそのままにしたり、SNSのアカウントを作っただけではダメでしょう。

「ブログを毎日投稿しています」「SNSを毎日運用しています」「リスティング広告を使っています」となっても、お客様の目に触れて、問い合わせに繋がらなければ意味がないのです。

なかなか成果が出ないので、プロに任せるという方法もありますが、プロに任せれば結果が伴うというわけでもありません。集客は、はじめるのは簡単ですが、成果を出すのは難しいわけです。

結婚相談所が行うべき効果的な集客方法とは

結婚相談所が行うべき効果的な集客方法は以下の6つです。

・ホームページやブログを活用する

ホームページや結婚相談所の内容と費用を掲載するだけでは不十分です。結婚相談所に登録する人はどのような人がコーディネーターとしてサポートしてくれるのか、実際にどれくらいの人が結婚できたのか知りたいわけです。

そのためコーディネーターの紹介を詳しく行う必要があります。その際にブログを活用できます。ブログでは婚活に関する詳しい情報や今までどのように婚活者にアドバイスしてきたのか、記載していきましょう。

また結婚できた人の口コミをホームページに掲載する必要もあります。実際に結婚相談所を利用してどのような面で役に立ったのか、成婚した人に書いてもらいましょう。

 

関連記事

・ウェブ広告に出稿する

ウェブ広告を活用している結婚相談所も多いです。中でもリスティング広告を使っています。リスティング広告はグーグル検索の上の方に広告として表示される広告です。あらかじめキーワードを設定しておいて、そのキーワードが検索されたときに表示されます。

クリックされることで広告費が発生する仕組みなので、人気のキーワードほどクリック単価が高いです。そのため単価が低く、効果が高いお宝キーワードを探す必要があります。広告運用は、なかなか大変ではあるので、難しいようであればプロに任せるのもひとつの選択肢でしょう。

 

関連記事

・SNSを運用する

SNSも重要な集客ツールのひとつですが、SNSといってもそれぞれタイプが異なります。ツイッターは文字情報がメインで、拡散力が高いです。そのためイベントの情報を宣伝するのに向いています。

Instagramは写真や画像の投稿になるので、結婚相談所の様子を投稿するのがよいでしょう。Facebookは実名制で年齢層が高いので、婚活世代にアピールしやすいSNSです。またLINE@を使う方法もあります。

メールよりもLINEの方が登録しやすく、事業者としても情報を発信しやすいというメリットがあります。ただメーリングリストよりも解約されやすいというデメリットもあるでしょう。

他にもYouTubeを利用して集客している結婚相談所もあります。YouTubeでお役立ち情報を流して、実際、婚活したい人に結婚相談所に入会してもらうパターンです。

このようにそれぞれのSNSの特徴を生かして、集客を実施しましょう。

 

関連記事

・婚活イベントを開く

婚活イベントは結婚相談所に入会するよりも安く済むため、参加しやすいというメリットがあります。そこで婚活イベントに参加してくれた人に、結婚相談所への登録も促します。婚活イベントは男女比が重要です。

せっかく参加したのに男性ばかりの婚活イベントでは結婚相談所に入会してくれる前に、結婚相談所の印象が悪くなってしまうでしょう。人数調整をうまく行って、婚活イベントを開催しましょう。

・チラシをポスティングする

チラシをポスティングする方法もあります。ただしチラシは婚活をしている独身者の手に渡らなければなりません。そのためどこに単身世帯が多いのか、事前に調査しておく必要があります。

また単身者であっても、学生のような若い世代だと結婚を意識していません。そのため社会人の単身世帯でなければなりません。そのため単にポスティングするのではなく、新聞の折込広告を利用するのもアリでしょう。

・元会員からの紹介

すでに結婚できた元会員に紹介してもらうのもひとつの方法です。紹介はかなり強力な集客ツールです。そのため結婚して終わりではなく、元会員との関係を続けていく必要があります。

結婚後もフォローすることで、元会員とのつながりも継続できますし、紹介をしてもらいやすくなります。年に数回でもよいので、元会員と連絡を取るようにしましょう。

結婚相談所の集客におけるポイントとは

結婚相談所の集客方法についてはすでに述べましたが、ここでは集客する際のポイントを2つ説明します。

・ターゲットを明確にする

集客をする際には、ターゲットを明確にする必要があります。婚活したい人では漠然としすぎています。ペルソナが大事だと言われますが、婚活している人手ももっと具体的な人物像を想定してみましょう。

たとえば「35歳、女性、渋谷区在住、大手企業勤務」となった場合、どのような結婚相手を望んでいるのかと考えると、宣伝に使う言葉も決まってきます。結婚相談所がある場所によって、どのような年齢層でどれくらいの年収の人が住んでいるのかわかるはずです。その調査結果を踏まえた集客について考えましょう。

・信頼できる結婚相談所をアピールする

結婚相談所は費用もかかるわけですから、信頼できる結婚相談所であることをアピールする必要があります。とくにブランド力が高くない場合は、とくに重要でしょう。信頼できる結婚相談所であることをアピールするためには、口コミを掲載するのもひとつの方法です。

会員の方で結婚できた方にアンケートを書いてもらい、ホームページに載せましょう。また連盟に加入する必要もあります。大きな連盟に加入しているだけで、利用者は安心するはずです。

もちろん現会員に対するサポートがもっとも重要です。結婚相談所として信頼性を高めるための努力を日々行っていきましょう。

結婚相談所の集客の見直しはデータを根拠に!!

結婚相談所の集客方法について、ここまで説明してきました。結婚相談所もさまざまな集客方法があります。そのためどの集客方法の費用対効果がよいのか、常に考えて実行する必要があります。

集客方法を見直す際にはデータが重要です。ただチラシの反応などオフラインの広告からの反応をデータ化するのは難しいのが実情でしょう。たとえば電話からの問い合わせがホームページやウェブ広告からなのか、チラシからなのかわからないという問題があるわけです。

そこで電話計測も含めてデータを一括管理して、集客を効率化する必要があります。たとえばコールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理。『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。

そのため結婚相談所の集客にも最適なツールだと言えます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-541-740 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!