0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

事業者必見!サブスクのメリットとデメリットとは

サブスクリプション

サブスクのサービスが非常に増えています。サブスクは消費者にとってメリットがありますが、事業者にとってもメリットがある仕組みです。ただし、メリットだけではありません。サブスクを導入することでデメリットもあるのです。

そこでこの記事では、サブスクを事業者が行う際のメリットとデメリット、サブスクビジネス成功のポイントについて解説します。

 

 

サブスクとは

そもそもサブスクとはどのようなサービスでしょうか。サブスクとは、サブスクリプションの略で、定額の利用料を支払うことで、一定期間サービスを受けられる仕組みです。決められた料金を払うことで、サービスをくり返し受けられるというメリットがあります。

こうしたサブスクを利用したサービスは多くなってきています。サブスクは事業者にとっても消費者にとっても便利な仕組みなのです。

サブスクと定額制との違い

サブスクは定額制のサービスにはなりますが、定額制とサブスクとは、本来意味が違います。定額制と言われるサービスの場合、事業者側がサービス内容を決めて提供する仕組みです。

一方、サブスクの場合は、利用者主体のサービス内容になっています。そのため利用者のニーズに応じて、サービス内容を変えていくことが多いです。同じように扱われるサブスクと定額制ですが、事業者が主体になっているのか、利用者が主体になっているのかの違いがあるというわけです。

事業者にとってのメリット

では、サブスクは事業者にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは事業者がサブスクビジネスを始めるメリットについて解説します。

安定的な売上が得られる

事業者にとってのメリットとしてまず挙げられるのが、安定的な売上が得られることです。買い切りのサービスの場合、毎月どれぐらい購入してくれるかの大体の見通しは立ちますが、月によって条件が違うため、売上が上下してしまいます。

天候や季節といった外的要因によって、左右されることが多いわけです。しかし、サブスクであれば、顧客数と客単価がわかるため、売り上げの金額の計算がしやすいでしょう。

初期費用を安くして新規顧客を獲得しやすい

サブスクモデルの場合、初期費用を安くすることが可能です。長期的にサービスを利用してもらえるため、買い切りよりも1回の支払いはかなり安くなります。たとえば買い切りで5万円の商品を毎月980円で利用できるとしたら、お得感がありますよね。

たとえばビジネスツールの場合、アップデートが常にされるため、最新のものを使い続けられます。買い切りだと新しい商品が販売される度に購入しなければなりませんでした。そうすると費用がかなり掛かると消費者は感じます。

こうした感覚が消費者にあるため、サブスクの方がサービスや商品を購入しやすく、新規顧客の獲得もしやすくなるわけです。

データの収集ができるためサービスの改善がしやすい

サブスクモデルの場合、長期的にサービスを利用する消費者が多いです。消費者は、あらかじめ性別や年齢、職業といった個人情報を入力します。そのため、利用履歴が溜まっていくと、どのような属性の人がサービスや商品を利用しているのか、またどのような要望があるのかなどのデータの分析がしやすくなります。

このデータをもとにサービスや商品の改善がしやすくなるわけです。事業者にとっては、これもサブスクモデルの大きなメリットでしょう。

サブスクに対するニーズが増えている

そもそも、サブスクを利用する消費者が増えています。そのため、今まで買い切りで提供されていたサービスも、サブスクで利用できるようになっています。とくに若い世代にとっては、サブスクで利用するのは当たり前になっているでしょう。

そうした中で、サブスクでサービスを提供することは、ビジネスをする上で前提となってきているところもあります。そのため、サブスクでサービスを提供するのは、事業者にとってメリットにもなるわけです。

事業者にとってのデメリット

サブスクはメリットが大きい仕組みですが、デメリットも当然あります。ここではサブスクのデメリットについて解説します。

導入のためのコストがかかる

サブスクは導入時のコストが高いというデメリットがあります。なぜコストがかかるかというと、サブスクを利用してもらうために、サービスや商品をしっかりと用意しておかなければならないためです。

徐々にサービスを追加していく形のビジネスだと、サブスクとしての魅力が低いため、新規顧客の獲得が難しくなります。またサブスクを導入する場合、システムやツールの準備も必要です。これも導入コストが上がってしまう原因になっています。

単価が安いため、利益が出るまでに時間がかかる

サブスクの場合、単価が安いため、利益が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。開始した直後は、なかなか利益が出ず、赤字が続くという覚悟が必要になってきます。

そのためサービスを魅力的にしたり、適切な料金に変更したりすることで、顧客を増やしていき、利益を出していかなければならないでしょう。

定期的にサービスや商品をアップデートしなければならない

サブスクの場合、継続して利用してもらう必要があります。そのため、利用者が途中で解約しないように、定期的にサービスや商品をアップデートしていかなければなりません。ただしサービスや商品のアップデートには費用がかかります。

その費用を投資し続けなければいけないというのが、サブスクのデメリットでもあります。利用者が飽きないようにしつつも、費用は最小限に抑えていく形が必要になってくるでしょう。

競争相手が多い

サブスクは様々なサービスで導入されており、競争相手が増えています。そうした中でサービスの中身だけで差別化しようとしても、なかなか難しいというのが実情です。そのため競争相手が増えてくると価格競争になりがちです。

価格競争になると利益が上がらず、結果としてサービスを続けられなくなります。価格帯を維持するためにも、サービスの中身を充実させていくしかないでしょう。

サブスクサービスの事例

現在、サブスクはさまざまなサービスで導入されています。ここでは、代表的なサブスクの事例として6つ紹介します。

動画

動画コンテンツのサブスクは増えてきています。1部有料でしか見られない動画もありますが、ほとんどが見放題の動画になっています。そのため、サービスの差別化としては、どのような動画が見られるのかで示すしかありません。

自分が好きな分野の動画がサブスクで見られるかどうかによって、サービスを利用するかどうかを決めている人が多いでしょう。

音楽

以前は、CDを購入して音楽を聴くのが一般的でしたが、今はサブスクで音楽を聴く時代です。最近、サブスクになると歌手に入るお金が少なくなると話題になりました。しかし、この流れは止まらず、CDを購入する人は、ごく少数に限られるようになってくるはずです。

サブスクであれば、スマホで音楽を聴けるわけですから、CDを持ち歩く必要もありません。こうした便利な状況の中で、音楽のサブスクサービスを利用する人が増えてきているわけです。

本もサブスクで見放題になるサービスがあります。たとえばアマゾンであれば見放題サービスがあり、サブスクの料金さえ払っていれば、本を購入しなくても読めるコンテンツがあるわけです。

もちろんすべての本が見られるわけではないですが、昔の本で読みたいものが無料になっていることが多く、本好きには大変便利なサービスでしょう。

オンラインサロン

オンラインで交流することが可能となり、オンラインサロンが増えています。オンラインサロンは交流ができたり、有益な情報が得られたりします。ビジネスだけでなく趣味に関するオンラインサロンもあるのです。

オンラインサロンは個人でも簡単に始められます。ただ収益を得るためにはユーザーを集める必要があり、これが難しい点です。そのためSNSなどで人気になった人が、オンラインサロンを始めることが多いでしょう。

ビジネスツール

ビジネスツールもほとんどがサブスクモデルになりました。たとえばアドビのillustratorも以前は買い切りモデルでしたが、今はサブスクモデルで提供されています。サブスクモデルの場合、常に最新のソフトウェアにアップデートされるため、非常に便利です。

他にもファイル共有サービスもサブスクで提供されており、以前のようにUSBでデータを保存している人は少なくなっています。このようにビジネスツールがサブスク化することで、多くの人が使うようになり、ビジネスの在り方も変化しているわけです。

飲食

飲食でもサブスクモデルが出てきています。毎月食材が届くサブスクや、飲食店に行き放題のサブスクなど、さまざまです。飲食店の場合、食べ放題や飲み放題のように利用し放題になるものと、会員だけのサービスが受けられるものもあります。

サブスクを提供している飲食店の種類は幅広く、居酒屋はもちろんのこと、カフェやラーメン屋のサブスクもあります。サブスクモデルは増えてきていますが、採算が取れるような値段やサービスの設計と集客が必要になるでしょう。

サブスクビジネス成功のポイント

サブスクビジネスを成功させるためには、以下の3つのアプローチが必要です。

無料期間を設ける

サブスクのサービスは気軽に利用できるようにするべきです。そのため初めてのユーザーに対しては無料期間を設けるサービスが多いです。無料期間が終了した後は自動的に有料会員になる仕組みとなっており、サービスが良いと思えばそのまま継続してくれます。

新規顧客獲得のために、気軽に利用しやすい仕組みを作るようにしましょう。

プランを増やす

サブスクではプランが複数ある方が利用しやすいです。たとえばファイル共有サービスであれば、データ容量によってプランが変わり、利用料も変わります。利用者のニーズに合ったプランを提供していくことで、利用者が増えていくわけです。

継続的な顧客へのアプローチ

サブスクの場合、継続的にサービスを利用してもらう必要があります。そのため既存顧客の不満や要望を聞いて、サービスを改善していく必要があります。積極的に既存顧客にアプローチして、顧客満足度をアップさせましょう。

また他にも友だちを紹介したらクーポンがもらえるなどの施策をすることで、既存顧客も満足しますし、新規顧客も増えます。既存顧客向けの特典も定期的に行っていきましょう。

サブスクモデルのメリットを生かして売上アップを!

サブスクはメリットが大きいビジネスモデルです。そのためそのメリットを生かしたサービスを提供する必要があります。そうすることで、売上アップにもつながるのです。そのためには継続的にサービスを利用してもらう必要があります。

継続的にサービスを利用してもらえるように、既存顧客に積極的にアプローチ。不満や要望を反映したサービスを提供していきましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!