0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

ヘルススコアとは?カスタマーサクセスに導入するメリットと導入方法について解説

ヘルススコア

ヘルススコアはカスタマーサクセスで使われる数値で、ヘルススコアを活用することで、自社サービスの利用継続が見込まれるかどうかがわかる数値です。では実際にヘルススコアはどのように活用すればよいのでしょうか。

ここではヘルススコア導入のメリットとヘルススコアの導入方法、導入のメリットについて解説します。

 

ヘルススコアとは

ヘルススコアとは、顧客が自社商材を継続して使い続けてくれるかどうかを数値化したものです。顧客の解約リスクや活用度を測る指標であり、カスタマーサクセスに不可欠なものです。

ヘルススコアを管理指標として導入することで、一人ひとりに合わせた顧客対応ができるようになります。

ヘルススコアを導入するメリット

カスタマーサクセスにヘルススコア導入する利点には以下のようなものがあります。

顧客の現在の状況がわかる

ヘルススコアは顧客の現在の状況を的確に把握する手段です。顧客の購買履歴や行動データを分析することで、その人々のニーズや優先事項を把握しやすくなります。これにより、顧客ごとに適切なアプローチを取れ、よりパーソナライズされたサービス提供が可能となります。

顧客体験をよりよいものにできる

ヘルススコアを導入するメリットとして、顧客体験の向上が挙げられます。ヘルススコアを活用することで、顧客が過去にどのような体験をしてきたかを把握し、それに基づいて改善策を提供可能です。顧客の過去の苦情や要望を考慮しつつ、より良いサービスや製品を提供することで、顧客満足度をアップできます。

顧客に対して効率的なアプローチができる

ヘルススコアを用いることで、顧客に対して効率的なアプローチを実現できます。顧客の嗜好や購買パターンを分析することで、ターゲティングをより精緻に行い、適切なタイミングで適切なコミュニケーションが可能です。これにより、顧客が関心を持ち、反応する可能性が高まります。

解約リスクを察知して対応できる

解約リスクを察知し対応する能力も向上します。ヘルススコアによって顧客の行動やフィードバックをモニタリングすることで、解約の兆候を事前に察知できます。その際、適切な対策を講じることで、顧客の維持や再獲得の機会を高めることが可能です。

ヘルススコアに使われる要素とは

ヘルススコアに使われる要素としては、大きく分けて3つになります。まず顧客の利用状況です。顧客がどれくらいサービスを利用しているか、ログイン回数やサービスの利用時間などの要素がデータとして考えられるでしょう。

次に顧客のサポートなどへの問い合わせ状況を考えます。どれくらいサポート窓口を利用しているかだけでなく、セミナーへの参加なども含まれます。最後の顧客満足度です。顧客満足度はNPS(ネットプロモータースコア)やオフ会への参加率、顧客満足度 (CAST)などが考えられるでしょう。

要素としては多くありますので、自社でとくに必要とされるものを抽出して利用するようにしましょう。

ヘルススコアの導入方法

以下に、ヘルススコアの導入方法についての要点をまとめてみましょう。

1. ヘルススコアの導入目的を定義する

ヘルススコアを導入する目的について明確にします。企業によって異なるかもしれませんが、一般的な目的は、顧客の満足度や忠誠度を定量的に評価し、改善の方向性を示すことになるでしょう。具体的な目標を設定することで、スコア導入の意義が明確になります。

2. 顧客の現在のフェーズを判断する

顧客はさまざまなフェーズを経ています。新規顧客から既存顧客、アクティブユーザー、休眠ユーザーなど、異なるセグメントに分けられます。それぞれのフェーズに合わせた評価基準を設け、顧客の特性や行動を分析することが重要です。これにより、適切なスコア算出が可能となります。

3. 測定基準をもとにスコアを算出する

ヘルススコアを算出するためには、適切な測定基準が必要です。顧客の満足度、購買頻度、問い合わせ回数など、前述した要素の中から企業にとって重要な要素を選定します。これらの要素に重みをつけてスコアを計算する方法や、スコアのスケール(例: 1から10まで)を定める方法について検討します。

4. スコアに基づいたアクションを決定する

ヘルススコアが算出されたら、その結果に基づいて適切なアクションを決定します。スコアが低い顧客には改善策や特別なオファーを提供し、満足度向上を図ることが考えられるでしょう。

逆に、高いスコアを持つ顧客には感謝の意を示すメッセージや特典を提供することで、忠誠度を高められます。アクションはスコアごとに異なるため、詳細な計画を策定することが大切です。

ヘルススコアを導入する際のポイント

ヘルススコアを導入する際には以下の点に注意して導入する必要があります。

目的を明確化する

ヘルススコアを導入する場合、その目的を明確にしておく必要があります。目的がわからないと、スコア設定ができません。そのため必要な顧客データを集められなくなるからです。何のためにヘルススコアを導入するのか、目的を明確化しましょう。

定期的に改善する

ヘルススコアは導入して終わりではありません。指標やスコアの見直しは常に必要です。そのため定期的に改善を行っていく必要があります。スコアに比べて想定したような効果が出ていない場合は、見直しを積極的に行っていきましょう。

ツールを活用する

ツールを利用することで、ヘルススコアの測定と顧客データの収集を効率的に行えます。人間の主観的な判断が入る余地も減らせます。またツールを使うことで自動化も可能となるので、業務効率化にもつながるでしょう。

まとめ

ここまでヘルススコアを導入するメリットと導入方法、導入する際のポイントについて解説してきました。ヘルススコアを導入することで、各顧客に合わせた対応ができるだけでなく、解約リスクも事前に察知できます。ヘルススコアを導入して、効率的な顧客対応をしていきましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!