0120-012-555 [受付時間] 平日10:00-19:00 通話無料
無料シミュレーション お問い合わせ/資料請求

休眠顧客を掘り起こす方法は?成功するポイントも踏まえて解説

休眠顧客

 

休眠顧客という言葉を聞いたことがあるでしょうか。休眠顧客とは一定期間取引をしていない顧客のことをいいます。この休眠顧客を掘り起こすことで、売上アップにつながるはずです。そこでこの記事では休眠顧客へのアプローチ方法と成功するポイントについて解説します。

 

 

休眠顧客とは

休眠顧客とは、一定期間以上利用していない顧客のことを指します。たとえばある飲食店にとって、今は何年も来店しておらず、以前はよく利用していたお客さんが休眠顧客となります。

休眠顧客は、ビジネスにとって貴重な資産です。なぜなら、彼らはすでにあなたのサービスや商品に興味を持っていたり、良い経験をしたりしたことがあるからです。そのため彼らを再び引き寄せられれば、新規顧客を獲得するよりも簡単で効果的な方法となります。

休眠顧客を掘り起こすメリット

休眠顧客を掘り起こすことには、いくつかのメリットがあります。

まず第一に、休眠顧客はすでにあなたのビジネスに関心を持っている顧客です。彼らは以前にあなたの商品やサービスを利用したことがあり、満足していた可能性があります。ですから、彼らを再び呼び戻すことは、新規顧客を獲得するよりも簡単な場合があります。

第二に、休眠顧客を再びアクティブな顧客に変えることは、ビジネスにとって費用対効果の高い方法です。すでに顧客としての関係が築かれているため、新たな顧客を獲得するために必要な広告やマーケティング費用を節約できます。

さらに、休眠顧客はあなたのビジネスに対する信頼感を持っている可能性が高いでしょう。彼らは以前にあなたの商品やサービスを利用したことがあり、その経験が良かったために再び戻ってきたいと思っているかもしれません。彼らに対して特別なオファーや割引を提供することで、彼らの忠誠心を高められます。

休眠顧客を掘り起こすことは、ビジネスにとって重要な戦略です。彼らを再びアクティブな顧客に変えることで、売上を増やし、ビジネスの成長を促進することができます。

休眠顧客へのアプローチ方法

休眠顧客がビジネスにとって重要なのはわかりましたが、ではどのようにアプローチすればいいのでしょうか。ここでは休眠顧客へのアプローチ方法について解説します。

メール配信

休眠顧客へのアプローチ方法として、メールを利用することは効果的です。まず、休眠顧客に対してメールを送る理由を明確にすることが重要です。たとえば新商品やサービスの案内、特別な割引やキャンペーンの情報を提供するなど、顧客にとって有益な情報を伝えられます。

次にメールの内容には具体的な例や理由を挙げることが大切です。顧客がなぜその商品やサービスを必要とするのか、どのように役立つのかを説明しましょう。また実際の顧客の声や成功事例を紹介することも効果的です。

メールの顧客に行動を促す内容を盛り込むことが重要です。たとえば「今すぐ購入する」「詳細を確認する」「お問い合わせする」などの具体的な行動を促すメッセージを送ることで、顧客の関心を引き付けられます。

休眠顧客へのアプローチ方法としてメールを利用する際は、顧客の関心やニーズに合わせたメッセージを送ることが大切です。丁寧な文章で、具体的な理由や例を交えながら、顧客にとって魅力的な情報を提供しましょう。

DM

休眠顧客へのアプローチ方法として、DM(ダイレクトメール)が効果的です。彼らに対してDMを送ることで、再び商品やサービスを利用してもらうきっかけを作れます。

DMの内容は工夫が必要です。休眠顧客に対しては、特別なオファーや限定キャンペーンを提案することで、彼らの関心を引けます。また具体的な商品やサービスの魅力を伝えるために、写真や説明文を使うと良いでしょう。

DMを送るタイミングも考慮しましょう。休眠顧客に対しては、長期間にわたって連絡を取っていなかったことを謝罪する意味も込めて、季節やイベントに合わせた特別なDMを送ることも有効です。

休眠顧客へのアプローチは、彼らのニーズや状況に合わせた工夫が必要です。DMを通じて、彼らとの関係を再構築し、再び商品やサービスを提供するチャンスをつかみましょう。

電話

休眠顧客へのアプローチ方法として、電話を活用することがあります。休眠顧客は、なんらかの理由で商品やサービスの利用を控えている可能性があります。電話を通じて直接コミュニケーションをとることで、顧客の意図や要望を確認し、問題解決につなげられるかもしれません。

次に、電話でのアプローチ方法について具体的な例を挙げましょう。たとえば休眠顧客に対して特別なキャンペーンや割引を提供することで、商品やサービスの魅力を再度アピールできます。また顧客のフィードバックや要望を聞きながら、改善点や新たなニーズに対応することも重要です。

休眠顧客への電話アプローチの結果をどうするかを考えましょう。電話でのアプローチ後、顧客の反応や意見を記録し、それに基づいて改善策を検討しなければなりません。また顧客の再利用率や売上の増加など、具体的な成果を評価することも必要です。

休眠顧客へのアプローチ方法として電話を活用することは、顧客とのコミュニケーションを深め、売上を増やすための効果的な手段です。ただし顧客のプライバシーを尊重し、適切なタイミングや方法でアプローチする必要があります。

休眠顧客掘り起こしの手順

休眠顧客の掘り起こしは以下の手順で行います。

顧客情報から休眠顧客を見つける

休眠顧客を見つけるためには、まずは顧客情報を分析することが重要です。彼らは以前に商品やサービスを利用していた可能性がありますが、最近は何も購入していないかもしれません。

顧客情報を分析する際には、顧客の購買履歴や連絡先情報などを確認しましょう。これによって、休眠顧客を見つけられるでしょう。

休眠理由を分析する

休眠顧客の理由を分析することは、彼らを再びサービスや商品の利用へ向かわせる重要なステップです。休眠顧客の理由はさまざまですが、主な理由としては次のようなものがあります。

まず競合他社の商品やサービスがより魅力的になったため、顧客が移行してしまった場合があります。たとえば他社の価格がより安くなったり、品質が向上したりした場合、顧客は移行するかもしれません。

また顧客のニーズやライフスタイルが変化したために、以前の商品やサービスが必要なくなった場合もあります。たとえば子供が成長して別の商品を必要とするようになったり、仕事の状況が変わったりした場合、顧客のニーズも変わることはあるでしょう。

さらに顧客の満足度が低下した場合も、休眠顧客の理由となり得ます。顧客が商品やサービスに満足していない場合、競合他社に移行する可能性が高くなるでしょう。

以上のような理由から、休眠顧客の理由を分析し、それに合わせたアプローチをすることが重要になります。

セグメンテーションを行う

休眠顧客のセグメンテーションは、企業にとって非常に重要な活動です。なぜ休眠顧客のセグメンテーションが重要なのでしょうか。

それは、休眠顧客に対して適切なアプローチをすることで、再び購買行動を促せるからです。休眠顧客はすでに企業に興味を持っているため、彼らに対して適切なメッセージを送ることで購買意欲を喚起できます。

休眠顧客のセグメンテーションを行うためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。まずは休眠期間を定義することです。一般的には、一定期間(たとえば6か月以上)購買活動がない場合に休眠顧客とみなされます。

次に休眠顧客の属性や行動を分析し、共通の特徴を持つグループを作成します。これにより、顧客の傾向や好みを把握し、それに合わせたアプローチができるわけです。

アプローチ方法を決定して実施する

休眠顧客に対して特別なオファーやプロモーションを行いましょう。彼らにとって魅力的な特典や割引を提供することで、再びビジネスに戻ってもらえます。たとえば特別なキャンペーンや限定商品の提供などがあります。

また休眠顧客に対して定期的なコミュニケーションを行うことも重要です。彼らに会社の最新情報や特典を定期的に伝えることで、彼らの関心を引き続けられます。メールやSNSなどのツールを活用しましょう。

休眠顧客のフィードバックを受け入れ、改善につなげることも大切です。彼らからの意見や要望に耳を傾けることで、彼らのニーズに合ったサービスや商品を提供できます。

休眠顧客を掘り起こすためには、特典を提供し、コミュニケーションをとり、フィードバックを受け入れるという一連のアプローチが必要です。これらのポイントを踏まえながら、休眠顧客の再獲得に取り組んでください。

休眠顧客の掘り起こしで成功するポイントは

休眠顧客の掘り起こしを行う場合は以下のポイントに注意する必要があります。

休眠期間が短いうちにアプローチする

休眠期間が長くなると、彼らは他の競合他社に移る可能性が高くなります。そのため、彼らがまだ興味を持っているうちに連絡をとることが重要です。

そこで休眠期間が短いうちに、彼らに対して特別なオファーや割引を提供することで、彼らの関心を引けます。

たとえば休眠顧客に対してメールや手紙で特別なプロモーションを送れます。また彼らが過去に購入した商品やサービスに関連する情報を提供することも効果的です。

さらに、休眠顧客に対してアンケートを実施することも有効です。彼らのニーズや要望を把握することで、彼らに合った商品やサービスを提供できます。

休眠顧客を掘り起こすためには、彼らの関心を引くことが重要です。彼らが忘れられていないことを示し、特別なオファーや割引を提供することで、彼らの再購入を促せます。

優先順位の高い休眠顧客からアプローチする

優先順位の高い休眠顧客にアプローチすることは、ビジネスにとって非常に重要です。優先順位の高い休眠顧客はすでにあなたの商品やサービスに興味を持っていたり、利用した経験があるため、再び購入や利用を促すことが比較的容易です。

また、競合他社よりも優れた顧客サービスや特典を提供することで、彼らの忠誠心を高められます。

優先順位の高い休眠顧客にアプローチすることは、ビジネスの成長や競争力向上につながる重要な戦略です。彼らのニーズや要望を理解し、適切なアプローチをすることで、彼らを再び顧客として獲得できます。

ツールを活用する

SFA(Sales Force Automation)やCRM(Customer Relationship Management)は、企業が休眠顧客を掘り起こすために活用されるツールです。

SFAは、営業担当者が顧客情報を管理し、営業活動を効率化するためのツールです。営業担当者は、SFAを使用して顧客の購買履歴や傾向を把握し、適切なタイミングでアプローチできます。また、SFAはタスクや予定の管理にも役立ちます。

CRMは、顧客との関係を強化するためのツールです。顧客の情報を一元管理し、顧客に合わせたマーケティングやサービス提供を行うことが可能です。たとえば顧客の誕生日や記念日に合わせた特典やキャンペーンを提供することで、顧客の関心を引き、再び購買してもらえる可能性が高まります。

SFAやCRMを活用するとで、休眠顧客を見つけ出し、再び購買してもらえます。顧客のニーズや要望を把握し、適切なアプローチを行うことが重要です。また、顧客との関係を築くためには、信頼性や信頼性のあるサービスを提供しなければなりません。

SFAやCRMは、企業の成長や競争力向上に貢献する重要なツールです。休眠顧客を見逃さず、効果的な営業活動を行うことで、企業の売上や顧客満足度を向上させられます。

まとめ

ここまで休眠顧客を掘り起こす必要性とその方法、さらには成功するポイントについて解説してきました。休眠顧客の掘り起こしは企業にとってメリットが大きいものです。SFAやCRMなどのITツールを活用しながら、休眠顧客の掘り起こしを行っていきましょう。

コールデータバンクは電話成果を含めた広告効果を100%計測し、すべての成果に至るマーケティングデータを一元管理、『広告運用改善』と『顧客管理改善』ができるツールです。コールデータバンクであれば、広告からの入電も計測できます。コールデータバンクについて詳しく知りたい方はこちらから問い合わせしてみましょう。

まずは無料で料金シミュレーション!お電話にて専門スタッフが丁寧にご案内します

    • 広告媒体
    • 番号種類
    • 月間クリック数

      ※ Display広告の料金は料金プランをご参照下さい。

    • お名前
    • 会社名
    • 電話番号
    • メールアドレス

    ご利用までの流れ

    ご利用までの流れ ご利用までの流れ

    工事不要!お申し込みから最短5営業日で開始可能!

    詳しい流れはコチラ
    0120-012-555 平日10:00-19:00

    無料シミュレーション・お問い合せ 24時間受付中!